★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

2007年07月

暗雲

どうしたのでしょう。今日はこんなに暗雲が立ち込めています。2f932637.jpg
d130a292.jpg

ガールズジャケット

このCDのジャケットのデザイン、60年代っぽくて、かわいいでしょう?

このモッズファッションで決めたお姉さんがジャケットを飾るCDは、ザ・フーのファースト・アルバム、“My Generation”の日本盤の紙ジャケによる再発です。
このアルバムはUK盤、US盤と日本盤は全くジャケットや曲順が全く違います。

中でもこの日本盤は、『ガールズジャケット』と呼ばれ、ジャケットのデザインや稀少性も相まって、中古レコード屋さんで10万円以上のプレミアがついています。
本物の発売は1967年2月です。
私も色々な中古レコード屋さんをまわりましたが、このレコードだけは実物を見たことなかったです。

本当は別のCDを探しにタワーレコードへ行ったのですが、棚にディスプレイされているこのCDを見て、迷わず購入しました。
再発CDは10万円以上しませんからね。

それにしましても、日本盤のデザインって、大抵がっかりさせられる物が多いですが、このアルバムについて別物です。
恐らく、ザ・フーが当時最先端のモッズファッションに身を包んでいて話題になっていたので、当時のテイチクの担当者はこの写真をチョイスしたのでしょう。

ガールズジャケット

最大の欠点はこのお姉さんが歌っているのように誤解される恐れがある事です。
レコード針を下ろすと、歌っているのは、マッチョな男の絶叫ボーカルが聴こえて、がっかりした方も居たでしょう。
見るとモッズファッションのお姉さんの横に小さく丸い4つの輪の中があり、そこに4人のメンバーの顔写真が各々収まっています。

今回はこのアルバムのアートワークについて説明しましたが、内容についてはまたの機会に説明しましょう。

※この記事は2014年2月11日に投稿当時の記事の内容を損なわない程度に編集しました。

Favourite Worst Nightmare

アーク・ティックモンキーズ(Arctic Monkeys)のセカンドアルバム“Favourite Worst Nightmare”をアナログで買いました。このアルバムは既にCDを持っていましたが、改めてアナログ盤を入手しました。アナログ盤を聴いてビックリ!音が太くて迫力があり、アークティック・モンキーズが、音楽によって何を伝えたかったのか、ビシビシ伝わってきます。おまけにCDでは絶対あり得ないアートワークでお得感が得られます。これまで、アークティックモンキーズは、要領の良さと賢さばかり鼻について、好きになりませんでしたが、このアナログ盤を聴いて、一発で好きになってしまいました。今度はファーストアルバムもアナログ盤を購入しようと思います。私が声を大にして言いたい事は、『アークティックモンキーズを聴くならアナログ盤で!』です。なぜならば、この適度な轟音具合がたまらないのです。CDでは再生は無理でしょう。恐らく、この夏開催されるサマーソニック'07のステージは、史上最年少のヘッドライナーとして大きな足跡を遺すでしょう。9e3f4f22.jpg
92fba637.jpg
b3abb153.jpg
cf5c3e1d.jpg

a6ed6784.jpg
d0adcd82.jpg

大きさはこんなに違うんですよ。見た目でも、やっぱりレコード盤の方が断然良いですよ。

ブライス

ワタシ、ブライス。これからお買い物に行くの。d0922fb1.jpg

泡盛

ac207a02.jpg沖縄に行った方から『おきなわ屋長期貯蔵古酒』を頂きました。昨夜はロックで飲んだのですが、今日の朝は目覚めが悪かったです(*_*)

個展案内状

個展の案内状を作りに盛岡市大通のデザインレイに行って来ました。オフィスの中には、MacのG4とG5を一台ずつあり、目を引きました。デザインレイの、うえむらさんは、とても気さくな方で、私の金沢での生活を興味深げに聞いてくれました。『金沢は憧れていたけど、行ったことがない。行ってみたい』と言うので、百万石祭のある6月と、海産物が美味しくなり始め、しかも天気が悪くなる直前の11月を薦めておきました。一度は来まっし金沢へ。うえむらさん自身も、私の後にギャラリー彩園子で展示をするとの事で、何かますます9月が楽しみになってきました。b6c6657f.jpg

渋谷

渋谷は好きで、よく行く所です。私はこの、忠犬とギャルの街にいつも魅了されます。渋谷の街を語るのに欠かせない所は、ハチ公口のスクランブル交差点でしょう。信号が青になると、大量の人がドバッと蟻のように歩き始める光景です。物珍しいのか、外国人がこの様子をカメラで撮っていることが良くあります。それだけ特殊な光景なのでしょう。私自身が信号待ちで楽しみにしているのが、QFRONTの巨大スクリーンで流しているビデオクリップです。普段MTVなどで流れていても、気にも止めないビデオクリップも、渋谷のQFRONTで流されると、街の雰囲気と相まって独特の空気感を作ります。でも、もうこんなに喧しくて人が多い所ではハチ公もご主人様を迎えに行くことは出来ないでしょう。写真はQFRONTのスターバックスから見た渋谷ハチ公口です。奥に東急百貨店東横店が見えます。d5a96249.jpg

ターンテーブル

これまで使っていたターンテーブルの調子が悪いので、買い替えることにしました。せっかく買うのだから、良い物にしようと思い、TechnicsのSL1200MK5というターンテーブルにしました。私はターンテーブルを1台購入したのですが、元来このターンテーブルはDJ用なので、ターンテーブル2台にミキサーとセットで購入するのが通常なので、電気屋さんが『何に使うんですか?』と怪訝そうに聞いてきました。自宅に戻り、アンプに接続すると、ビックリするほど音質が良く、たまげてしまいました。まさにクラブでかかるあの音なのです。恐るべしTechnics SL1200。こんなに良い音のなら、もっと早く購入していれば良かったと思います。そんなこんなで、食事を摂ることも忘れ、今日はひたすらターンテーブル回しています。05dde897.jpg

ピーターラビット君の受難

修理から戻って、ようやく調子を取り戻した、私の愛車ピーターラビット君。いつものようにガレージを開けると何かおかしいのです。『車内が明るい。何故だ、何故だ…』よく見ると、車内灯がついたままなのです。前日、荷物を取り出す時に、うっかりスイッチを触ってしまったようです。『嫌な予感がする』と思ってエンジンをかけると、“キュルキルキュル”となってしまってエンジンがかかりません。バッテリー上がりです。まあ、バッテリー上がりは、この車の場合、故障の内に入りませんからねと、変な納得しています。ba21dce3.jpg

じゃじゃ〜ん

じゃじゃ〜ん。久しぶりの顔出しです。帽子は渋谷の666で買いました。一応Made in Englandです。5d57dd53.jpg
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ