★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

2008年05月

ホテルライフ

ウェスティンホテルに泊まった後は、フォーシーズンズホテル椿山荘に泊まりました。こんな高級ホテルばかり泊まって、一体、私はどこの王侯貴族なんでしょうか?笑っちまうぜ。a3f92267.jpg
7618b92c.jpg朝食のルームサービスの様子です。むむむ、完全に経済観念は破綻してますね。
57d866c5.jpg椿山荘には、色々な美術品があります。まるで、美術館みたいです。

つぶやき

これは、大分昔に描いたデッサンです。『つぶやき』という作品のエスキースですが、仕上がった作品より、エスキースの方が良かった一例です。日本人の女性の横顔は、綺麗ですよね。白人の女性の横顔も綺麗ですけど、日本人の感覚だと、鼻が高過ぎて違和感を感じてしまいます。この、何かを考え込んで物憂げな女性は、何かを、まさにつぶやく所です。何か悲観的な内容を、つぶやきそうです。これは、私の『絵で描く詩』のコンセプトの早い頃からの例でしょう。2be715b3.jpg

また放浪

2004590f.jpg

また放浪の旅に出ました。
性懲りもなくという感じです。
恵比寿ですよ。

またまた、ビール飲みそうです。
というか、もう飲んでます。
構想中の作品は、いつ完成するのでしょうか?!
9d0c267b.jpg

写真を見たら、居場所がバレてしまうので、初めから言っておきます。

59e4e72c.jpg

ウェスティンホテル東京です。

※この記事は投稿当時の文章を損なわない程度に、2016年12月8日に修正致しました。

いい加減、目を醒ませよ

何でも創造する事は難しいです。『何かを作る』という行為は、煩悩を捨てて、挑まなければなりません。私は煩悩だらけで、さっぱり作品制作が進みません。私の場合は、二つの煩悩があり、一つは放浪癖で、もう一つはアルコールです。放浪癖は、山下清のように、放浪先で創造すれば、何とかなりそうですが、アルコールは、いただけません。アルコールを摂取して制作すると、酔っている時は『傑作だ』と思っても、醒めてから見ると駄作で、自己嫌悪に陥ってしまいます。正直、絵画制作より、ビールを飲む方が好きだから厄介です。それこそ煩悩ですね。2月と3月は、締め切りに追われて、働き者でしたが、4月と5月は、サボってばかりで、いただけません。3月は制作が大変だったから、4月は一休みしようと思ったのが、5月まで二休みしてしまいました。『いい加減、目を醒ませよ自分!』ca97b5ce.jpg

ロックばかり聴いてたら…

『ロックばかり聴いてたら、頭悪くなるよ』と言われました。そんな事言われても既に手遅れです。もう重傷です。私には、普段の生活でロックを聴かないで生活するなんて考えられません。私の頭の中には、エルビスやジョン・レノン、ジム・モリソンら、時代のカリスマ達の歌声が刻み込まれています。彼らの霊魂に取り憑かれて、もはや後戻りできません。25f4e969.jpg

街角に残っていた昭和

街のド真ん中の細い路地に、こんな昭和な雰囲気満載な看板が残っていました。まず、板壁が凄いですね。これは、絶対に昭和初期に建てられたようですね。周りはコンクリートジャングルと化しているのので、板壁自体が異質な物に見えます。看板も縦書きである所が、時代を感じさせます。読んでみますと、『この道路は駐車できません/(右側余地三.五メートル以下)/〇〇 二輪車/傷病人の救護 荷物の/積卸のため運転者が/自動車の附近にいるとき/交通安全協会盛岡支部』と書いてあります。〇〇には、うっすらと『除く』と書いてありますが、ほとんど意図的に消してあります。誰かのいたずらか、あるいはこの板壁の住宅の所有者が、救急車や宅配便が来ても止めてもらいたくないからなのか、消したのでしょう。文面もどこか古臭い感じです。なぜか、改行のセンスが微妙です。5a437045.jpg

ニーズに合わせます

420日も、途切れる事ない『★絵描きの日記』を書いていると、読者から、『写真が見たい』という群と、『文章』が読みたいという群の、2タイプ居ることに気が付きました。全て当てはまる訳ではないですが、女性に『写真』が見たいという方が多く、男性に『文章が読みたい』という方が多いようですね。だから、近頃は写真中心の日と、文章中心の日と分けて書くようになりました。でも、このブログの、もっぱらの噂は、絶対毎日更新されるという噂でしょうかね。ちなみに、『大人になれない絵描きのエッセイ』と銘打っていますが、文章は大人な感じであると自分では思います。6f9203bf.jpg
489ba297.jpg

高いな

いつも私のブログに登場するビル、マリオスから見た盛岡の市街地です。それにしても、高いなぁ。そして、思っているより高層建築が多いなぁという感じです。手前の薄いグリーンの平べったくて細長い建築物は、JR盛岡駅の新幹線ホームの屋根です。PCで見ている人は画像をクリックしましょう。画像が拡大しますよ。 DSCN0603

ラストフレンズ

テレビドラマが苦手な私が、思わず観てしまうドラマは、ラストフレンズです。こんな不幸そうな表情な長澤まさみさんや、こんな男気ある上野樹里さんは、めったにお目にかかれません。特にルカ役の上野樹里さんの役作りは、『のだめカンタービレ』の、『のだめ』から驚くべき変化を遂げています。以前から、上野樹里さんは、ファッション雑誌でモデルとして撮影される時も、表情やカメラの角度で、くるくると、まるで別人のように変わる印象がありましたが、今回は、えらい変わり様です。天然ボケの音大生『のだめ』から、性同一性障害のボーイッシュな女性『ルカ』の役柄の変化は驚愕です。ドラマは、ドメスティック・バイオレンスに悩む『ミチル』や、性同一性障害に葛藤する『ルカ』、セックス恐怖症の『タケル』など、現代的な人間模様が描かれています。若者は、親から巣立つと、住まいを変えて、自分で生活環境をコントロールできるようになります。そうなると、頼れるのは、親より友人の方が関係が濃密になります。シェアハウスという、友情が重要になる環境で、ドメスティック・バイオレンスや性同一性障害、セックス恐怖症の人間が共同生活する様は、現代だからこそ描ける人間模様だと思います。

american idiot

連日ニュースで、『円高、円高』と報道されると、物凄く白々しく感じます。経済に詳しくない私でも、ただの『ドル安』である事は明白にだからです。日本では、一般的には、対ドル相場で表記する事が、慣習である事は、分かっていますが、現在のドル安の状況では、回りくどいだけです。現在では、対ユーロ相場を強調した方が正確なような気がします。最近のアメリカは、見ていて心配な限りです。『イラク戦争という公共事業』は、あまりに高くつき過ぎました。大量破壊兵器は、一体どこにあったのでしょうか?この戦争の兵器のために、どれだけの赤字国債が発行されたのでしょうか?サブプライムローンの問題においても、経済に疎い私から見ても、ただの『不信用貸し』の結果のようにしか見えません。日本のバブル経済の崩壊で、土地神話の崩壊を、間近で見ていながら、同じ過ちを犯しているように見えます。私は経済に疎いので、『働かざる者、食うべからず』という思いが強いのですが、経済に詳しい方々は、投資に走ります。でも、原油先物取引のように、原油高になって、投資と関係のない、一般市民を巻き込む状況は、御免こうむりたいものです。ところで、クリントン前大統領は、不倫で弾劾裁判を受けましたが、ブッシュ大統領が、大量破壊兵器があると嘘を言って戦争を始めた方が、数倍も罪深いように思えるのです。なぜブッシュ大統領の弾劾裁判がないのでしょうか?ブッシュ大統領の支持基盤であるキリスト教保守派では、無意味な戦争で無意味な殺人を繰り返すより、不倫の方が罪深いと考えているのでしょうか?アメリカは、不思議な国です。c8a43612.jpg
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ