★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

2008年08月

フットワーク

今日は、『ギャラリー彩園子の現代作家50人展』の終了を待たずに、次の作品の構想スケッチを始めました。
のんびり屋さんの私としては、異例のフットワークの軽さです。
今度のは何となく、ロッキンな作品になりそうな予感がします。

35f5b1ad.jpg

ギャラリー彩園子の現代作家50人展

8月25日〜30日、『ギャラリー彩園子の現代作家50人展』の1人として出展!
場所は、盛岡市上ノ橋町1-48ギャラリー彩園子 II です。
油絵、日本画、アクリル絵の具など、全て違う画材で描いた3枚の近作を展示致します。
 
日本画の『おすましdoll』
DSCN0827

   
 








アクリル絵の具の『Hello!!』          
bb7f5413.jpg












油絵の『なまいきdoll』
893e9df3.jpg












                  

最終日

まだ8月なのに、近頃は雨ばかりです。
今年の夏は、空梅雨で、梅雨明けしてからは雨ばかりという感じです。
本当に困ったね。
ご覧の通り、空はどんよりです。
acefeb13.jpg
36643517.jpg制作が忙しくて、しばらくBlogに私が登場しませんでしたが、髪がこんなに伸びてしまいました。

今日は『ギャラリー彩園子の現代作家50人展』での、私の作品の出番の最終日です。
お近くの方は是非お立ち寄りを。

まだまだ半人前

今日は、『彩園子の現代作家50人展』の展示を、大宮政郎先生に観て頂いたところ、作品の展示の高さに、だめ出しされました。
真ん中の『Hello!!』を、もう少し低い高さで展示した方が良いとアドバイスを頂きました。
大宮先生と私で、急遽絵を外して高さを調整しました。
でも、それだけで、バランスが良くなって、観やすくなったので、ビックリです。
実は、『展示』は私にとって苦手な分野です。      
私も芸術に携わって長いですが、まだまだ半人前なのだと痛感しました。

これが、調整前の展示です。どことなく不安定です。
DSCN0822







DSCN0828
そして、これが調整後の展示です。

お稽古

最近、人間の才能は、子供の頃に定まってくるように感じています。
だから、小学生くらいから、せっせと習い事に通わせるのは、凄く理屈に合ったことなのです。
思春期に入ると、変な自我が芽生えて、人間関係が、ややこしくなっていきます。
そうなる前に、純粋な気持ちで物事に取り組む経験こそ重要なのです。

afaf6eaf.jpg

お世話になりました

この竹細工のようなものは、日本画用の筆です。     
次の作品は、日本画ではなく、アクリル絵の具の予定です。
日本画用の筆とは、しばしお別れです。
筆をよく洗って乾燥させます。
この筆の中には、10年もの間の長い付き合いの筆もあります。
1bbefa75.jpg
d8df013d.jpg
変わり種は、この三連筆です。
筆が3本くっついています。      
画面に柔らかな膨らみを与えます。

振り返りません

次の作品は11月の公募展に向けて完成させなければいけません。
手続き上、10月中に完成させなければいけません。    
休む暇はありません。
ましてや後を振り返る時間もありません。        
もう次作の構想は、多少は出来ています。
本当に忙しいです。
b76986b3.jpg

ちょっとした皮肉

展示作業も終了しました。
ほっと一息です。
でも、展示した途端に作品の欠点など、後悔の念に駆られて次のステップを考え始めます。
なぜか作品は、完成した途端に気持ちが離れてしまいます。
今回、3枚を油絵、日本画、アクリル絵の具というラインナップにした理由は、『ちょっとした皮肉』です。
世間一般の雑談で、絵をやっていると言うと、『へえー、油絵ですか?』と必ず聞かれることへの『ちょっとした皮肉』です。
ましてや、コンテンポラリーアートについて話そうものなら、『分からない』で会話が終わってしまいます。
それは、それで仕方ないことなのですがね…。
でも、この3枚の作品が、全て違う画材を用いて制作されたとは、説明されるまで気付きません。
結局、そこから浮かび上がるのは、『制作者の個性』であって、画材は、そんなに関係ないことが分かると思います。
何だか画材屋さんが喜びそうな展示方法ですね。eb089d27.jpg
タグ :
油絵
日本画
アクリル絵の具
彩園子
コンテンポラリーアート

ギャラリー彩園子の現代作家50人展

8月25日〜30日、『ギャラリー彩園子の現代作家50人展』の1人として、出展致します。場所は、盛岡市上ノ橋町1-48ギャラリー彩園子 II です。この約半年間に制作した近作を中心に展示する予定です。

f2d898a9.jpg











写真は『Dream』

アクシデントと対処法

今日は作品を完成させて、その日のうちに展示作業です。
展示作業の3時間前に画面に直径1cm程の、絵の具の剥落が起こって、慌てて修復作業です。
これは、ちょっと焦りましたね。   
アクシデントは、起こらないようにする事も大切ですが、起こってからの対処が物を言います。
気持ちを落ち着かせてから、冷静に問題を解決していきます。
作品をイーゼルから外し、平たく寝かせます。
そして、溶剤で溶いた岩絵の具を水溜まり状に剥落部分に置いておきます。
そして、ドライヤーで乾燥させます。(ドライヤーで乾燥させると、ひび割れの原因になるので、御法度ですが、非常時なのでやりました)
すると、何事もなかったかのように、元に戻りました。
こういったアクシデントは、普段から画材の特性を把握してないと一巻の終わりです。
いざという時には、やはり知識が物を言います。
cb3daccb.jpg
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ