★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

2010年04月

とりあえず

とりあえず、まだ搬入、展示作業中です。

1e1e54d3.jpg

生き地獄

12:10に盛岡市を出発して、23:10に富山市のホテルに到着しました。
なんで、こんなにかかったのかと言いますと、午前中の出発前に体力を使ったのと雨で速度規制がかかっていたからです。
また、長時間の運転で疲労困憊して飛ばせませんでした。
最後に力尽きて早めに高速を降りました。
運転している最中は生き地獄でした。
95b78801.jpg

今から出発します

今から盛岡を出発します。
安全運転で行きます。
カーナビで、富山市のホテルまで検索。ETCカードも忘れずにね。
c34a9cf9.jpg

写真はスタート地点の盛岡の駐車場から見た景色です。

出発

今日も富山国際現代美術展へ行く準備をしてます。
富山に8泊する予定なので、海外旅行並みです。
でも一応、『国際現代美術展』ですからね。
同時に今月中に終わらせなければならない雑用もこなすので、大変なものです。
出発は4月28日です。
作品搬入は29日、展示作業は30日、そして5月1日に富山国際現代美術展の初日というスケジュールになります。
8d4a521b.jpg

しばしのお別れ

100425_1454~01














富山国際現代美術展まで、あとわずかです。
ピーターラビット号(MGF)とも、しばしのお別れです。
ピーターラビット号は、乗らなければ故障する傾向があります。
故障しないか心配です。
もっとも、乗ったら乗ったで故障しますけどね。

ダンガリーシャツ

13437b7a.jpg

写真はSoup.6月号からです。
今年らしく、ダンガリーシャツを着ている、田中美保ちゃんです。
田中美保ちゃんが着ると、普段ダンガリーシャツを愛用している野郎達とは、大分違った雰囲気です。
というか、今時の女の子は、ダンガリーシャツなぞ、ほとんど着たことがなかったでしょう。
女の子にとっては、新鮮なアイテムだと思います。
メンズのアイテムを女の子が着るという現象は、モッズパーカーが本来、メンズが着る服であったはずなのに、近頃は女の子が着る服になってしまったのが始まりだと思います。
モッズパーカーやダンガリーシャツなど、主にメンズが着ていた服が、女の子にもてはやされる根底には、女の子の恋愛気質があるのだと思います。
彼のモッズパーカーやダンガリーシャツを借りて、試しに着てみたら、意外にカワイかったという、そんな一場面を思い浮かべてしまいます。

彼の服を借りたかのような、その『なんちゃって』感が、女の子のファッションにメンズのアイテムを取り入れることの良さだと思います。

特に今季のダンガリーシャツは、ジャストサイズではなく、裾や袖が長くて、ユルユルな感じになるようにデザインされています。
『彼から借りて着てみたけど、サイズがちょっと大きかったー』というような印象になるようになっています。
年頃のお嬢さんを持つお父さんが、ユルユルのダンガリーシャツを着たお嬢さんを見たら、卒倒しそうですね。

それにしても、田中美保ちゃんは、何を着てもカワイいな。

時代が変わったなぁ

盛岡










今日も富山出発が近付いているため、日常のあらゆる雑用をこなしました。
いろいろ出歩かなくてはいけないため、車であちこち移動します。

用事が終わり、何気なくテレビを観ていたら、会田誠さんと現代美術集団、Chim↑Pomのエリイさんが爽健美茶のCMに出ていました。
多分、現代美術を知らない人が観たら、彼らが何者か全然分からないと思うでしょう。
それでも、現代美術アーティストが、テレビのCMに出るなんて時代が変わったなったなぁと思います。

Chim↑Pomのエリイさんのパフォーマンスです。
最後に何が起きるか注目です。

やはり無理かなぁ?

svg







23日は用事で何ヶ所かの車で移動したのですが、車を停めようとしたら、複数の駐車場が満車でガッカリさせられました。
そのため、急ぎでない用事は諦めました。        
車の交通量も、やたら多いです。   
雨の日であったということが大きいでしょう。
金曜日という事情もあるでしょう。
そう言えば、歩道にも歩行者が多いでような気がします。

こんな状況を見ると、ひょっとしてみたら、景気は回復基調にあるのではないかと思ったりします。

経済というのは、一種の集団心理で、なぜか『景気が良いです』と言った人が叩かれ、『景気が悪いです』と言った人のほうが絶大なる支持を得ます。
それは日本が空前の好景気だったバブル経済の時でも、しかりです。
当時の『好景気です』という報道に対して否定的な声がありました。
でも、バブル絶頂期よりも、現在の方が格段に生活が苦しくなるとは、当時は誰も思ってもいなかったでしょう。
振り返ってみると、日本がバブル経済だった頃は好景気であったというのが正解です。
そんなものです。
この現象は、現状に満足できないという心理だと思います。
どんなに高給取りでも、『もっとくれ!』と言いますからね。

集団心理で、皆が『景気が悪い、悪い』と思うと、どんどん消費が冷え込んで悪循環に陥ります。
デフレの現在において言わせて頂ければ、何でも値下げすれば良いというものではなく、値下げの度を超えれば、そのうち自分の給料まで値下げされてしまいます。

景気が良い悪いとという事象においては、個人的な懐具合で感情的に述べるのではなく、国全体、世界的なマクロなレベルでのお金の流れを見ていく必要があると思います。
どんなに景気が良い状況でも、懐具合が悪い人が生じるのは、資本主義社会のシステムでは仕方のない現象だと思います。
そういった個人資産の格差を全く廃するならば、共産主義になるしかなく、ソ連の歴史的失敗をみると、やはり無理があるのかなぁと、考えてしまいます。

経済の話はあまり得意ではないのですが、私はそんな事を感じています。


バンに積み込みました

今日は、富山国際現代美術展に出品するブライスちゃんの作品3枚を、バンに積み込みました。
もう、搬入まで1週間ですからね。
afc345a3.jpg

このバンを1人で運転して富山に行くのですが、無事に着くのでしょうか?
少し不安です。
不安な一方、着々と準備は進んでいますよ。
マンションの雨漏りも収まったようですしね。

WHY

940






私は、13階建てのマンションの11階に住んでいるのですが、昨夜突然、天井から雨漏りがしてきました。
それも、ボタボボタっーと音を立ててです。
え?
なぜ?
どうして?
最初は上の階で水をぶちまけたのかと思ったら、今日になってもポタポタと落ちています。
こんな長時間雨漏りするのは、いくら何でも水をぶちまけたのではないでしょう!
何か配管の関係でしょうか?
これが毎日続くようなら、早いところ、管理会社に相談しないといけませんね。
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ