★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

2010年07月

★星のプリンセス 制作記 5 完成の日 そして解説

DSCN1986














昨日に引き続き制作し、『★星のプリンセス』を完成させました。

この作品のコンセプトは“イマドキの絵”です。
最近、一億総オタクと化して、日本人が描く絵が漫画ばかりになっています。
漫画好きな総理大臣まで登場しましたからね。
『★星のプリンセス』は、そんな世相で生まれました。
ひとつ、自信を持って言えることは、こういった漫画風の画風が分からなければ、現代の日本のコンテンポラリー・アートは分からないと思います。

今回の私の気分は、そんなちょっと漫画っぽい現代美術の潮流に乗って、自分なりの描き方で作品を制作しようという気持ちでした。
しかし、この作品は、の特筆すべきことは、漫画に見えて漫画っぽくない、非常に絵画的な描き方をしていることです。

作品の雰囲気としては、当初からスウィートかつロマンチックなイメージの作品を考えていました。
また、ちょっと昭和な感じのベタな雰囲気にもしたかったのです。

ある日ベッドに入り、枕に頭をのせた瞬間、40年以上前の歌謡曲で『星のプリンス』という曲があるのを思い出しました。
その曲名をヒントに『★星のプリンセス』というネーミングが浮かびました。

女の子はプリンセスのように見えませんか?
目が夜空の星のように見えませんか?
だから、『★星のプリンセス』なのです。

『★星のプリンセス』は今後シリーズ化して制作する予定なので、乞うご期待下さい。

★星のプリンセス 制作記 4

DSCN1965











完成までもう一息という所です。
目の感じが、大分雰囲気が出てきました。
全体的にイマドキな絵画という感じです。

搬入締め切りは、8月5日です。
こうなったら、意地でも完成させようと思います。

バタバタです

7d7683fd.jpg














今日は雑用が溜まっていて、渋滞する街中を車で走り回っていました。
駐車中の車の中から電話をかけたり、銀行に行ったり、郵便局に行ったり、バタバタです。
本当に、渋滞は何とかならないですかね?
進みたくても進めないですから…。
とりあえず、今日やろうと思っていた雑用は全てこなしたので、ほっとした所です。

夜景の下で…

DSCN1962








昨日は居酒屋に行って、隣に座っている見ず知らず方に色々話しかけましたが、ちょっと迷惑そうでした。
そりゃ仕方ない。
自分でも喋り過ぎだと思います。

ミュージシャンって素晴しい

24日は、Shibuya O-WESTでTHE WILLARDのライブに行ってきました。
THE WILLARDは中心人物であるボーカルのJUNさん、長年バンドに関わっているベースのKLANさん、ドラムの大島治彦さん、ギターの西尾智浩さんというラインナップです。
もう何度もウィラードのライブは行きましたが、どんどん本格的なロックバンドになってきている感じがします。
特に西尾さんのギターと大島さんのドラムが素晴しくて、この2人はロックというジャンルならば、世界的に通用するミュージシャンじゃないかと思いました。
ミュージシャンって素晴しいですね。
この日は矢郷良明さん、小岩君と観に行きましたが、これもまた良かったです。
特に矢郷さんとは、富山国際現代美術展以来、久しぶりだったのでバンドが登場するまで、マニアックなロックな話や政治、経済の話をして楽しいひとときでした。
名称未設定

美術手帖とNewsweek

東京から帰ってきました。
今回は、ザ・ウィラードのライヴやDDTプロレスの観戦と盛り沢山で感動が多かったです。
そして、帰りの新幹線で、美術手帖とNewsweekを完読しました。
9292a733.jpg

忠犬の街

今日もまた渋谷に行っています。
懲りないですね。
まぁとにかく、暑いです。
日中は、可能な限り外を出歩かないようにしています。
まぁ、この忠犬の街は何度行っても楽しいです。
b8a2b70e.jpg

文化人になりたいなぁ

892b5e5b.jpg

私はチャラチャラした遊び人に、よく間違われます。
昼間の街を歩くと、若者にガンつけられますし、夜中の街を歩くと酔っぱらいのおっちゃんにからまれます。
スーツを着て夜の街を歩いていたら、ホストに間違われた時もあります。
こんな真面目な人なのに、何でそんな風に見えるのかなぁと思ってしまいます。

一方で、真逆の現象が、私の身の周りで起こっています。

人と雑談していると、政治とか社会情勢とか、難しそうなことについて、『どう思いますか?』とコメントを求められます。
そうなると、『こんな茶色い長髪風情の男に聞いどうすんの?』と思ってしまいます。
でも聞かれたら、一応自分なりの考えを述べていますけどね。

そんなはざまで私は、『文化人になりたいなぁ』と思っています。
ロックやファッション、現代美術なら、いくらでも語れますよ。

★星のプリンセス 制作記 3

DSCN1961











大分出来上がってきましたね。
色ムラもほとんどなくなりました。
自分で言うのも何ですが、『激カワ』なイメージに仕上がってきました。
写真では伝わりにくいですが、実物はかなりカワイくて、まぶしい位です。

ちょっぴり色っぽい田中美保ちゃん

mini_100721_0851














SEDA 8月号に、『ボーイッシュ 美保 & ガーリー アリスの限定10アイテム着まわし』という特集がありました。
また着まわし対決ですね。
そう言えば美保ちゃん、この前のminiでもこんな企画やってましたね。

実は私はアリスさんも好きなモデルさんなので、着まわし対決の決着に迷ってしまいますが、やはり美保ちゃんに軍配が上がります。
美保ちゃんのためなら、火の中・水の中、何でも致します。
しかし、この写真の美保ちゃんの表情、ちょっぴり色っぽいですねぇ。
腕も、ほっそりしてて、やっぱりモデルさんなんだなぁと思います。

そう言えば美保ちゃん、歌も出してたんですよ。
PVでは、ロスでドライブ、サーフィン、ショッピングを堪能する美保ちゃんの姿が見れます。
いいな〜。
私も美保ちゃんとロスへ行きたいなぁ。
歌もキャッチーで覚え易いですよ。
“ぴっぴっ ぴぴっぴ〜ぴ ♪”
ほら、もう覚えました。
美保ちゃんのイメージにピッタリな歌です。

気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ