★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

2011年02月

岩絵具

友人の小岩君と約2ヶ月振りに会って語りました。
メディア・リテラシーの話が主です。

小岩君は、美術をやってないので、美術の話はせず、メディア・リテラシーや政治の話題に集中しました。

翌日、再興第95回院展を小岩君と観に行きました。
岩絵具の奥深さに感嘆しました。
とりあえず、岩絵具と膠水の技法を小岩君に説明しました。
説明を聞いて『手間がかかりますね』という感想。
また、日本画を描きたくなってきました。

9dd2dea9.jpg

記念撮影

718d4721.jpg

描きかけの作品と記念撮影です。
こんな人が制作していますよ。
でも、こんなことしてる場合じゃないかも知れません。
制作しなきゃ。

じゃじゃ〜ん 制作記 2

b5591fec.jpg

とにかく色を乗せ続けます。
目の色を変えたら、ネコちゃんが生き生きしてきました。
この、上から目線が良いですよね。

じゃじゃ〜ん 制作記 1

SN3O0575











制作は、ギリギリまでやらないけど、やってしまえば早いです。
下絵→フィクサチーフで固定→ローラーで下地作り→着色という順番で、真っ白いキャンバスが、約1時間後には写真のようになりました。
さっさとやれば良かったのに…。
制作は、まだまだこれからです。

最初の構想スケッチがこれです。
DSCN2200













次に、さらにインパクトを高めるため、顔をアップにしました。
no title

ギリギリにならないと制作しないクセ

bc21bb0d.jpg











いい加減、ギリギリにならないと制作しないクセ治しましょう。
いつもお世話になっている画材屋さん 
 http://artshopsaigado.blog111.fc2.com/ 
に、駆け込んだら、案の定バレバレでした。

基本的に私と友人の小岩君は、ギリギリになるまで行動しません。
自分でいつも、その体質を直そうと思うのですが…。
何はともあれ、制作頑張ります!

ぐで〜ん

1719b05c.jpg

ぐで〜んとしてます。
何と無防備な格好でしょうか?
角度によっては猫ではなく狸に見えなくもないです。
暖かくなってきているのですね。
春はもうすぐそこです。

Blogも読んでね

20日の夕方は、15分に1回のペースで、Twitter の『フォローを始めました』というメールが来ました。
あまりのペースの早さにびっくりしました。
自分では、大したツイートしたつもりはないのですけどね…。
本当にTwitterって、流行っていると実感します。
『フォローを始めました』というメールが来ると、フォローした方のプロフィールを読みますね。
そういう意味で、Twitter は広告媒体としては、画期的システムなのだと思います。

それにしても、そんなにフォローされる割に、Blogのアクセス伸びないなぁ〜。

014295c4.jpg

イギリスと日本の100年

イギリスの産業革命は1760年代で、日本の産業革命は1868年の明治維新以降です。
つまり、日本はイギリスと比較して約100年遅れていて、国としての成熟度も、いまだに遅れを取り戻せていないのです。
イギリスは19世紀おいて世界一の経済大国で1850年に万国博覧会が開催されました。
日本ではその119年後に万国博覧会が開催されました。
しかし、その約半世紀後、1914年に勃発した第一次世界対戦でイギリスは疲弊し、経済の中心地をアメリカに奪われました。
そしてその約100年後、日本は中国にGDPを追い越されました。
このパターンで行くと日本は今後、イギリスのようになっていくと思われます。
現在、イギリスはGDP 世界6位ですが、世界中から文化・文明・政治の規範となり、尊敬を集めています。
だから日本は今後、『アジア版のイギリス』を目指して行けば良いと思います。
同じ島国ですしね。
ついでに言うとイギリスは1942年から『ゆりかごから墓場まで』という福祉国家の政策が取られましたので、日本も高齢化社会を反映し、近い将来、福祉国家を目指すことになると思われます。

svg

明確な説明

芸術は作品や行為に対し明確な説明出来なければならないと思います。
私の作品は極彩色です。
それは、私が生まれてこの方、ずっとプラスチックのような工業製品に囲まれた生活を送ってきたからです。
ほとんど自然界の色彩を目にしてなかったからです。
3cdc55e4.jpg

おしゃれな悩み


寒さが、やわらぎ、春の息吹が感じられるようになってきました。
春物の服を買わなければ!
でも衣装ケースもハンガーラックも、ぎゅうぎゅう詰めなんですよね。
男性で、私ほどの衣装持ちは、珍しいですよ。
ハンガーラック3台ですよ。
おいおい、ショップじゃないんだし…。
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ