★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

2011年10月

おやすみなさい

今日は疲れました。
これで勘弁して下さい。
DSCN2385

ウェラー号で登場!

911e182f.jpg











今日もウェラー号(フリーランダー2)で登場!
もちろん車内では、ポール・ウェラーの歌が、鳴り響いています。
荷台には、忙しさにかまけて、芸術祭に出展した作品が、積みっぱなしです。
今日にでも荷台を片付けないと…。

と、思ったので、今日片付けました。
作品は片付けましたが、荷台は、いつでも作品を積めれるように、後部座席を倒した
ままです。
ウェラー号に、沢山の作品を搬送してもらう事が夢だからです。

これからも、私の作品を、いっぱい運んで下さいね。

草間彌生 Kusama's Body Festival in 60'sを観てきました

ワタリウム美術館で開催中の草間彌生 Kusama's Body Festival in 60'sを観てきました。
草間彌生さんの作品は、以前から好きだったので、楽しみにしていました。
その作品を観て、気に入った作品は、60'sのボディー・ペインティングのパフォーマンスの映像作品です。
サイケデリックな音楽と映像に圧巻です。
また、会場4階にあったインスタレーションも異空間で良かったです。
若き日の草間彌生さんの映像が多いですが、最近の映像も観ることが出来ます。
最近の草間彌生さんは、若き日の草間彌生さんと比べると、まるで別人のようです。
若き日とは、目付きが違います。
これも、彼女が統合失調症という精神病である影響であることが、窺わせられます。
8b0b1f03.jpg

全身コーデ

あまりない、私の全身コーデのショットです。
デザインもののライダース・ジャケット、ブラックデニム、ラバーソールです。
目は、つむっているのではなく、iPhoneの画面を見ているのです。
セルリアンタワー東急ホテルにて。
686c84c4.jpg

渋谷上空

現在、渋谷上空33階に居ます。
素晴らしい見晴らしです。

d107d902.jpg

レザージャケットとラバーソール

SN3O1057











秋になり、今年も私のトレードマークは、レザージャケットになりました。
結構、男性受けは良いのですが、女性はどう思っているのでしょうか?
今年は、ラバーソールが流行しているので、可能な限りラバーソールを履こうかと思っています。
ジョージコックスのラバーソールは11足持っているので、活用せねばなりません。

ちなみに、今日は黒のレザージャケット、ブラックデニム、黒のラバーソールと、黒ずくめの格好です。

フリーランダー2をウェラー号と名付けました。

DSCN2399








最近、フリーランダー2の話題ばかりで申し訳ないです。
でも、美術作品の搬入車ということで…。

昨日、フリーランダー2を一日中運転してみた結果、ウェラー号と名付けることにしました。
イギリスのロック・シンガー/ギタリストであるポール・ウェラーのように精悍でスタイリッシュだからです。
そして、フリーランダー2の内装の雰囲気からなのか、何よりも、運転中はポール・ウェラーの歌が似合うからです。
ポール・ウェラーは、下の写真の方です。

images










何となく、分かりませんか?
ピーターラビット号と共に、かわがってあげようと思います。

フリーランダー2が搬出作業に出動

23日は、芸術祭の搬出の日です。
作品運搬のために購入した、フリーランダー2を早速、搬出作業に活用しました。
フリーランダー2の後部座席を畳んで荷台を開けると、こんな感じです。
36ee1844.jpg











F 80号(145.5×112.0cm)までの作品を運搬することが出来ます。
“星のプリンセスの星の輝き”も、展示を無事に終えて、フリーランダー2の荷台に収まりました。
9da86e68.jpg

展示のお知らせ

第64回 岩手芸術祭 現代美術部門 
647f0788.jpg









星のプリンセスの星の輝き (100.0×80.3 cm ×2 ) 出展!

第64回 岩手芸術祭 現代美術部門 
会場:岩手県民会館
   盛岡市内丸13-1
会期:平成23年10月20日(木)〜10月23日(日)
開場時間:10時〜17時
     (最終日23日16時まで)

フリーランダー2を納車しました

ブログネタ
あなたにとって車とは? に参加中!
ついに22日、新しい搬入車、フリーランダー2が、納車となりました。

納車した後に、不慣れな車体を、じっくり運転してみました。
不慣れな車体を運転して感じたことは、事前に試乗を3回程、しておいて良かったということです。
試乗で運転して体感したために、10キロほど運転すると、車両感覚が、なんとなく掴めてきたのです。
車両感覚が掴めるということは、納車直後においては重要なことです。
納車直後に、車をどこかにぶつけては、もったいないし、危険だし、精神的なダメージが大きいですからね。

それにしても、本当に、本当に、搬入車として使用するには、贅沢過ぎるな車だなぁと思います。
ちょっと、もったいない気もします。
フリーランダー2は、私が美術のために投資した物としては、一番高額ではないかと思います。

とりあえず明日、芸術祭の搬出作業のためにフリーランダー2が、出動する予定です。

e2cb4806.jpg

気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ