★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

2012年06月

超巨大CDラックに入り切らないCD

最近は、膨大なCDの整理に明け暮れているカモヤです。
それは、以前購入して組み立てた超巨大CDラックに、CDを整理して入れ始めたからです。
超巨大CDラックの組み立てについては、こちら↓を参照して下さい。
http://blog.livedoor.jp/kamoya/archives/51336179.html

でも、この超巨大CDラックでも、CDは入り切らなかったのです。
殆ど焼け石に水状態です。
私のCDコレクションは、大手ラジオ局にあるような電動書架のようなCDラックでないと入り切らないことに気が付いたのです。
あの図書館にある、スイッチを入れて移動する本棚ですね。
電動書架って、一体どこで売っているのでしょうか?
Amazonで調べたら、なかったです。

そして、同時に進めているのが、CDを2台のMacのiTunesに落とすことです。
1台はライブ盤専門で、もう1台はスタジオ録音盤専門です。
そして、2台のiPodがあれば、アルバムや曲の選択、ライブ音源のチェックもすんなり出来ます。
私の膨大なCDコレクションの中のから、聴きたい1曲を探し出すには、これが一番早いですね。
なので今、私は膨大な数のCDを聴き直しています。
聴き直すと、自分で言うのも難ですが、意外とオシャレな音楽の趣味を持っていたんだなぁと思います。


SN3O1587

英国気取り

相変わらず、英国車に乗ってUKロックを聴く日々が続いています。
本日着ている服もBen ShermanというUKのブランドのポロシャツに、
KATHARINE HAMNETT LONDONのデニムを履いています。
私の英国かぶれは、なかなか治らないですね。
でも、今年は英国でイベント続きで、“2012年はUKの年”と言っても過言でないです。
そんな私の趣味は、今年はマッチしているのかも知れません。

SN3O1575

気持ちの良い晴れ間

28日は気持ちの良い晴れ間です。
天気が良いと、何か良いことが起こりそうな気がします。
本日も私の体調は万全です。
SN3O1574

新しい作品の制作に着手しました

いよいよ、新しい作品の制作に着手しました。
まだ皆さんにお見せ出来る状態ではありませんが…。
近頃のこのBlogは、英国車好き日記や、ロックマニア日記みたいになっていたので、やっと『絵描きの日記』にみたいになってきましたね。

3O1570

いつになく

25日の朝の定例の体重測定で、いつになく軽い体重でした。
やはり、服が好きなので、いつまでもお気に入りの服を着たいというのが本音です。
年齢と共に太りやすくなっていますが、食生活を工夫して、頑張っています。
コツは夕食を軽く摂るようにすることかな?

SN3O1566

第34回 国際HMA芸術祭

DSCN2367












プリンセスの瞳・前髪ハラリ (53.0x45.5cm )  出展!

主催 : 韓国心美会
会場 :朝鮮日報美術館
    韓国ソウル市 
会期 :2011年6月20日〜6月 25日

2012年6月25日の記事

2012年6月25日の記事、『加茂谷絶滅計画』は削除されました。
記事を読んで不快感を感じた加茂谷関係者にはお詫び申し上げます。

日本が変わらないのは…

23日は体調も万全で、気力に満ちています。

民主党が、いよいよ小沢グループの約50人が離党届に署名したとのことです。
民主党が分裂しかねない状況です。
来週は政治から目が離せないような気がします。

長い自民党政権から、民主党に政権交代しても、日本が何も変わらないのは、政権が変わっても、国民が変わらないから日本が変わらないのだと思います。

日本の国民が変わらなければならないポイントは、
1.国民全てが、可能な限り行政に頼らず、自力で生活を改善することを模索すること。具体的には公務員のお世話にならない生活をすること。
2.権利ばかり主張して義務を果たさない人を相手にしないこと。
ではないかと私は思っています。

まぁ、それはあくまで私の考えなので、それが全てではありませんですけどね。

SN3O1561

夢で良かった

昨夜は、テレビを観ながら、そのまま寝てしまいました。

そして、私は夢の中で江戸時代に来てしまいました。
なぜか奉行所のような所に居て、大勢の人が、処刑されるために並んでいました。
皆さん、ちょんまげを結っていて、お侍さんと思われる方が、順々に槍で一人ずつ腹を刺していました。
私も黄土色の着物を着ていて、ちょんまげ姿でした。
どことなく、町人風で、年齢も今の私よりも年配のようです。
私の前に何人もの処刑される人が、列をなして並んでいました。
あろうことか、私もその列に並んでいるのです。

やがて、ついに私の番が来て、腹を刺されてしまいました。
なぜか痛みは感じません。

その時偶然、テレビから流れた『本日の放送を終了致します』というナレーションで目が醒めました。
なぜそのような夢を見たのか、なぜ処刑されなければならなかったのか、分かりませんが…。

でも、夢で良かったです。

SN3O1557

新しいことにチャレンジしていく精神

Sonik Kicks








ポール・ウェラー(Paul Weller)の新しいアルバム、“Sonik Kicks”を遅ればせながら、聴きました。
そしたら、その内容が意外にも良くて驚いています。
今作の特徴ですが、'70年代ドイツのロックのスタイルである、クラウト・ロックの手法を大胆に取り入れている所です。
これまでのポールのキャリアからすると、クラウト・ロック的なアプローチをするなんて考えもしなかったからです。
今年で54歳になるポール・ウェラーですが、新しいことにチャレンジしていく、その精神に脱帽します。
因みに、3月26日にはUKのアルバムチャートで1位になったそうです。
納得!

Sonik Kicks
Sonik Kicks
クチコミを見る
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ