★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

2015年08月

似合うものと似合わないもの

Jaguar XK

20日は、少しだけですがJaguar XKの運転を楽しみました。
やはり、エンジン音の心地よさは随一です。
この日も日中は気温が上がりましたが、エアコンで、ものの数秒で車内は冷えました。

走っていて感じたことは、郊外の道路より街中の道路の方がJaguar XKは似合うと感じました。
この日はiPodを持たずに乗車しましたが、ラジオから流れていたJ-POPは、ズッコケるほど似合いませんでした。
やはり、UKロックが、一番似合いますね。

法律を守れない候補者に、市政は任せられない

kesiki

19日は盛岡市長選挙の期日前投票に行って来ました。

誰に投票したとは書きませんが、駐車禁止の選挙事務所の前で、長時間に渡り路上駐車し、自動車の走行を妨害していた候補者には投票しませんでした。
それは、支援者の車であったとしてもです。
周辺に駐車場は沢山ありますからね。
にもかかわらず、道路交通法という法律を守れない候補者に、市政は任せられません。
法律を守れない候補者は、市政を論じる問題以前だと思います。

中核市の市長ともなれば、通常の市長より事務権限が重くなるものです。
有権者は、候補者の一挙一動をシビアに観察して投票しなければなりません。
組織票に乗じることなど、言語道断です。
警察は選挙期間中、選挙違反だけでなく、駐車禁止の選挙事務所の前で路上駐車している車を、バンバン取り締まるべきだと思います。

政治家は、『落選したら、ただの人』であるということを、肝に銘じて置いて欲しいものです。
それは、国政であっても地方自治であってもです。
選挙の時だけ頭を下げて、あとは権力にしがみつけば良いという訳ではありません。

インパクトが強過ぎ?

kesiki

相変わらず、早起きの私です。
ちなみに、夜更かしは苦手です。
人には得手不得手がありますので仕方ないですね。

服をコーディネートすると、地味なアイテムを組み合わせていても、結果的に目立つ格好になってしまいます。
これも、私の得手かも知れません。
でも地方都市では、ちょっとインパクトが強過ぎかも知れませんね。

安全運転で!

Jaguar XK

17日はJaguar XKの運転を楽しみました。
通常は、こういった車に乗りますと飛ばしまくるイメージがありますが、私は交通法規を厳守した安全運転で運転しています。

安全運転で運転しても、Jaguar XKのようなモンスターマシンの運転は楽しいものでです。
カーステレオの音量は極力小さくして、エンジンのサウンドを楽しみます。
そしてカーブではパドル・シフトを下げて、エンジンブレーキを曲がると安定性と同時にエンジン音も同時に楽しめます。
そして、信号が青に変わった時の加速も素晴らしいです。

何もスピードを出す事だけが、スポーツカーの楽しみではありません。
私が無茶な運転をしないのは、車を非常に大切に扱っているからです。

最近の私は…

セルフポートレート

本当に、今年の夏は酷暑です。
16日も車の外気温計で、36℃でした。
もうお盆も終わりそうなのにです。

最近の私は、上の写真のような姿で過ごしています。
洗いざらしのフレッドペリーのポロシャツにパナマ帽です。
撮影の前に、丸まった襟を直していたら良かったかと、ちょっと後悔しています。
この服装は、ただオシャレを考えている訳でなく、かなり実用性を考えています。

まず、酷暑なのでTシャツでは首元の風通しが悪いので、ポロシャツを着ています。
私は部屋着を持っていないので、自宅の部屋の中でもフレッドペリーのポロシャツを着ています。
今年の酷暑は、エアコンも暑さに負けかけていたので、部屋の中でもポロシャツで、ちょうど良い感じです。
そしてフレッドペリーは、ポロシャツを得意とするブランドだけあって、その耐久性に関心させられます。

外出する際は写真のパナマ帽を被ります。
これも、オシャレを考えている訳ではなく、実用性を重んじて被っています。
今年の酷暑の中で、ハットを被らずに外出し、頭頂部が日差しで暑くなり、視線も眩しく感じられたからです。
実際、外出した後にパナマ帽の"山"の部分を触ると、凄く熱くなっていて、この熱が頭に降り注いでいたかと思うと恐ろしくなります。
ハットを被ると、日差しの眩しさも緩和されます。

そして足元は昨日のBlogに書いたDr.マーチン3ホールです。

Dr.マーチン

あらゆる実用性を考えた結果、このスタイルになりました。
ちょと、いつもの夏の私の装いとは違います。

私なりに実用性を考えた、この服装が目立つらしくて、コンビニに入るとジロジロ見られます。
別に目立つためではなく、酷暑の夏を考えた結果、この服装なっただけなのですけどね。
そんなに目立つ服装なのでしょうか?

Dr.マーチン1461が大活躍!

Dr.マーチン

今年の夏は酷暑です。
酷暑の場合、Tシャツよりも首元が開いたポロシャツの方が涼しく過ごせます。
最近の私のファッションは、パナマ帽にフレッドペリーのポロシャツにスキニーデニム、そして足元はDr.マーチン1461です。

パナマ帽は、酷暑の状況になってから、外出の際には必ず被っています。
部屋に戻ってから触ると、凄く熱くなっているので直射日光の恐ろしさを感じます。

Dr.マーチンというとブーツを連想しますが、Dr.マーチン1461は3ホールで短い靴なので、真夏でも涼しいです。
Dr.マーチン1461は、購入してから10ヶ月ほどですが、皮も柔らかくなり足に馴染んで来ています。
3ホールの短い靴なので、外出先から戻って靴を着脱する時に楽なので気に入っています。

毎日更新するブログ

Blog

近頃は久し振りに、お会いする方に『ブログまだやってたんですか!』と驚かれます。

確かに、このブログを始めて8年以上経ちますからね。
驚くはずです。
しかも毎日更新していますし…。
私自身も、『あの日に何があったのか?』と自分で調べてみたりします。

でも、長年ブログを毎日更新していますと、さすがに様々なことが検索でヒットして読んで頂けます。
特に検索で読んで頂けるの記事は、音楽系とファッション系です。

フレンチカンカンの理屈

 ロートレック・「ムーラン・ルージュ」

14日はYouTubeでフレンチカンカンの動画を観ました。
たまたま、Facebookで、ロートレックの"ムーラン・ルージュ"を見かけたからです。
動画を観ていて本当に楽しく感じました。
ワインを飲みながらショーを生で観たら、本当に盛り上がりそうです。

動画で観ていて気付いたのは、フレンチカンカンのダンサーは女性が大部分ですが、男性のダンサーも地味ながら居ることです。
でも、観ている者が男性であっても女性であっても、ショーの華は、ロングスカートを振り振り踊る女性ダンサーだと感じるでしょう。
男性ダンサーは、あくまでも女性ダンサーの引き立て役や、アクセントみたいな存在です。

フレンチカンカンのダンサーに関しては、これは女性じゃないと華やかになりません。
かと言って、男性ダンサー達が全員女装してロングスカートを振り振り踊ったら、客から物を投げられて『引っ込め!』と言われるに決まっています。
フレンチカンカンのダンサーの主役は、女性にしかなれないのです。

人間、男性は男性の役割、女性は女性の役割があるのだとフレンチカンカンの動画を観て感じました。
同じような理屈は、シンクロナイズドスイミングにも当てはまります。
近頃は男子のシンクロナイズドスイミングのチームもありますが、やはり女性が大部分です。
脚の線が綺麗だからシンクロナイズドスイミングは美しく見えますが、男性の脚に関しては…。

それにしても、ロートレックの"ムーラン・ルージュ"は19世紀末の歓楽を描いているのに、それが現代にも通用し、リアルにその楽しさが伝わって来ます。
音楽や歓声が聴こえて来そうです。


ゲリラ豪雨危機一髪

keiki

12日は、マンションでゆっくりしていました。
でも、部屋の中ばかり居るのもウンザリなので、昼前に外出しました。
外に出て、コンビニで買い物をして、もう少し歩いてみようかなと思いましたが、『何となく』マンションに戻りたくなりました。
外出からマンション戻った5分後に、突如ゲリラ豪雨が発生!

窓の外を見ると、慌てて雨の中を走る人や、豪雨の中で自転車を漕ぐ方が見えました。
ちなみに、その日の天気予報は夕方から雨が降るという予報であったので、傘なしで外出した方も多かったようです。

私も、もう少し歩き回っていたらゲリラ豪雨に見舞われていたことでしょう!
この、『何となく』は動物的な勘なのでしょうか?

夏バテ解消!

kesiki

11日は、朝5時ジャストに起きました。
近頃、夏バテ気味でしたが、この日の体調は絶好調です。

街中を車で走っていましたら、いつもより車の走行台数が少ないかったです。
皆さん早くも、お盆休みのモードなのでしょう。
上の写真は、朝の5時台なので、元から車の走行台数は少ないですが…。

気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ