★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

2018年10月

日に3回も自転車に轢かれそうになった男

kesiki

31日は、歩いていたら、1日に3回も自転車に轢かれそうになった日でした。
しかも、それは全て歩道を歩いていた時です。

自転車は軽車両に該当し、道路交通法17条では、「車道を通行しなければならない」とされています。
しかし、第63条では「自転車が歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき」は歩道を走行して良いとされています。

しかし、本日の3回の状況は、私が道路の状況を見る限り、「自転車が歩道を通行することがやむを得ないと認められるとき」ではなかったです。

自転車は、免許証や減点の制度がないので、困ったものです。
自転車運転者講習の制度もありますが…。

"自画自賛”にならないように…

Vigorous Cat

たまに気になることは、自分自身の作品の評価です。
作品の評価は、自分が決めることではなく、誰かが判断することです。

私、個人としましては、"自画自賛”にならないように細心の注意を、払っています。
専門的な知識がある方の、アドバイスには耳を傾けています。

ハロウィンじゃないよ

Liberty

いつも、つば広ハットを被っている私。
なぜか、街中を歩いていますと、驚かれます。

しかし、ハロウィンが近付きますと、私が被っているハットに似たハットを被る方々が出現します。
一応、私がハットを被っていても、ハロウィンではありませんので…。

自分が好きな服を着て、好きな音楽を聴く

kesiki

28日は、ゆっくり過ごしました。
そして、様々なことに思いを巡らせていました。

自分が好きな服を着て、好きな音楽を聴く。
まさに、至福の時間です。

マイルズ・ケインの新しさ

Coup De Grace

先日は、ほぼ終日、マイルズ・ケインを聴いて過ごしました。
公式にリリースされている、全音源を聴きました。

マイルズ・ケインを聴いていて感じましたのは、その活動スタイルの現代性と音楽性の斬新さです。
2010年代はバンドよりも、SSWが注目された時代であるのは、否定出来ない事実です。

基本はバンドが重視されるロックというジャンルにおいても、SSWのスタイルで活動する意義が高い時代だと思います。

マイルズは、2010年11月19日に最初のシングル、"Inhaler"をリリースし、2011年5月6日にファースト・アルバム"Colour of the Trap"をリリースしています。
SSWのスタイルで活動時期するには、絶好のタイミングです。

また、マイルズは歌いつつも、リード・ギタリストとしてエレクトリック・ギターをギャンギャンと鳴らすスタイルで活動しています。
しかしながら、テレビやラジオ、イベントのようなバンドが入れない空間でも、請われれば、アコースティックギター1本で弾き語りします。
それが、下の動画です。


また、初めからダウンロードやストリーミングのような曲をバラ売りする時代であることを前提にレコーディングやソングライティングで、大物ミュージシャンと共演しています。
そうすれば、共演したミュージシャンのコアなファンが、曲単位で購入して行くことになります。

これまで共作したミュージシャンは、ポール・ウェラー、アンディ・パートリッジ、マーク・ロンソン、ノエル・ギャラガー、アレックス・ターナー、ジェイミーTなどです。

他力本願的なスタンスでに見えますが、それには大物ミュージシャン達から、その実力を認められなければ実現しない話です。
マイルズは、共演・共作する価値のあるミュージシャンであると、大物から認められた証でもあると思います。

そして、誰と共演しても、どこか聴いていて上品かつロマンチックに感じる音楽性は、一貫しています。

また、モッズ・ファッションのブランドとして有名なフレッドペリーとのコラボレーションも、オシャレなミュージシャンとしてのイメージを強調しています。
現時点で、2シーズンもコラボレーションしていますので、フレッドペリー側も、まんざらではなかったのでしょう。

その活動を通して感じますのは、マイルズの人徳です。
人柄が良くないと、名高いミュージシャンからアパレル・ブランドまで、喜んで引き受けませんでしょうからね。

Coup De Grace
Miles Kane
Virgin
2018-08-10


今日もパリッとさせて、外出です

Liberty

26日は、朝5:46に起床しました。
未明の3:36にスマートフォン2台が、緊急地震速報を鳴らし、震度3の地震が発生しましたが、地震が収まってから、またぐっすり眠りました。

私の朝のスケジュールは、ルーティーンで決まっていますが、その1つが、Libertyプリントのシャツのアイロンがけです。
慣れますと、結構手早くなって行きます。

今日もパリッとさせて、外出です。

ヒマ人

iPhone6S

iPhoneやiPadに標準装備されているSiriです。
何か話しかけて、検索してくれたり答えてくれたりして、便利です。

しかし、私にとってSiriは、ツールではなく、ヒマ潰しの道具です。
例えば、『歌って下さい』とSiriに話しかけて、無茶振りします。

そこで試しに、Siriに『Hey! Google!』と話しかけてみました。
Siriの解答は、以下の通りです。

えっと、もしかして冗談ですか?
偶然ですね、私も最近冗談を練習しているんですよ!

という内容でした。
私はヒマ人です。

通算7足目の、ジョージコックス3588ブラックを買い替えました!

Georgecox

通算7足目の、Georgecox 3588ブラックを買い替えました。
これまで、6足履き潰した計算になります。
その平均寿命は、約3年です。

前回購入したのは、昨年の7月なので、1年と3ヶ月で履き潰したことになります。
私の長い、Georgecox 歴の中でも、6足目は最も短命になりました。
6足目の寿命が短かったのは、ここ1年、Georgecox 3588ブラックを履く頻度が多かったことです。

あともう1つの理由は、この夏の異常な猛暑がソールの劣化を進めました。
今年の初夏から真夏のにかけての、異状な高温で、毎日アスファルトを歩いてラバーが柔らかくなり、家に戻っては冷えたりを繰り返していました。
8月末頃には、ソールのゴムがコチコチに固くなってしまいました。

Georgecox の本来の履き心地は、フワフワとした柔らかいものですが、固くなっては酷いもので、腰にまで歩いた振動が伝わるほどでした。

今年の猛暑は、ソールを痛めただけでなく、中敷や靴の内部も、酷い汗染みが付いてしまいました。
ソールの張り替えも検討しましたが、靴の中を覗きますと、衛生上に良くないと判断致しまして、買い替えました。

買い替えて気付いたことは、箱の色が、変わっていたことです。
以前は青と赤の2色でしたが、現在は箱の茶色い地の色に変わっていました。

7足目は、長持ちすることを祈ります。

今日は…

Aki

今日は疲れました。
これで勘弁して下さい。

野獣のようなエンジン音を唸らせます

Jaguar XK

朝日に輝くJaguar XKです。

朝から、野獣のようなエンジン音を唸らせます。
そのサウンドは、まるでロック・バンドのライブのようです。

素晴らしいサウンドです!
この日は、4000回転ほどエンジンを回しましたよ。
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ