★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

2018年11月

また、マイルズ・ケインのヴァイナルを入手しました

Freakbeat Phantom

マイルズ・ケインに関しては、もはやコレクターの域に達している私です。
音源に関しましては、CD、ダウンロード、ストリーミングを全て揃えています。
MVも、全てダウンロードしています。

そして、フレッドペリーとのコラボの服も、全てではないですが、いくつか購入しています。
あとは、ヴァイナルを購入すれば完璧です!

そんな中で、マイルズが約10年前にフロントマンとして活躍していたバンド、The Rascalsの"Freakbeat Phantom"のヴァイナルを入手しました。

Vinyl

このヴァイナルは、ebayでイギリスから送ってもらいましたが、その梱包が格好良かったです。
イギリスからヴァイナルを送って頂いたことは、多々ありますが、ここまで格好良かったものはありません。

しかしながら、梱包剤は梱包剤なので、心を鬼にして、梱包剤は捨てました。

実際の曲は、このMVで聴くことが出来ます。
マイルズの歌声とルックスは、若いですが、個性的なギター・サウンドは、現在と変わりません。


夜景も美しく感じます

kesiki

29日は、穏やかに過ごしました。
やはり、ゆとりがある日は、ほっとします。

今夜も、フルボディのワインを飲みながら、くつろいでいます。
そんな日は、夜景も美しく感じます。

ジョン・リー・フッカーは、私のお気に入りです

House of the Blues

28日は、ちょっと疲れ気味です。

火曜日は、様々と予定を詰め込み過ぎている反動でしょう。
そんな日は、ブルースを聴きながらワインを味わいますと、心が落ち着きます。

ワインに合う音楽は、ジャズが定番ですが、私はブルースが好きです。

特に、ジョン・リー・フッカーは、私のお気に入りです。

ハウス・オブ・ザ・ブルース+2
ジョン・リー・フッカー
ユニバーサル インターナショナル
2004-08-25

これ程、欠点がないアルバムも珍しいと思います

Who's Next

27日は、The Whoの"Who's Next"を聴いて癒されました。

この時期のThe Whoは、ライブにおける演奏技術と、ソングライターのピート・タウンゼントのソングライティングの才能もピークに達した時のアルバムです。

"Who's Next"も、私があれこれ言わなくとも、名盤の金字塔を打ち立てたアルバムです。
これ程、欠点がないアルバムも珍しいと思います。
曲やバンドの演奏、そしてプロデュースもパーフェクトです。

"Who's Next"は、当初は、ロック・オペラとして、一種のコンセプト・アルバムとしてレコーディングされましたが、その計画が頓挫し、ベストなトラックを集めた逸話は、有名です。

しかし、そのコンセプト・アルバムの性格をなくしたお陰で、現代のストリーミングの時代になって曲がシャッフルされるようになりましても、その輝きは失われてないように思います。

フーズ・ネクスト
ザ・フー
ユニバーサル ミュージック
2014-11-26

あっちゃんね、今、困っているの!

Cat

アタシ、あっちゃんです。
病院に行きましたけど、元気になりました!

あっちゃんね、今、困っているの!
パパラッチが、パシャパシャ写真を撮って…。

あっちゃんは、アイドルを目指しているけど、週間文春は、やめて欲しいわ。

第 42回 公募日創展&新院展選抜金沢展

Vigorous Cat

"Vigorous Cat" (90.9 x 72.7cm)

第 42回 公募日創展&新院展選抜金沢展
会期: 2018年11月23日(金)〜11月25日(日)
会場; 石川県立美術館
   金沢市出羽町2-1

5000回転で野獣の唸り声!

Jaguar XK

24日は、峠道から高速道路まで、距離にして150kmほど、Jaguar XKを走らせました。
私のいつもの乗り方なのですが、パドルシフトのギアをあまり上げずに、エンジンを回し気味に運転します。
エコでない乗り方ですが、Jaguar XKのようなモンスター・マシンでも、リッター7で済んでいるので、上出来だと思います。

この日は、4000回転から5000回転までエンジンを回しました。
"ガルルル"という獣のような唸り声が、気持ち良かったです。

ノーマルタイヤで高速道路の走行をするのは、シーズンが終わりそうです。
高速道路のサービスエリアで記念撮影です。

美味しい蕎麦を味わっても、数百円で満足することに感謝です!

蕎麦屋

蕎麦好きの私。
寒くなり、かけ蕎麦を、落語家の如く、すすって食べる夢が叶いました。

普段は、盛り蕎麦を食すことが多い私です。
かけ蕎麦は、蕎麦が出汁に入っていますが、こだわりますと奥が深いです。

基本は麺が良くないといけないです。
そして、出汁も各店において違います。
因みに、出汁は、塩っぱくない方が、私の好みです。

でも、どんなにこだわりましても、千円札でお釣りが出るのが、蕎麦の魅力です。
こんなに、美味しい蕎麦を味わっても、数百円で満足することに感謝です!

"美味しさ"に値段は関係ないと痛感致しました。

スタッドレスタイヤの慣らし走行をしました

Discovery Sport

21日は、Discovery Sportのスタッドレスタイヤを新品に換えました。
なぜ新品にしたかと言いますと、以前所有していましたFreelander 2のスタッドレスタイヤとホイールを流用しているからです。

Freelander 2

スタッドレスタイヤもホイールも、この写真の当時のものを流用して装着していたのです!
3シーズン履きまして、昨シーズンは、2回ほどヒヤッとしましたので、買い替えました。

これまで、スタッドレスタイヤはブリジストン派だった私。
お世話になっているジャガー・ランドローバーのディラーでは、コンチネンタルかヨコハマなら、割り引いてくれるという話でした。
聞いてみますと、ヨコハマの方が、氷の路面には効きが良いという話です。

寒い日には、氷点下10℃以下になる北の中核市に住む私としましては、雪よりもコチコチに凍った氷の路面への対策が必須です。
迷わずヨコハマタイヤのスタッドレスを選びました。

スタッドレスタイヤの効きを良くするには、慣らし運転が必須です。
ヨコハマタイヤのホームページでは、『慣らし走行は100km走行』と書いてありましたので、23日は慣らし運転をしました。

手早く済ましますには、高速道路で50km走りまして、戻ってくれば100kmになります。
高速道路で50kmの往復、計100kmの走行は、1時間ほどで完了致しました。

しかし、ホームページを、よく見ますと、『80km/h以下の速度で、最低100km以上』だったので、高速道路は、マズかったかなぁと…。

でも、今の時期ならば、普段の走行で慣らし走行は完了しそうです。

落語家が扇子で蕎麦をすする芸が素晴らしいことを実感しました

蕎麦屋

急に寒くなりましたので、かけ蕎麦を食べたくなりました。
でも、夕食は炭水化物を控えているので、我慢します。

でも、食べたい誘惑に駆られてしまいます。
古典落語の『時蕎麦』みたいに、ズルル〜っと行きたいですね。

それを考えますと、落語家が扇子で蕎麦をすする芸が素晴らしいことを実感しました。

今夜は、誘惑をに駆られないように、早めに寝ようと思います。
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ