★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

2018年12月

加茂谷正俊 2018年の展示活動を総括!

2018年は、計3回の展示がありました。
そして、2018年は、連作“Vigorous Cat (シャキーンとし猫)”の猛勢振りが目立った1年でもありました。

【展示その1】

Vigorous Cat

“Vigorous Cat (シャキーンとした猫)” 1000x803(mm),909 x 727(mm)

第8回 2018 ART / X / TOYAMA 富山国際現代美術展
会場 :新川文化ホール
会期 :平成30年4月28日(土)〜5月6日(日)

【展示その2】
Vigorous  cat

"Vigorous Cat" (909 x 727mm)  

Vigorous Cat

"Vigorous Cat"(1000x803mm)

第50回 国際公募 新院展 (一般社団法人 新日本美術院)
会期 :平成30年8月23日(木)〜8月30日(木)
会場 :東京都美術館

【展示その3】

Vigorous  cat

"Vigorous Cat" (90.9 x 72.7cm)

第 42回 公募日創展&新院展選抜金沢展
会期: 2018年11月23日(金)〜11月25日(日)
会場; 石川県立美術館

2018年に聴いて良かったロック・アルバム2枚

Egypt Station

2018年は、2017年がヒップホップとR&Bの流行で一色で染まったためか、徐々にロック勢の逆襲が始まって来と実感しています。
そんな1年で、私が気に入ったアルバムを2枚紹介致します。

まずは、上のジャケットのポール・マッカートニー、"Egypt Station"です。
それも、その筈で、私が好きなプロデューサーのグレッグ・カースティンと組んだアルバムだからです。

ポールは、共作するプロデューサーやミュージシャンによって、その作風が変わりますが、"Egypt Station"は、まさにグレッグ・カースティンとの化学反応によって、素晴らしいアルバムに仕上がったと思います。

歌声や曲調そして楽器の音は、ポール・マッカートニーのサウンドであるのですが、間違いなく2018年のサウンドで、グレッグ・カースティンのサウンドでもあるのです。
そして、ストリーミングやダウンロードの時代であるのにも拘らず、あえてコンセプト・アルバム調にする挑戦は、賞賛に値すると思います。

Egypt Station
Paul Mccartney
Capitol
2018-09-06



そして、もう1枚は、下のジャケットに示すミューズの"SIMULATION THEORY"です。

SIMULATION THEORY

ミューズは、ベースとドラムのリズム隊が、しっかりとしたプレイヤー達で、ライブにおいて、その実力が発揮されるバンドです。
私もミューズの素晴らしいライブを、3回も聴きました。

そんなミューズのレコーディング作品は、ライブに比して物足りない感じがする時があるのですが、"SIMULATION THEORY"は、あまりそのようなストレスは感じさせないアルバムでした。
まずは、非常に聴きやすいアルバムという感想です。
そして、シーケンサーを多用したサウンド作りのためか、凄くポップに聴こえるのです。
ソングライターのマシュー・ベラミーの、曲が素直に入って来る感じがします。

シーケンサーの音を前面に出したサウンド作りは、現代におけるギター・ロックというジャンルの立ち位置を逆手に取った作戦のようにも感じられます。

"SIMULATION THEORY"の唯一な残念な点は、ジャケットのアート・ワークが、私の好みでない所でしょうか?

SIMULATION THEORY [DELUXE]
MUSE
Warner Music
2018-11-09

全てにおいて、満タンです

Discovery Sport

Discovery Sportは、ディーラーで、バッテリーの充電をフルにして頂きました。
しかしながら、29日は更に峠道を50kmほど走って充電させました。

さすがに、バッテリーに関しては、大丈夫でしょう。
ガソリンも満タンにしました。

全てにおいて、満タンです。
これで、年末年始も大丈夫そうです。

今回はアゲハ蝶の柄です!

Liberty

オーダーメイドの新しい、Libertyプリントのシャツが届きました。
Libertyプリントのシャツは、毎日着回しているので、何枚も持っていても大丈夫です。

もはや、朝のアイロンがけが、毎日の日課となっています。

今回はアゲハ蝶の柄です!
とてもオシャレで気に入っています。

代車はレンジローバー・ヴェラール!

Velar

Jaguar XKが、冬場にバッテリー切れをしないように乗りまくっていましたら、まさかのDiscovery Sportのバッテリー切れになってハプニングです。
毎日のように氷点下の気温が続きましたら、仕方ありません。

ジャンプスターターでエンジンをかけて、ディーラーに持って行きまして、充電です。
これまで、Discovery Sportのトラブルはなかったので焦りましたが…。

充電に半日かかるとのことで、ジャガー・ランドローバーに代車を、お願いしましたら、レンジローバー・ヴェラールでした。
色々凄い車でした!

世界で最も美しい車と言われるヴェラールは、エクステリアもインテリアも最高でした。
とにかく、乗って快適、見て快適の一台でした。

ヴェラール

寒い季節に食べる盛り蕎麦も粋だと思います

蕎麦屋

26日は、蕎麦屋で盛り蕎麦を食べました。
冬は、かけ蕎麦も温まり、良いのですが、寒い季節に食べる盛り蕎麦も粋だと思います。

感覚としましては、冬に刺し身を味わうようなものです。
店の主人に聞きますと、『通は冬でも、冷たい蕎麦を食べます』とのことです。

私も、通の領域に入ったのでしょうか?

最近、出番が多い

Jaguar XK

最近、出番が多いJaguar XKです。
雪が本格化する前にバッテリーを充電させたくて、走って充電させています。

冬は、バッテリーに関しては、気を付けなければなりませんからね。

市街地で走ってもスタイリッシュだと思いました

Jaguar XK

23日は、Jaguar XKの運転を堪能しました。
この日は、主に市街地を運転しましたが、市街地で走ってもスタイリッシュだと思いました。

極寒の中核市おいては、この時期はスタッドレスタイヤが必要なので、当然ながらスタッドレスタイヤでの走行です。
ビルの谷間には、少しだけ雪が残っている所がありましたので、安心して走れました。

途中で小雨が降って来まして、信号待ちから発進する時に、"キュッ!"と音がして滑ることも仕方ありません。
スタッドレスタイヤは、雨には弱いですからね。

ガソリンスタンドに行きましたら、スタンドの方が物珍しそうに、『この車、何キロまで出るんですか?』と聞かれました。
『いえいえ、そんなに出しませんよ』と私は答えました。

テレビを観るよりも、ロックを聴いている方が有意義です

Heavy Soul

最近、日曜日の朝は、ポール・ウェラーの曲をiPodでシャッフルさせて、過ごしています。

朝起きて、朝食を食べ終え、テレビでニュースを手短にチェックした後は、ポール・ウェラーを聴きながらMacで新聞の電子版3紙を読み、メールチェックしています。
そして、シャツのアイロンがけや髪のセットも、基本的にはポール・ウェラーを聴きながら行っています。

なぜポール・ウェラーの曲かと申しますと、その音源が膨大で、シャッフルさせて聴く度に、新たな発見があるからです。
あまりの膨大の音源で、その曲の存在も忘れていたものまでかかりますと、驚きます。
そんな時は、ポール・ウェラーの天才振りに、思わず感嘆してしまいます。

テレビを観るよりも、ロックを聴いている方が有意義です。

Heavy Soul [12 inch Analog]
Paul Weller
Mercury
2017-01-20

猫受けが良さそうなスヌードを、購入致しました

Liberty

猫受けが良さそうなスヌードを、購入致しました。
フェイクファーのスヌードです。

このスヌードは、ダブルのライダースジャケットに相性が抜群です。
そして、防寒性も抜群です。

しかし購入した極端に、寒波が去ってしまい、ちょっと暑く感じてしまいます。

まだ、三毛猫の、あっちゃんには見せていません。

Cart

見せたら、どんな反応するでしょうか?
猫パンチされるかな?
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ