kesiki

25日は前日に動き過ぎたせいか、体調がイマイチでした。
なので静かにYouTubeを観て過ごしました。

この日、主に観ていた動画は、何と古典落語です。
私はそれまで、落語なぞ興味なかったのですが、この日に何気なく観ていましたら、歯切れの良い江戸弁で面白おかしい話を聴いているうちに、みるみる引き込まれました。
古典落語を聴いているうちに、江戸の町人文化が非常に豊かなものであったことを痛感しました。

当時、鎖国をしていた日本ですが、そこまで知的で豊かな文化を持っていたので、日本が開国し産業革命に突き進むのは時間の問題であったのでしょう。