★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

スタッドレス

ピーターラビット号、またまた復活!!

9日、ピーターラビット号(MGF)が完全復活しました。
いつも故障→復活のネタばかり書いていますが…。
12月は、暖房の温度調節の、つまみが壊れて修理に出すも、1ヶ月待った挙げ句に部品がないと年末に戻って来ました。
1月は、例年にない豪雪で1回乗って、かなりしんどい思いをして運転をしたので、雪が溶けるのを待ちました。
しかし、ちょうど1週間後に、雪が溶けたと思ってエンジンをかけたら、バッテリーが上がってしまいました。
そして1月末に12ヶ月点検のため、バッテリーを繋いでもらってエンジンを始動させ、工場に持って行きました。
9日、そのピーターラビット号が、12ヶ月点検から戻ってきました。
懸念の温度調節つまみも修理されていました。
9日も、前日に雪が降ってかなり路面がガタガタでしたが、それでもその運転の味わいは、捨てがたい味でした。
ピーターラビット号でも、スタッドレスタイヤを履くと雪道でも、結構走るのですよ。

そして、11日は雪も大分溶けて来て、ピーターラビット号でも走りやすくなり、半日ほど、運転を楽しみましたよ。
こんなにピーターラビット号の運転を楽しめたのは、ほぼ2ヶ月半振りでしたからね。

MGF

バリバリ走ります

SN3O1217












通常はピーターラビット号(MGF)のような車は、冬期は乗らないという方が多いですが、私は乗ります。
その理由は、乗ってやらないと故障するからです。
ひどい時では、3日乗らないと故障した時があります。
写真のように凍結した路面でも、スタッドレスタイヤで、バリバリ走ります。
凍結道路では本当にバリバリ音立てて走りますよ。
ピーターラビット号は、積雪は20cm、気温は氷点下4℃までは走行可能です。

下の写真は、その車窓です。
車高が低くて、アスファルトのスレスレで走っている感じがします。
SN3O1218












ピーターラビット号は、このまま乗り続けて、ヒストリックカーになるまで乗り続けるつもりです。

ピーターラビット号も冬支度

ca65c91e.jpg











ピーターラビット号(MGF)も冬支度です。
まず、スタッドレスタイヤに交換しました。
MGマークのホイールがまぶしいです。
815fe08c.jpg











ワイパーブレードも、下の写真のような寒冷地向けの太いワイパーブレードに交換しました。
af1c1797.jpg






これでもう、いつ雪が降っても大丈夫です。ピーターラビット号は、雪ウサギになるのです。

霜が…。

SN3O1087












朝、寒いなぁと思ったら、ウェラー号(フリーランダー2)のボンネットに霜が張ってました。
寒いはずです。
早めにスタッドレスタイヤに交換しておいて良かったです。

昨夜、夕食を摂っている時、悪寒を感じました。
朝起きると、喉が痛いです。
これは完璧に風邪ですね。

雪うさぎ

大晦日からの雪でピーターラビット号(MGF)は雪うさぎになってしまいました。
新しいスタッドレスタイヤを履いているので、こんな雪でも元気に走れますよ。
でも、今年は兎年じゃないですけどね。 
29518337.jpg

車に縁があった日

SA3B00170001








こんにちは!
一晩寝て、二日酔いから回復したカモヤです。
今度の年末年始は、どこにも行かずに、静かにしていることにしました。
その間に“ラブリーブライスちゃん”の制作を進めようと思っています。

今日は、ピーターラビット号(MGF)のスタッドレスタイヤの効きが悪くなったので、ディーラーに行って替えてもらいました。
とりあえず、『今年は大変お世話になりました、来年もよろしくお願い致します』と挨拶しましたが、まさか自分自身がこの挨拶を、ディーラーでするとは思いもよりませんでした。

その帰りに、みずほ銀行へ寄ろうと思ったら、雨のためか師走のためか、街中大渋滞です。
わずか1キロ先に進むだけで、30分近くかかりました。
そして、やっと銀行に着いたら、駐車場が満車の上、そこでもまた車が並んでいました。
ここの銀行の駐車場が、いつも決して満車ではないので、この車列は、恐らく銀行の金融そのものに用があるのではなく、多分みずほ銀行の年末ジャンボ宝くじを買いに来た人の車列なのだと思われました。
私はただ、通帳を記帳しようと思って来ただけなので、その車列に並ぶことなく、諦めました。
また、時間がある時に記帳しに行こうと思います。

車って、いつもこんなに走っていたのかなぁと思ってしまうような一日でした。

ここはイギリスでしょうか?

長雨のせいで、ピーターラビット号(MGF)のボディーもドロドロになりましたが、今日は空が晴れ渡ったので、洗車してワックスをかけました。
そして、パチリと記念撮影しました。
DSCN1250






写真を見て気付いた方も居ると思いますが、タイヤは既にスタッドレスに交換されています。
後ろから見るとこんな感じです。
DSCN1248











ここはイギリスでしょうか?
DSCN1241











いえいえ…。
知っている人は知っている場所です。
分からない方は、私に会ったら聞いて下さい。
コッソリ教えます。
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ