★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

ドクターマーチン

Dr.マーチン2976 QUADで凍結路面を歩く!

Dr.マーチン

Dr.マーチン2976 QUADを購入してから、8日経ちました。
新品のDr.マーチンは、固い皮が基本なので歩いて、足に馴染ませなければなりません。

柔らかくするために、まずはミンクオイルで磨きましたが、過度のミンクオイルは型くずれの原因になりますので、ただもう歩くのみです。

最初はサイドゴアの足首の部分が細くて、足を突っ込むことすら大変でしたが、今は着脱においては、それほど大変ではなくなって来ました。
しかし、階段を降りる時にサイドゴアが入っていないブーツの正面上端が、足首に当り、痛いことが問題になっています。

しかし、歩いて馴染ませなければなりませんので、とにかくウォーキングをします!
正月2日の凍結路面を歩いてみました。
Dr.マーチン2976 QUADは、ゴツいソールパターンで、凍結した路面も滑ることなく歩くことが出来ます。

上の写真は除雪車が作った圧雪になった雪の山に足をかけてポーズです。
このような圧雪でも、全く滑らず乗り上がることが可能です。

そして、下の写真は透き通る氷の上も歩いてみました。
全く、滑らず歩くことが出来ました。

 	  Dr.マーチン2976 QUAD

Dr.マーチン2976 QUADを購入致しました。

Dr.マーチン

私は、Dr.マーチン2976を愛用しています。
Dr.マーチン2976は、サイドゴアブーツなので、靴の脱ぐ履きが多い日本人のライフスタイルに合っているからです。
また、履き心地も抜群であることも理由です。

なので、Dr.マーチン2976はブラックとチェリーレッドの、2足共に持っています。
しかし、ブラックのDr.マーチン2976は2009年のモデルで、サイドゴアが伸びきり、ソールも穴が空きそうになりました。

そこで、ブラックのDr.マーチン2976を買い替えることに致しました。
10年も使用すれば、もう充分でしょう!

せっかくブラックのDr.マーチン2976を買い替えることになりましたので、QUADという新しいタイプのソールの物にすることにしました。
外観は、やや厚底でイエローステッチが目立つ、格好いいルックスとなりました。

そして、ソールのパターンは下の写真のようにゴツく、地面が毎日凍結する寒冷地では、滑り難くて有り難いパターンとなっています。

Dr.マーチン


これで、Dr.マーチン2976はチェリーレッドもブラックも、両方共に履き潰して2足目になりました。
自分が気に入っているアイテムは、買い替えしても同じ物が欲しいものです。

ワークパンツにDr.マーチン3ホール

2日は、珍しくワークパンツ姿で過ごしました。
ワークパンツとDr.マーチンは抜群の相性です。
本日はDr.マーチン3ホールを履いています。
Dr.マーチンは、定番の8ホールも良いのですが、3ホールは、自宅で靴を脱ぐ習慣がある日本人には打ってつけのタイプです。
一日中、外出している場合は8ホールでも良いのですが、ちょこっと近所に出かける際には、3ホールは便利です。
下の写真もコンビニ帰りに撮影しました。

ワークパンツにDr.マーチン3ホールという、そんなイージーな日も良いかと思います。

ワークパンツ

Dr.マーチン・ラムゼイ・クリーパーの白を買いました。

3O1865












Dr.マーチン・ラムゼイ・クリーパーの白を買い足しました。
以前ラムゼイ・クリーパーは、紺色の一足しか持っていませんでしたが、これでカラーのバリエーションが増えて楽しめそうです。

実は、このラムゼイクリーパーは、ファッション的な意味合いで履くだけではなく、実用的な意味合いもあるのです。
私は寒いエリアに住むので、冬場は凍結したアスファルトの上を歩行しなければならなくなります。
万が一、滑って転倒して怪我をしたら一大事です。
下の写真のゴツゴツしたソールが、凍結したアスファルトをグリップしてくれます。

昨年、凍結時にラムゼイ・クリーパーを履いた感じでは、よっぽど無茶な歩き方をしたり、走ったりしなければ、ガッチリとグリップしてくれるようです。
実は、この白のラムゼイ・クリーパーは昨年の経験から、冬場に備えて、もう一足欲しかったものなのです。

3O1866

おしゃれなブログ?

ブログの検索キーワードは、そのブログの傾向を反映するものだと思います。
このブログの検索ワードの1位が『田中美保』、2位が『ドクターマーチン』で
3位が『フレッドペリー』になりました。
一応、美術系のブログ(のつもり)として書いているので、違うキーワードで検索して欲しい気もしますが…。
まぁ、モデルさんの名前と靴のブランド、服のブランドで、おしゃれなブログと考えれば良いのかも…。
公募展の会場で、初対面の方から「ブログ見ました」と言って来た方が何人か居たので、ブログをやっていた甲斐があったかなぁと思います。

SN3O1631

Dr.マーチン2976チェリーレッドで出発!

21日は、Dr.マーチンのチェルシーブーツモデル、Dr.マーチン2976チェリーレッドを履いて外出しました。
その時、スキニーデニムを履いていましたが、写真のようにロールアップすることがポイントです。
それにしても、Dr.マーチン 2976、抜群の履き心地です。

SN3O1626

Dr.マーチン12ホールで出発!

a6efc7d1.jpg









今日は、久しぶりにDr.マーチン12ホールを履いて出かけました。
Dr.マーチンの12ホールは、着脱が大変なので、テンションが高い時に、履くようにしています。
それにしても、このチェリーレッドの色がたまりません。

Dr.マーチン 2976 チェリーレッドで出発!

9b7b41db.jpg










今日は気分で、Dr.マーチン 2976 チェリーレッドを履いて出発しました。
Dr.マーチン 2976 は、 チェルシーブーツ(サイドゴアブーツ )タイプのDr.マーチンです。
Dr.マーチン 2976は黒もありますが、やはりDr.マーチンらしい色としてはチェリーレッドだと思います。
ちなみに、Dr.マーチン 2976の黒も持っていますよ。
着ている服によって色を変えます。
いつも、Dr.マーチンは上の写真のようにデニムをロールアップして、これ見よがしにして履いています。

Dr.マーチン 2976は、普通の紐のDr.マーチンより履きやすい上、サイドゴアのゴムの加減で抜群の履き心地です。
この履き心地感、おススメです。

Dr.マーチン 3ホールで出発!

74a023e9.jpg










今日は、Dr.マーチン 3ホールで出発!
Dr.マーチン 3ホールは、編み上げ部分が短いので、普通の靴のように、サッと履けるのが良い所です。
朝起きて、今日はどんな靴を履こうか、どんな服を着ようかとか、考えるのが結構楽しい瞬間です。

ドクターマーチン レンジャー・リガー・ブーツ

DSCN2193











Dr.Martens Ranger Rigger Bootsを購入しました。
日本人が、Dr.Martens を履いた場合、どこかへお邪魔したりすると、編み上げブーツのため、その着脱が大変ですが、この Ranger Rigger Bootsの場合は、大丈夫です。
これは雪の日や雨の日も長靴代わりに活躍しそうですね。
履く時も、長靴感覚ですよ。
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ