★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

ファッション雑誌

ライダースジャケットが今季の流行 ?

FUDGE
















ファッション誌“FUDGE” 2012年 11月号を読みました。
その中で、『今年の秋はレザーが欲しい』という特集で、ライダースジャケットが取り上げられています。
それも、ゴリゴリのライダースではなくデザイン性や色が凝ったライダースジャケットが今季の流行のようです。
それは、先日読んだ“NYLON”にも少し触れてありました。
私も、色やデザインが凝ったライダースを毎日着ていますが、それってトレンドに沿ったファッションだったのでしょうか?

FUDGEの後ろのページにいつもミュージシャンのインタビューやディスクレヴューが載っているのですが、音楽マニアの私も唸る充実した内容です。
“FUDGE” 2012年 11月号でも、話題のTHE XXとGrizzly Bearを取り上げているのは、さすがです。
ちなみに、「今月、FUDGE読者におすすめする3枚」のコーナーで、既に私が持っているCDが3枚も載っていました。
それも、私がトレンドに沿った人という証なのでしょうかね?
ピンと来ませんですけどねぇ…。

FUDGE (ファッジ) 2012年 11月号 [雑誌]
FUDGE (ファッジ) 2012年 11月号 [雑誌]
クチコミを見る

ロックとファッションとアートは生きる糧

9月中旬から、体調の波があった私ですが、本格的に回復してきたみたいです。
そうなると、最新ロックを聴いて、ファッション雑誌をチェックするという、私らしい日常が戻ってきいます。
10月初め頃は、ファッション雑誌を読む気にもなれませんでしたからね。

文化系人間の私にとって、ロックとファッションとアートは私の生きる糧ですからね。
なぜなら、私は“表現者”だからです。

3O1868

恥ずかしがり屋だから…

SN3O1536











14日は毎朝の体重測定で、ベストコンディションでした。
体調もバッチリです。
朝からバタバタ動き回っています。

私は、とにかくファッションが好きで、髪もしっかりセットしてないと気が済まないのです。
そのために、夕食は炭水化物を摂らず、冷や奴や焼きなす、刺身などタンパク質や野菜を摂取するようにしています。
そして、毎朝空腹時に体重測定してBMIを計算しています。
そんな努力もあり、17歳から服のサイズは変わらずに現在に至っています。

まめにヘッドスパに通ってヘアケアもバッチリです。
バックには、いつも携帯用のブラシやヘアスプレーを常備しています。
出先で髪が乱れた時に使っています。

そしてファッション雑誌が好きなので、服飾の現在の動向も研究しています。
音楽雑誌も好きなので、世界的な音楽シーンの流れも研究しています。
ファッションや音楽の情報を知らないのは恥ずかしいと思っているからです。

見た目とファッションや音楽の知識で、恥ずかしくないように心がけています。
なぜなら、恥ずかしがり屋だからです。
家の中でもきちんとした服装をして、コンビニに行く前も姿見で全身チェックしてから外出します。
なぜなら、恥ずかしがり屋だからです。

精神的な糧

SN3O1325











2日は、まずまずの体調です。
買い過ぎてしまったCDも頑張って聴いていますが、全て聴き込むのは、なかなか難儀なことです。
まだ聴いていないCDは、ロックばかり実に17枚に上ります。
早く新しいCDを買って聴きたいのですが、聴いていないCDを全部聴き込むまで、ぐっと我慢しています。
ファッション雑誌も読んでないものが溜まってきています。
音楽やファッションは、私の精神的な糧となるものなのですが、溜まってくると消化が難しいものです。
SN3O1327





ファッション誌の PS 12月号で休刊に

SN3O0949-1











小学館のファッション雑誌 PS (Pretty Style)が12月で休刊となるそうです。
2002年の創刊当時から欠かさず読んでいたのに…。
最近では、菊池亜希子さんの連載、『みちくさ』シリーズが良い味出していたのに…。

雑誌の休刊は、『若年層のライフスタイルの変化や広告収入の低迷』が、その理由だそうです。
『広告収入の低迷』について言うと、ファッション誌は、雑誌そのものが、アパレル系企業の広告媒体なので、アパレル業界が現在大変な状況にあることが、伺えられます。
『若年層のライフスタイルの変化』とは、恐らくは雑誌の売り上げの減少でしょう。
ZOZOTOWNのようなファッション通販サイトの普及も大きいでしょう。
若年層の人口も2002年から比べると減少していますしね。

そう言えば、PSは震災の後の号から編集に余裕がなくなってきたことを、読んでいて感じていました。
ひょっとしたら、震災がなければ、もうちょっと長く続いていたのかも知れません。
気になるのは、PSに登場していた読モ達の今後のことですかねぇ〜。

PS (ピーエス) 2011年 08月号 [雑誌]
PS (ピーエス) 2011年 08月号 [雑誌]
クチコミを見る

ニュースと東京ガールズコレクション

私は、どんなに疲れている時も、休憩時間はファッション雑誌をパラパラめくって新しい流行をチェックします。
また、ヒマさえあればネットや本を読んだりしています。
テレビのニュースもガンガンつけっぱなしです。
まさに、情報の渦に巻き込まれている状態です。
そのためなのか、私が物知りであるかのように思われてしまいす。
たまに難しいことを聞かれて、困ってしまいますが…。
そんな状況に身を置けば、誰でも情報通や物知りになりますよ。
8cfe4ed8.jpg

写真は、私がよく観ている24時間放送のニュース専門チャンネル、TBSニュースバードからです。
その一方で、ニュースを観ながら、東京ガールズコレクションの写真集も観ていました。
テレビのニュースを観ながら、東京ガールズコレクションの写真集を同時に観ている人は滅多に居ないでしょう。
それが、私の日常なのです

83f9d211.jpg

真似しない方が…

a3b93d98.jpg

写真はPS 5月号からです。
モデルの宮本りえさんが、デニムのライダースにデニムのクロップドパンツを履いています。
デニムの上下は以前はヤボったいファッションの代名詞のように思われていましたが、今季はダンガリーシャツが流行ったりと、青い生地を目にすることが多くなりました。
ついに、ファッション雑誌にまで、デニムの上下が載るようになりました。
この写真ではライダースは淡くして濃い色のクロップドパンツを履くことによってバランスを取っています。
また、裾の長いデニムではなく、クロップドパンツで重くならないようにしています。
そして、重要なのはストローハットで、目先を頭に持って来ることによって、デニムの質感を中和させる効果を得ています。
このスタイリングは、スタイリストのプロの技です。
素人は、くれぐれも真似しない方が無難だという一例です。

田中美保ちゃんのバレンタイン

mini 3月号は『田中美保の3weeks着まわし・バレンタイン物語』の特集です。
これは、田中美保ちゃんが入社4年目のファッション雑誌編集者に扮した2/8から2/28までの、着まわし物語です。
この物語は、ファッション雑誌編集者である田中美保ちゃんが、バレンタインデーに手作りチョコを、意中の君嶋くんに手渡して告白することが核になっています。

写真は2/15の場面です。
『結局、一方的におしつけて帰ったから、返事は聞かずじまい。好きとは伝えたけど…。ひとまず大好きな音楽と雑誌に囲まれて気分転換★』
と、こういった具合です。
結局は2/28に美保ちゃんと君嶋くんはデートに行くことになって、物語は終了するのですが、その後の2人の恋の行方はどうなるのか、気になる所です。
いやぁ、私も田中美保ちゃんからバレンタインに手作りチョコをもらって、告白されたいです。
3f01698b.jpg

ついこの間まで、美保ちゃんはミディアムまで髪を伸ばしていたようですが、またバッサリ切ったようです。
やっぱり、美保ちゃんは、ショートカットが似合いますよ。

ファッション雑誌で、『こんなもの…』

ファッション雑誌の1ヶ月着まわしコーデのコーナーは、オシャレかつ平凡な日々を描いていますが、こんなにドラマティックな、ファッション雑誌の1ヶ月着まわしコーデのコーナーはないでしょう。  それは、SEDA 12月号の『臼田あさ美の恋するきまわし30days』で、臼田あさ美さんが扮するアサミの恋愛模様が描かれています。
写真は12月6日の場面で、アサミが親友チヒロに誕生日プレゼントを渡すところです。
しかし、チヒロが思いを寄せていたトモヤとアサミが付き合うことになったため、誕生日プレゼントを、『こんなもの…』と地面に叩きつけようとしている所です。
ファッション雑誌で誕生日プレゼントを渡している場面で、もらったプレゼントを地面に叩きつける場面なんて前代未聞です。
ある意味画期的です。
ba9e319f.jpg

几帳面やね

きちんと清掃された車の車内に、男性物のファッション雑誌が、無造作に置かれています。
何だか、車のパンフレットの写真でありそうな光景です。
別に意図的にセッティングした訳じゃないのに、こんな光景がみられたので、思わずパチリと撮ってしまいました。

同時に、自分が他の人から、どう見られているのか、なんとなく分かりました。
車というモノは、その所有者の、人となりを如実に反影するからです。
この光景から推測するに…几帳面でオシャレにこだわりがある男性という推測が付きます。

この写真では、雑誌(ファッション・ニュース・メンズ)のMマークと、フロアマットのMGマークが良いアクセントとなっています。
実は、このフロアマットは、ボロボロになって3年前に交換しているのです。
また、このシートもまた、3年前に張り替えています。
65276c55.jpg

そう言えば今日、ふと気が付くと、脱いだ服をきちんと畳んでいる自分に気が付きました。
昔は、結構ルーズだったのですが、いつの間にか几帳面な人になってしまいました。
なぜだ?
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ