★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

ホテル

自尊心を保つには

3月中に東京に行こうと思ったら、どこもホテルが一杯で断念し、4月に計画を変更しました。
良く考えてみれば、毎年この時期にホテルを探して苦労したような気がします。
3月末は、お花見や進学・就職、転勤のシーズンなので、ホテルは混むはずです。

24日は、マンションで、くつろいでいますが、ご覧のレザージャケットを着て、きちんとした格好でいます。
前にも述べましたが、部屋着は持ってないですからね。
だらしない服装は、苦手なのです。
部屋の中でもきちんとした服装しないと、自尊心が保てないような気がしますので…。

ポートレイト

少し良くなりました

ホテルで気分転換のつもりが、出発の朝から風邪をひいたのですが、13日は渋谷と原宿を軽く散歩して、それからホテルの中でリラックスしていました。
こういった時は、ラグジュアリー系のホテルは強いですね。
むしろ、ホテルの部屋の居心地が良くて、出不精になる位です。
食事も、ザ・キャピトルホテルの有名なレストラン、オリガミで食事して、ホテルそのものを楽しんでいました。
14日は、風邪薬を飲んでホテルでくつろいでいたためか、少し良くなっていました。


画像1

気分転換のつもりが…

12日から気分転換に、永田町のザ・キャピトルホテルに宿泊していますが、この日の朝からやたら、だるいと思ったら、風邪のようです。
行きの新幹線も、いつもはみっちり読書するのですが、ずっとウトウトしていました。
ホテルに滞在中も、クシャミや鼻水がみられるので、風邪であると悟りました。
スマートフォンで最寄りのマツモトキヨシを探して、風邪薬を買いに行きました。
今日は、あまり無理はしないようにします。

画像1

ANAクラウンプラザホテル金沢の、おせち料理

この年末年始はANAクラウンプラザホテル金沢で、過ごしています。
このホテルの和食、『雲海』の、おせち料理を食べました。
右下の味噌汁のような、お椀は、お雑煮で、白味噌仕立てで丸型の、お餅です。
金沢では、お餅は四角くなく、丸餅が基本なんですよ。
お正月のホテルの料理は、おせち料理が楽しみです。

画像1

気分転換してきました

セルフ














ホテルやショッピングで気分転換してきた私です。
やはり、気分転換は重要です。
いつも見慣れた景色も、何故か新鮮に見えてきます。

いつも、気分転換しているようにって見えるって?
そんなことないですよ。
でも、盛岡の街って本当に寒いと再認識しました。

テレビ

ホテルマンの真心

29日は、永田町のザ・キャピトルホテル東急に泊まりました。
偶然、クラブフロアの部屋しか空いてなかったので、思い切って久し振りに泊まってみました。
(以前、一回だけザ・キャピトルホテル東急のクラブフロアに泊まりました)
もちろん、チェックインもクラブハウスで行います。
まず、一番に感動したのは、建物のハード関係より、ホテルマンの接客の良さです。
最近は、日本のシティホテルの従業員も外国人が増えましたが、やはり日本の国内資本のホテルのホテルマンは、日本人が綺麗で丁寧な日本語で接客して頂くと、凄く心が洗われるのです。
でも、これが今の日本のシティホテルでは、忘れかけていることではないでしょうか?
そして、綺麗な日本語を使っているホテルマンが、流暢な英語を話している姿を見ると、更に感動するのですよね〜。

image

ウェスティンホテル東京滞在中

7日は、翌日のマスターズ大東京展の授賞式のため、ウェスティン・ホテル東京に滞在しました。
実は、ウェスティンホテル東京は好きなので、何度も泊まっています。
ホテル好きです。
電話一本で、何でも、やって頂けるので…。

0ac40226.jpg

消耗しました

ここ2-3日動き過ぎて、疲れました。
日課の体重測定でも、たった2日で体重1kg減です。

先日、キャピトルホテルに宿泊した際、朝食にルームサービスを頼みました。
それがこの写真です。
64565915.jpg

卵料理はオムレツを注文しました。
自分で書きながら、何て優雅な奴なんだろうと思ってしまいます。
この朝食をパンの、ひとかけらもなく完食しましたが、それでもなお体重が減ったということは、かなり消耗したんでしょうね。

ザ・キャピトルホテル 東急に泊りました

DSCN2139











ザ・キャピトルホテル 東急に泊りました。
このホテルは、昔はキャピトル東急ホテルと言って、ビートルズやマイケル・ジャクソンが宿泊したホテルとして有名でした。
私も何度も泊まりました。
ホテル好きな私にも、思い出深いホテルでした。
そのホテルは2006年11月末日をもって取り壊され、その跡地に新しいホテルを建設していました。
この度、新しいホテルが完成し、2010年10月22日にオープンしたので、10月30日、早速宿泊してみました。
上の写真は夜の客室からの眺望です。

下の写真がロビーです。
何もかもピカピカの新品で、テンションが上がりまくりです。
昔のキャピトル東急ホテルは、ロビーの見事な生け花が印象的でしたが、それが再現されています。
DSCN2160







チェックインして客室に入った所が下の写真です。
私が泊まった部屋は『プレミア キング』という部屋です。
広いですね。
そして和な雰囲気ですね。
窓にはカーテンではなく、障子が取り付けられています。
両脇に付いている襖を閉じれば更に暗くなります。
障子や襖を開閉しているうちに、昔のキャピトル東急ホテルも、この構造だったことを思い出しました。
DSCN2126







ベッドは横幅2メートルのキングサイズです。
だから『プレミア キング』なんですね。
ベッドの周囲のデザインも、昔のキャピトル東急の意匠を思い出しました。
DSCN2127







部屋をぐるりと回ると、こんな感じです。
DSCN2131







洗面台は2つもあり、堅牢な造りです。
DSCN2130







こちらはバスルームです。
バスルーム全体がシャワーブースのように仕切られています。
DSCN2133







泡風呂を作ってみました。
DSCN2135







朝になりました。
眼下に日比谷高校がみえます。
DSCN2142











おはようございます。
DSCN2156











朝食はレストラン、『オリガミ』に行きました。
『オリガミ』は昔のキャピトル東急ホテルにもあったレストランです。
ここのレストランの名物は、昔も今もパーコー麺とナシゴレンです。
私は、昔のキャピトル東急ホテルの時代に『オリガミ』に行ったら、ナシゴレンを注文していたので、昨夜もナシゴレンを注文してみました。
ナシゴレンなのに、なぜか昭和な味がして泣けました。
それが、『オリガミ』というレストランの魅力です。
朝食は『オリガミ』特製のオートミールを味わいました。
DSCN2143







泊まってみた感想は、部屋の構造やレストランなど、全体的に昔のキャピトル東急ホテルのイメージを引き継いでいるなぁ、という印象を受けました。
変わったのは建物の高さですね。
昔は10階建て、今は最上階は29階という具合です。

ホテルで気分転換

abd48043.jpg

10月30日は東京に行きました。
気分転換です。
ホテルで、思いっきりくつろぎました。
翌日ホテルをチェックアウト後は、渋谷へショッピングに出かけました。
c3e39962.jpg

そういえば、行きの新幹線の同じ車両に、鳩山邦夫さんが乗っていましたよ。
帰って来てからネットで調べたら、盛岡で『日ロ協会』の鳩山邦夫会長が記念講演したそうで、その帰りのだったようです。
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ