★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

ラスト・シャドウ・パペッツ

マイルズ・ケイン、努力のサクセス・ストーリー

Rascalize

4日は、終日マイルズ・ケインの全音源を聴いていました。
マイルズの活動を見ますと、まさに努力の人に感じられます。

マイルズは、リバプール近郊の人口約30万人都市、ウィラルの出身です。
ウィラルのマージー川を挟んだ対岸に、リバプールがあります。
ウィラルからリバプールは、車で20分と、まさに近郊です。
ちなみに、リバプールは人口約47万人都市です。

リバプールとウィラルのエリアはマージー川を挟んで、約80万人近い人々が居住する人口密集地帯であることが分ります。
マイルズは18歳の頃からギターを担いで、リバプールまで行ってリトル・フレイムスという女性ボーカルのバンドで、リード・ギタリストとして活動していました。


リトル・フレイムスの"Goodbye Little Rose"はMVとして、公に映像で初めて登場したマイルズが撮影されています。
殆どボーカルのエヴァさんを中心に撮影されていますが、マイルズはバンドの中で、一歩前に出てコーラスを入れて、当時からバンドでは目立っていたことが分ります。

転機は21歳の時に訪れました。
マイルズはリトル・フレイムスのベーシストとドラマーと共にザ・ラスカルズというバンドを組み、リード・ボーカル&リード・ギター、そしてメインのソングライターとして、まさにフロントマンとして活動するようになりました。


次の転機は22歳の時で、リトル・フレイムスとザ・ラスカルズで、アークティック・モンキーズのオープニング・アクトを務めた縁で、アークティック・モンキーズのフロントマンのアレックス・ターナーとバンドを組みました。
それが、ラスト・シャドウ・パペッツです。


2人のフロントマンからなるラスト・シャドウ・パペッツは、セールス及び評論家筋の双方で大成功を収め、やがてマイルズはロンドンに住むようになり、ザ・ラスカルズは消滅しました。
その後はソロ活動を始めるようになり、ノエル・ギャラガーやポール・ウェラー、アンディ・パートリッジなどのUKロックの大物と共作し、成功を収めるようになりました。

XTCのアンディ・パートリッジとソングライティングで共作した、"Better Than That"はマイルズの代表曲の1曲となりました。

そして、現在はロサンゼルスに拠点を置いて活動をしています。
ウェラルからリバプールへ、リバプールからロンドンへ、ロンドンからロサンゼルスという人生は努力で勝ち得た成功なのだと思います。


"Loaded"のロサンゼルスの夜景をバックに歌うマイルズは、リトル・フレイムスやラスカルズのようなローカルなインディ・ロックのバンドで活動していたことなど、想像も付きません。

Rascalize
The Rascals
Deltasonic / Hostess
2008-07-08

気付くのが遅過ぎた

The Age of The Understatement

ラスト・シャドウ・パペッツが2008年にリリースした"The Age of The Understatement"が、歴史的な名盤であることに今になって気付きました。
ビートルズは"サージェント・ペパーズ"を、The Whoは"トミー"という歴史的な名盤をリリースしました。
そして、アレックス・ターナーとマイルズ・ケインは"The Age of The Understatement"という歴史的な名盤をリリースしたのです。

"The Age of The Understatement"は、リアルタイムでリリースされた数日後に購入して聴きました。
もちろん、当時も素晴らしいと、思いました!
しかし、アークティック・モンキーズのアレックス・ターナーと、当時は無名だったラスカルズのマイルズ・ケインによる、一時的な気まぐれのようなサイド・プロジェクトなのだと思っていました。

今年になって、8年振りにラスト・シャドウ・パペッツのセカンド・アルバムである、"Everything You've Come to Expect"がリリースされることで、一時的な気まぐれのようなサイド・プロジェクトではないことが分かりました。

現在、ツアーの真っ最中である、ラスト・シャドウ・パペッツ。
セカンド・アルバムをリリースすることで、くしくも、ファースト・アルバムの"The Age of The Understatement"が個人的にも、そして世界的にも再評価されるに至ったと思うのです。

ラスト・シャドウ・パペッツの魅力は、ロック・ミュージシャンの2人が、オーケストラの演奏を取り入れて、ロック的要素を排除させ、'60年代ムード・ミュージックのような音楽を演奏している所です。
なので、『ロックが苦手な人も好きになれるロック・ミュージック』ではないでしょうか?

アレックスがアークティック・モンキーズの活動を再開したり、マイルズがソロ・ワークを再開させるのも喜ばしいですが、当面は2人がラスト・シャドウ・パペッツとして活動して欲しいものです。

The Age of The Understatement
The Last Shadow Puppets
Domino / Hostess
2008-04-22

毎日マイルズ!

Miles Kane

近頃は、毎日のようにマイルズ・ケインを聴いています。
マイルズ・ケインは、顔立ちがウイングス時代のポール・マッカートニーに似ていて、歌声は若き日のレイ・デイヴィスに似ているという面白い逸材だと思います。

ちなみに下の写真が、ウイングス時代のポール・マッカートニーの有名なジャケット写真です。
タレ目気味な目元が、似ています。



好きな曲は、その時期によって変わりますが、ここ2〜3日は"Come Closer"が好きです。
でも、大体ほとんどの曲が好きです。

マイルズ・ケインは、若き日のキンクスのレイ・デイヴィスに歌声が似ているためか、UKロックの正統なる後継者のように私は感じられます。
もう、最近ではコレクターになっていまして、ほとんどのCDやダウンロードを聴きましたので、あとは、アナログ盤の購入でもしようかと思っております。

アークティック・モンキーズのアレックス・ターナーとのユニットであるラスト・シャドウ・パペッツでは、 マスコミはアレックスのことばかり話題として書いていますが、私は断然にマイルズ派です。

Colour of the Trap
Miles Kane
Columbia Europe
2011-05-10

マイルズ・ケインの全音源を一気に聴いた日

First of My Kind

22日は、まだ5月なのに最高気温が31℃でした。
なので、今年初めてエアコンの冷房を入れて、外出せずにずっと部屋でマイルズ・ケイン(Miles Kane )を聴いていました。
何と、マイルズ・ケインの全音源を聴きました。
ソロはもとより、ラスト・シャドウ・パペッツ (The Last Shadow Puppets)や、ザ・ラスカルズ(The Rascals)、ザ・リトル・フレイムス (The Little Flames)と、マイルズの全キャリア音源を全て一気に聴きました。

毎日、365日ロックを聴く私は、好みじゃない曲やクオリティが低い曲を聴くとイライラしたり、がっかりしたりすることがありますが、マイルズ・ケインは全くそんなことなく、すんなりと私の耳に入って行きました。
特にマイルズのソロは、それが顕著でした。

本当に、マイルズの歌声と個性的なギターは私のツボにハマります。
上の写真の"First of My Kind"は、この日、一番気に入った曲です。
マイルズの歌と個性的なギターにブラスが絡み、とてもゴージャスな1曲に仕上がっています。
そして、ジャケットに写っているマイルズのファッションも、とってもオシャレです。

First of My Kind Ep [Analog]
Miles Kane
Imports
2012-04-24

気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ