★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

ラスト・シャドウ・パペッツ

アレックスとマイルズの物語

The Age of Understatement

アレックス・ターナーは2007年当時、新進気鋭のロック・バンド、アークティック・モンキーズのボーカリストでした。
その勢いは、凄まじく知名度は世界的に及びました。
アレックスの歌声はUSオルタナから影響を受けたパンチがある歌声で、歌とラップを掛け合わせたようなボーカル・スタイルでした。

一方、マイルズ・ケインは自身がリード・ギターを務めたリトル・フレイムズが、ファースト・アルバムをリリース前に分裂し、アルバムもお蔵入りとなります。
残ったメンバーで3ピースバンドのラスカルズを結成し、自らメイン・ボーカルを務めるようになったばかりでした。
マイルズの歌声は、キンクスのレイ・デイヴィスとジョン・レノンを合わせような典型的なUKロックなスタイルで、悲壮感と疾走感を合わせ持った曲を歌っていました。

この同い年21歳の2人の若者は、キャリアでは差が付いてしまいましたが、リトル・フレイムズがアークティック・モンキーズのオープニング・アクトを務めたことと、音楽の趣味が合うことで意気投合しました。
2人はルックスが似ていたことと、繊細な感性を持った青年であったことも共通点であったのです。

まずは、アークティック・モンキーズが2007年4月にリリースされたセカンド・アルバムで、マイルズが1曲だけ客演でギターを弾くことによって、2人の関係性が明らかになりました。
そして、2007年の8月から2人で構成されるユニットのアルバムの制作に入りました。

アレックスとマイルズが目指した音楽は、スコット・ウォーカー風のバロック・ポップでした。
そのレコーディングには、まず、ドラマー兼プロデューサーとしてジェームス・フォードを迎えました。

バロック・ポップとは、ロックにクラシック音楽の要素を融合した音楽です。
そのため、オーウェン・パレットをアレンジャー及びコンダクターとして迎え、ロンドン・メトロポリタン・オーケストラとレコーディングを進めました。
ユニット名は、The Last Shadow Puppets と命名されました。

2人は、お互いに持ち合う才能を補い合っている存在でした。
パンチがある歌声とカリスマ性、そして抜群の知名度を持っているはアレックスです。
情緒ある歌声と、個性的なギター・プレイが魅力があるのはマイルズです。

恐らく、成功するのか、どうか分からない状況ではあったと思いますが、
"The Age of the Understatement" とタイトルが付いたアルバムは、2人が目指していたスコット・ウォーカー風のバロック・ポップと、'00年代のインディ・ロックが融合した形で完成し、2008年4月21日にリリースされました。

The Last Shadow Puppets

結果的に、チャート・アクションとしては、UK1位を記録し、評論家筋からも絶賛され続けました。
ソングライティングとしては、ダークな曲調のアレックス色と、悲壮感漂うマイルズ色が適度にバランスが取れた佳曲が多く収録されました。
そして、何よりもアレックスとマイルズのハモりが、素晴らしい程に美しく、ロンドン・メトロポリタン・オーケストラが荘厳にアルバムを盛り上げました。

その後のプロモーションやライブ活動で、似たようなヘアスタイルとファッションの、繊細な2人の青年の姿は、まるでビートルズのジョン・レノンとポール・マッカートニーが、21世紀に再び舞い降りたように印象付けられました。

リリースされて9年、"The Age of the Understatement" は名盤と言われています。
The Last Shadow Puppetsとしての活動が終了した後は、アレックスは自身のバンド、
アークティック・モンキーズの音楽の幅を深め、よりメイン・ストリームな存在になり、誰もが知る大物ロック・バンドとして活動して行きました。
マイルズは、ソロ・アーティストとして成功しました。

2016年には、30代の大人の男性として、アレックスとマイルズ人は精悍な姿となり、
The Last Shadow Puppetsとしての活動を再開させました。
もはや、以前と違う大物2人のユニットとなってしまったThe Last Shadow Puppetsは、貫禄たっぷりの歌声を披露して行きます。
そう、もはやアレックスとマイルズは、繊細な2人の青年ではなくなったのです。

The Age of Understatement
Last Shadow Puppets
Domino
2008-04-15



The Age of The Understatement
The Last Shadow Puppets
Domino / Hostess
2008-04-22


『濃い!』内容のアルバム

Everything You’ve Come To Expect

マイルズ・ケインの大ファンである私。
そんなマイルズの新作は、今年の4月1日にリリースされたアークティック・モンキーズの
アレックス・ターナーとのユニット、ラスト・シャドウ・パペッツ (The Last Shadow Puppets) の"Everything You’ve Come To Expect"です。
ラスト・シャドウ・パペッツとしては、前作の"The Age Of The Understatement"以来、8年振りのアルバムです。

このアルバムは、何度も聴き込むとスルメのように、その良さが味わえるアルバムです。
なので私も、やっと"Everything You’ve Come To Expect"について書こうかと思います。

今回は、前作と違って2人共に、この8年間で本当に大物になりました。
前は、新進気鋭の若手2人のアルバムでしたが、アレックス・ターナーのアークティック・モンキーズは、スタジアム級のバンドになりました。
一方、マイルズ・ケインはソロでブレイクして、そのファッションやルックスからUKロック界の貴公子になりました。

なので、成長した2人がとにかく『濃い!』内容のアルバムとなっています。
前作では、2人がハモる曲が多かったですが、今回は曲によって2人それぞれが、メイン・ボーカルを取るというスタイルを取っています。
面白いのは、アレックスがボーカルを取る時は、マイルズがギターを弾いて、マイルズがボーカルを取る時はアレックスがギターを弾くというパターンが多いように思います。

ただ、全体的にオーケストラを入れて'60年代風ムード・ミュージックに仕上げている所は、前作のラスト・シャドウ・パペッツとしての作風を継承しています。

ジャケットは前作も'60年代の写真を使用していますが、あまり知名度が高くないモデルさんを写した写真を使用していましたが、今回は'60年代に撮られた踊っているティナ・ターナーの写真を使用しています。
肖像権使用料もありますので、2人が本当に大物になったのだなと感じました。

Everything Youve Come To Expect
Last Shadow Puppets
UNIVERSAL MUSIC
2016-04-01


気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ