★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

リバプール

マイルズ・ケイン、努力のサクセス・ストーリー

Rascalize

4日は、終日マイルズ・ケインの全音源を聴いていました。
マイルズの活動を見ますと、まさに努力の人に感じられます。

マイルズは、リバプール近郊の人口約30万人都市、ウィラルの出身です。
ウィラルのマージー川を挟んだ対岸に、リバプールがあります。
ウィラルからリバプールは、車で20分と、まさに近郊です。
ちなみに、リバプールは人口約47万人都市です。

リバプールとウィラルのエリアはマージー川を挟んで、約80万人近い人々が居住する人口密集地帯であることが分ります。
マイルズは18歳の頃からギターを担いで、リバプールまで行ってリトル・フレイムスという女性ボーカルのバンドで、リード・ギタリストとして活動していました。


リトル・フレイムスの"Goodbye Little Rose"はMVとして、公に映像で初めて登場したマイルズが撮影されています。
殆どボーカルのエヴァさんを中心に撮影されていますが、マイルズはバンドの中で、一歩前に出てコーラスを入れて、当時からバンドでは目立っていたことが分ります。

転機は21歳の時に訪れました。
マイルズはリトル・フレイムスのベーシストとドラマーと共にザ・ラスカルズというバンドを組み、リード・ボーカル&リード・ギター、そしてメインのソングライターとして、まさにフロントマンとして活動するようになりました。


次の転機は22歳の時で、リトル・フレイムスとザ・ラスカルズで、アークティック・モンキーズのオープニング・アクトを務めた縁で、アークティック・モンキーズのフロントマンのアレックス・ターナーとバンドを組みました。
それが、ラスト・シャドウ・パペッツです。


2人のフロントマンからなるラスト・シャドウ・パペッツは、セールス及び評論家筋の双方で大成功を収め、やがてマイルズはロンドンに住むようになり、ザ・ラスカルズは消滅しました。
その後はソロ活動を始めるようになり、ノエル・ギャラガーやポール・ウェラー、アンディ・パートリッジなどのUKロックの大物と共作し、成功を収めるようになりました。

XTCのアンディ・パートリッジとソングライティングで共作した、"Better Than That"はマイルズの代表曲の1曲となりました。

そして、現在はロサンゼルスに拠点を置いて活動をしています。
ウェラルからリバプールへ、リバプールからロンドンへ、ロンドンからロサンゼルスという人生は努力で勝ち得た成功なのだと思います。


"Loaded"のロサンゼルスの夜景をバックに歌うマイルズは、リトル・フレイムスやラスカルズのようなローカルなインディ・ロックのバンドで活動していたことなど、想像も付きません。

Rascalize
The Rascals
Deltasonic / Hostess
2008-07-08

リバプール訛りの歌い回しと、ロックの化学反応

First of My Kind

19日は、色々と疲れましたが、マイルズ・ケインの歌声に癒されました。
マイルズ・ケインは、キャリアを積み重ねて行く程に、'60年代中頃のキンクスのレイ・ディヴィス風の声質に似て来ているような気がします。
試しに、マイルズの曲とキンクスの曲をiPodで聴き比べますと、本当に似ていると実感してしまいます。
若干、マイルズの方がキーは高いですが。

しかしながら、あくまで似ているのであって、決して物真似ではない個性もあることは事実です。
レイ・デイヴィスは、歌い回しが、ロンドンっぽいのですが、マイルズはビートルズ風にリバプール訛りが少し入った歌い回しのように感じるのです。

ボーカリストとしてよりも、どちらかと言いますと、ギタリストとしてスポットが当たりがちなマイルズですが、私はマイルズのボーカルとしての良さを評価しています。

マイルズは、ジョージ・ハリスンみたいなタイプのアーティストで、ギタリストとしての演奏も決めますが、歌えばボーカリストとしての味わいも感じられる才能がある方だと思っています。

ジョージ・ハリスンもマイルズ・ケインも、リバプールに縁があり、インタヴューも歌も、2人共にリバプール訛りの英語を感じさせますからね。

ひょっとしましたら、リバプール訛りの歌い回しは、ロックに良い化学反応を与えているのかも知れません。

ピーターラビット号にイギリス生まれの弟が!

1baa4542.jpg











ピーターラビット号(ローバーMGF)にも、もうすぐイギリス生まれの弟ができます。
弟のフリーランダー2は、兄のピーターラビット号より体が大きいんですけどね。
ピーターラビット号は、イギリスはロングブリッジ工場が故郷で、フリーランダー2は
イギリスのヘイルウッド工場が故郷です。

ロングブリッジはバーミンガムにあるので、ピーターラビット号はバーミンガム野郎なのです。
ヘイルウッド工場はリバプールにあるので、フリーランダー2はリバプール野郎、つまりビートルズと同郷になる訳なんですよね。

私は、親しみを込めて、ローバーMGFに“ピーターラビット号”と名付けましたが、フリーランダー2は、何と名前をつけようか、考え中です。
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ