★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

ヴィヴィアン

ヴィヴィアン・ウエストウッドのキーケースを買い替えました

ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)のキーケースを買い替えました。
2009年に購入した現在使っているキーケースは、皮革の部分は大丈夫なのですが、去年の秋辺りから金具が甘くなって鍵がポロポロ落ちていくようなり、何とか騙し騙し使っていました。
しかし、あまりにその回数が多く、鍵を紛失する危険があるので、買い替えることにしました。
デザインは、下の写真のようにペイズリー様の柄です。

キーケース











実はレディースのキーケースなのですが、メンズのキーケースのデザインがつまらないのと、キーケースに男も女もなかろうと思い、レディースのデザインを選びました。

中の方ですが、以前のキーケースは、リングが4連でしたが、今回は5連プラス大きなリングが一つ付いています。

5連
















もうこれで、キーケースから鍵がポロポロ落ちる不安から解消されそうです。
下の写真は、旧キーケースです。
使い込んで傷が付き、皮革も柔らかくなっている様子が分かると思います。
もったいないですけど、キーケースとして使用するのは危険なので、もうお役御免にしようと思っています。
旧キーケース

ヴィヴィアンのカード入れ

免許証入れが、長年の使用で、バラバラに崩壊してしまい、使用不可能になってしまいました。
それで、ヴィヴィアン・ウエストウッド のカード入れを買いました。
皮の肌触りの感じが良いですよ。
やっぱり私、ヴィヴィアン大好きです。
このカード入れを買ったら、身の回りの物を全てヴィヴィアンに買い換えたくなってしまいました。

e800c254.jpg

アングロマニア・オードパルファム

この1年使っていた香水、ヴィヴィアン・ウエストウッドのリバティンがなくなったので、ヴィヴィアンのショップへ買いに行きました。しかし、リバティンは製造中止となっていて、最後の在庫を売っている状態でした。そして、新たに、アングロマニア・オードパルファムが発売されていました。ちょっぴりアジアンな香りで、瓶や箱のデザインも絶妙です。せっかくだから、私はこの新製品を買うことにしました。アングロマニアとは、ヴィヴィアン・ウエストウッドの別ラインのブランドで、ヴィヴィアンの初期のパンクな作風を体現した、カジュアルラインです。そういえば、瓶も箱もパンクな感じがします。私は2000年からヴィヴィアン・ブドワールを使用し、2006年からリバティンを使い始めました。ヴィヴィアンの香水は、アングロマニア・オードパルファムで、3作目なそうで、私はその3作を全制覇した事になります。6287e4c7.jpgこの写真は、瓶のデザインに合わせて、私がディスプレイしてみました。アジアンな生地の上に、瓶を置いて、ローリング・ストーンズのサタニック・マジェスティーズのレコード・ジャケットをバックにして、斜め後ろに箱を置いてみました。サタニック・マジェスティーズのレコード・ジャケット と瓶が一体化しています。
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ