★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

制作

制作人生

自分の制作人生について、近頃色々考えさせられます。
自分にとって、制作とは何なのか?
制作し続けるのは、何の為なのか?
美術と余り縁のない方々から『何で苦しい思いをしてまで制作するのか?』と聞かれてしまいます。
でも私の人生の中で、制作をしていない時は幼少時だけで、制作している人生の方が長いのです。
何のために制作するのか?
それは、制作イコール日常の営みなのです。
毎日、食事するとか、入浴したり、夜寝ることと同じだからです。

MGF

ブライスちゃんのドローイングを描き始めました

今年は1月や2月は、やらなければならないことが山積し、していましたが、やっと制作に着手できました。
もう、一芸術家として私は振る舞って行こうかと思っています。
まぁ、制作は制作で大変ですけどね。


今回は久し振りのブライス人形をモチーフにした制作です。
以前のブライスちゃんとは違った風合いに仕上げようかと考えています。
まだブライスちゃんのドローイングは、お見せできる段階じゃないので、楽しみにして下さいね。

ブライス

タイトル画像と背景画像は…

ポートレイト
















昨日の、このブログのPC版の画面の変更は、ブログの管理画面の操作上、偶発的に起こった“アクシデント”だったので、私も驚きました。
写真は、ブログの管理画面の操作に疲れて、やや寝不足気味の私です。

この変化は、昨年7月1日のFacebookのソーシャルボタン設置よりも、大きなブログの変化だと思います。
本当に長い間、ブログをやっていると、色々あるものです。
何かブログの雰囲気が2000年代のブログから、一気に今風の2010年代のブログにモデルチェンジした感じがします。

まぁ、ブログのタイトル画像や背景画像で、結果的に私の作品を観てくれる方が増えるのは嬉しいです。
因みに、タイトル画像は“スイーツはいかが?”のドローイングで、チェック柄の背景画像は“うさロック”という作品です。

こちらが、タイトル画像の“スイーツはいかが?”(2007年)のドローイングです。
DSCN1367











そしてこちらが背景画像の“うさロック”(2008年)です。
cb0fdc48-s

2013年は、久し振りにブライスちゃんを描いてみることにしました

DSC_0058

















もう、どれほどブライス人形を描いてないでしょう。
このBlogの作品のカテゴリーで調べると、2010年3月5日の“恋するブライスちゃん” 以降、ブライス人形は、描いていません。
それは、私の作品が2009年〜2010年当時に私の作品に、あまりにも“ブライスちゃん”のイメージが付き過ぎたので、私自身、あえて描くのを封印していたからです。

でも、かれこれもう、2009年から3年以上の月日が経ちましたので、私も以前とタッチが変わっていると思うので、以前と違う“ブライスちゃん”を描けるようになったのではないかと考えたためです。
どんな風に仕上がるのか、私自身も予想が付きません。
『どんな風になるか分からない』という実験精神が、私は好きです。

制作活動を再開します!

実は1月は、諸事情が色々重なり制作活動を封印していましたが、これから再開しようと思っています。
これからは、アーティストとしての自分を最大限に生かしていきたいと思っています。
まずは、ドローイング活動から再開したいと思っています。
今の私が制作を再開すると、どんな作品が出来上がるか興味深いです。

真夏の思い出ドローイング

女の子の表情

最近、何かと多忙で制作から、少しだけ離れてしまいました。
でも、その時間が自分の作品を客観的に振り返ることが出来ました。
改めて、私が描く女の子が、どこか不幸な表情をしていることが気にかかりました。
ある程度、故意でそのような作風にしている所があるのですが、今観ると、良い作風でないように感じたのです。
現代、リアルな世界で不幸な女の子が増えているのに、意図的に不幸な表情の女の子を描く必要があるのでしょうか?
今はその作風の方向性を検討している最中です。

不幸そうな表情の女の子。
DSCN0339










一方の、明るい表情の女の子
星のプリンセス













昨今の先の見えない暗い世の中、明るい表情の、女の子の作風の方が良いと思ってきたのです。

アート=ロック=ファッション

本日は、気分も体調も絶好調です。
10月末から、忙しかったですが、ようやく一段落です。

そろそろ作品の制作を再開したいと思うようになりました。
新しい音楽も聴きたいし、最新のファッションも研究したいです。
“アート=ロック=ファッション”、これは私の永遠のテーマです。

グレー

来月には制作を再開したい

24日の朝は、ついに吐く息が白くなってしまいました。
本当に10月が終わりに近付き、冬に向かっているのだなぁと感じました。
来月中には、ピーターラビット号(MGF)とウェラー号(フリーランダー2)の2台の車をスタッドレスタイヤに交換しなければ…。

思い返せば、9月中旬〜10中旬まで、ずっと風邪気味の状態だったので、10月は無為に過ぎ去っていったように思います。
今は、健康を取り戻した日常の自分の生活を楽しんでいるといったところです。

来月には、また制作を再開したいと考えています。

3O1871

色々やりたいことがあります

制作が終わって、色々やりたいことがあります。
勿論やらなければ、ならない義務的なこともあります。

最近は、作品の締め切りに追われがちなので、マメに制作して、作品のストックをしなければまらないとも感じました。

SN3O1717

真夏の思い出 完成の日

真夏の思い出















9日、ついに『真夏の思い出』が完成しました。
この作品の制作で、私自身にとって美術とは何かを考えさせられました。

今年の前半は、何を制作したら良いか分からなくなりスランプ状態に陥りました。
ついに自分の制作人生も終わりであるかと思ったりしました。
でも、作品のクオリティーは別にしても、そのような状況下で、制作をどうやって継続させるのか勉強になりました。
今は次の作品をどうするか、考えられるようになりました。

そう、『真夏の思い出』は、スランプという厚い壁にドリルで穴を空けたのです。
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ