★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

富山

私の友人、ピーターラビット号

ピーターラビット号は長年の私の友人です。
2000年の5月、金沢のディーラーの中古車展示場で、一際目立っていた1996年式のブリティッシュレーシンググリーンのMGF。
それが、ピーターラビット号と私の出会いです。
試乗では、エンストしてしまいましたね。
納車は6月で雨の日でした。
そして、その小さくてすばしこい走りっぷりから、“ピーターラビット号”と名付けました。

その後、何度も故障しながらも、いつもピーターラビット号と一緒でした。
金沢だけでなく、石川県中をピーターラビット号で走りました。
時には富山や福井に遠征もしました。
好きなバンドのライブも、ピーターラビット号で行きました。
JR金沢駅の、もてなしドームの完成もピーターラビット号で拝見しました。

盛岡に転居した時は、車載車で運んでもらいました。
引っ越したばかりで、道路を覚えるのもピーターラビット号でした。
家族が入院した時も、ピーターラビット号で、お見舞いに行きました。
そして東日本大震災でも無傷で、停電で信号が消えた街中をピーターラビット号で走りました。
停電の中で震災のニュースも、ピーターラビット号のカーナビのワンセグで見ていました。
そして、現在もピーターラビット号は、私と共に行動しています。

MGF

弾丸トラベル

22日の夜に富山市から盛岡市に帰りました。
所要時間は片道5時間半です。
やはり遠かったなぁ〜。
現地滞在時間が22時間の弾丸トラベルでした。

私は飛行機に乗ったら、まず座席のポケットにある『安全のしおり』で機種を確認することが習慣となっています。
これは、ひとつの旅の楽しみです。
『この飛行機は良いなぁ』とか、『あの飛行機が良いなぁ』とかの思い出になるからです。
飛行機は、行きがボーイング777で、帰りがボーイング767でした。
ボーイング777は、なかなか素晴らしい機体でしたよ。

SN3O1415

長い旅路の果てに

富山県民会館まで行って、“じゃじゃ〜ん”を観に行きました。
本当に長い旅路でしたが、やっと、やっと観に行けました。
感慨深いです。
頑張った甲斐がありました。
富山国際現代美術展の菅野さんも会場にいらっしゃって挨拶することも出来ました。
良かったです。

e859da4b.jpg

2012 ART / X / TOYAMA 富山国際現代美術展

じゃじゃ〜ん














“じゃじゃ〜ん”(100.0×80.3 cm)

2012 ART/X/TOYAMA 富山国際現代美術展 作品展

会場:富山県民会館 ギャラリーC
   富山市新総曲輪4-18
会期 :平成24年(2012 年)4月20(金)〜4月22日(日)
開場時間:10時〜18時
(最終日17時まで)

夢のような時

昨夜は富山市内の『すし人』で、友人の小岩君と矢郷さん、高見さん、かなえもんさん、吉田君と食事に行きました。
本当に夢のような楽しい時間が続きました。
本当に、これが夢ではなく、リアルな出来事か信じられない程楽しかったのです。

faaaca8a.jpg

前沢牛の焼き肉を食べました

17日の晩は、富山市に住んでいる、友人の小岩君が、盛岡に来ました。
小岩君は、『盛岡はやっぱり寒い』としきりに言っていましたが、私のライダースジャケット一枚の姿に驚いていました。
そして、小岩君が盛岡に来る度に必ず寄る、焼き肉屋さんの大同苑に行きました。
大同苑は、盛岡市の繁華街の中心部にあり、前沢牛を堪能できる焼き肉屋さんです。

私は長髪・ライダースジャケット姿で、小岩君が筋肉質・アメカジ姿で、2人並んで歩くと、かなりインパクトあるのではないかと思われます。
通りすがりの人に、恐い人達に間違われてないかなぁと、少し不安です。

小岩君は東日本震災で甚大な被害を被った大槌町の出身です。
幸い、ご家族は皆無事で、自宅も津波の被害は受けませんでした。
小岩君は、翌18日から大槌入りしています。

14c96e4b.jpg

達成感

FMいみずの“矢郷良明RADIOアグレッシヴ!”で喋ってきました。
前日、二度の欠航に逢っても岩手県盛岡市から富山県射水市のFMいみずまで、CD を持参して行きました。
友人の小岩君と矢郷さんと私の3人で今年を振り返ったり、政治の話をしたりしました。
少し喋り過ぎたかなという位喋りました。
生放送が終わると、ちょっぴり達成感を感じました。
苦労してCDを持ち歩いた甲斐がありました。
詳細はこちらのネットラジオを聞いて下さい。
http://www.voiceblog.jp/yoshiakiyago4/
写真はFMいみずに置いてあったポインセチアです。
a5bfb4bf.jpg

命がけの展示

富山国際現代美術展の後日談です。
先日、搬入車のハンドルがフラフラで、運転していると左側に寄ってくるので修理に出していましたが、修理が終わったとの連絡が入り取りに行きました。
やはり、足回りの部品がイカレていたようで、部品交換しました。
この故障は富山国際現代美術展へ向かう途中で気付きました。
最初は単に疲れているからと思っていましたが、富山から帰って来てもその状態が続いていて、おかしいと思ったので、この度修理に出しました。

ハンドルがフラフラの状態で、左側に寄って走る状態のまま、富山まで運転した私を褒めて欲しいと思います。
車体が言うことを効かないので、高速の運転中、どう運転しても路肩のラインを踏んでしまうし、橋を通った時はマジで側壁にぶつかるかと思いました。

修理が終わった後の搬入車を運転すると、さすがにハンドルがカッチリしています。
左にも寄りません。
本当に富山国際現代美術展は、命がけの展示になりました。
次に遠方で展示する時は、作品の搬送は運送屋さんに頼んで、自分は新幹線か飛行機で移動しようかと思います。

DSCN1408

美術は…

忙しいです。
なぜでしょうか?
一服もできません。

近頃やっと、富山国際現代美術展について客観的に振り返れるようになってきました。
たった1人で高速道路を往復1400Kmも運転するなど、命がけの展示だったと思います。
余生をのんびり絵でも描きたいという方にアドバイスするならば、『私と同じことをしたら、寿命縮めますよ』ということです。
これは私の考えなのですが、美術は余生でするものではなく、若い年齢〜現役バリバリ世代でしなければならないものであると思います。
そうでないと、過労で死にますよ。
美術、芸術、アートは若者の特権なのです。 
cc2a81e5.jpg

第6回 富山国際現代美術展

会場 :新川文化ホール
    魚津市宮津110
    TEL 0765-23-1123
会期 :平成22年5月1日〜5月9日
    (5月6日会場休館日)
開場時間:午前10時〜午後6時
     (最終日午後5時まで)
入場料 :入場無料

“恋するブライスちゃん” 100.0×80.3 (cm) 出展!!
DSCN1443











4月29日(木) エフエムいみず79.3 MHzの19時から
矢郷良明RADIOアグレッシヴ!に私が出演致します★
出演の模様はこちらのネットラジオからも聞くことができます。
          ↓
http://www.voiceblog.jp/yoshiakiyago3/

気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ