★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

緊急地震速報

緊急地震速報が…

27日は、なぜか20時ちょうどに地震が来ました。
なぜ、午後8時ジャストに狙ったかのように地震が発生したのでしょうか?

久しぶりに、携帯電話の緊急地震速報の警報音を聞きました。
でも、携帯電話の緊急地震速報は、『速報』ではなく、揺れ始めて2秒後くらいでした。
ちょうど、地震が発生した時は、テレビを観ていましたが、テレビの緊急地震速報は携帯電話に遅れること、3秒後だったような感じがします。

何かもう、東日本大震災の本震を経験すると、どんな地震も恐くないように感じてしまいます。
でも油断は大敵なので、地震に対しては油断せず生活をしていこうと思っています。

c9214a53.jpg

ガラパゴス

cc827e9e-s








9月29日の午後5時頃、携帯電話に緊急地震速報が入ってビックリしました。
携帯電話に、そんな機能が付いていたことも知りませんでした。
日本の携帯電話はガラパゴス化していると言いますが、こんな機能が付いているとは大したものです。

でも、いざ緊急地震速報が携帯電話に送られてもどうしようか、うろたえてしまいますね。
幸い、体に感じる揺れが来なかったので良かったです。

地震の間にザッピング

 何だか近頃毎月のように地震と余震があって、多少揺れても冷静でいられるようになってしまいました。昨日の地震は命名されなかったようですが、マスコミの間では『岩手北部地震』とういう表現で統一しているようです。そんな地震に慣れてしまった私が、揺れている時に取った行動はザッピングです。岩手宮城内陸地震の時は揺れた直後にテレビに緊急地震速報が流れたのですが、今回はなかなか流れなかったので、『あれぇっ?』と思ってテレビのチャンネルをザッピングしていたのです。結局、揺れが収まり始めた頃に緊急地震速報が流れました。案の定、緊急地震速報が遅れが話題になってしまいました。今回は地震が深い所で起こったため、速報を出すことが困難であったとういう事です。やはり、現代の技術ではここまでが限界でしょう。でも、現段階では、緊急地震速報があるだけ非常に有り難いと思っています。
 

岩手・宮城内陸地震

14日午前8時43分ごろ岩手・宮城内陸地震に遭いました。私は朝起きて寝室のテレビのスイッチを入れた所でした。揺れ始めてすぐにテレビで緊急地震速報が流れましたが、『揺れてから流れるなんて意味ないよ』と揺れている最中思いました。まだベッドの上に居たので何かあったらを布団かぶろうかと考えていました。隣室のリビングから、カタンとCDが落下する音がしました。はっきりとした縦揺れです。揺れが収まった後見ると、なぜかサンボマスターのCDだけ2〜3枚落下していました。幸い盛岡市内は震度4でしたので大きな被害はありませんでした。個人的な被害は壁にかけている絵が若干傾いた程度です。写真で見て分かる通り、私が描いた『夢みがち』が若干右に傾いています。また、マンションのエレベーターが一時運転を中止して、部屋まで階段で登らなければならなくなりました。地震の後、ヘリコプターがひっきりなしに上空を飛んでいます。災害救助のためでしょう、本当に頭が下がる思いです。不思議な事に地震の後しばらくの間、PCのメールにスパムが全く届かなくなりました。スパムの業者意図なのかプロバイダーの配慮なのか、通信の制御のためなのかは分かりませんが。080614_1040~01080614_1112~01802ed0a4.jpg
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ