★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

UK

Museのライブに行って来ました

12日は、さいたまスーパーアリーナでMuse(ミューズ)のライブに行って来ました。
私にとっては、久々のアリーナ規模の大きなライブでした。
私は、初期の頃からのMuseのファンだったので、どちらかというと、初期の頃の曲に馴染みがあります。
会場は、大体25歳〜30歳の世代が中心でしたが、もっと若い世代も沢山いました。
Museのライブは、サマーソニック以来、二度目です。
かねてから、私はMuseのライブバンドとしての実績を評価をしていたので、思わずライブに足を運んでしまいました。
開演時刻の15分後にマシュー(ボーカル・ギター・ピアノ)、クリス(ベース)、ドミニク(ドラム)が登場しました。
ちなみに、基本は、Museはこの3人の3ピースバンドです。
その他、サポートのミュージシャンが1人居ましたが、たったその4人で轟音のライブが始まりました。
本当に、たった4人だけで、こんな轟音を生み出されるとは素晴しいです。
このオリジナル3人のミュージシャンとしての実力に加え、更にマシュー・ベラミーのスター性が、ライブの良さに繋がっていると思います。

さいたまスーパーアリーナのスタンドは、もう地震のように微妙な揺れも生じる位に会場は、大盛り上がりでした。
私のような古くからのファンやコアなファンは、“Hysteria”、“Time Is Running Out”などのライブ定番曲で盛り上がりましたが、比較的若いファンは、ニューアルバムの“The 2nd Law”からの曲で、盛り上がる温度差は、感じられましたが、それは、バンドが1999年から10年以上活躍した証だと思いました。
アンコールの最後、ライブの最後に演奏したのは、ロンドンオリンピックの公式ソングとなった“Survival”で締めくくりました。
そして、フィードバックノイズが延々と続く中で3人はステージから去りました。

Museのような現役バリバリの現役UKバンドにおけるライブの演奏力は、飛び抜けていると思います。
下の写真は、開演前のさいたまスーパーアリーナです。

Muse

イギリスはロックな国ですねぇ

SN3O1638








28日の朝は、ロンドンオリンピックの開会式の中継を観て盛り上がりました。
私は、英国車を2台所有していたり、UKロックのマニアだったりして、イギリスは何かと思い入れがある国です。
ロンドンオリンピックの開会式では、事前に開会式の最後にポール・マッカートニーが出演すると聞いてましたが、選手団の入場が終わると、不意打ちのように
アークティック・モンキーズが演奏を始めてビックリです。
感動しました。
アークティック・モンキーズのアレックスが、リーゼントのようなヘアスタイルに
変わっていた事にも、ビックリです。
最近まで、ロングヘアーだったような気がしたのに、いつの間に…。
それにしても、アークティック・モンキーズは、存在感があって良かったです。

そして、開会式の最後の花火の打ち上げの後、ポール・マッカートニーの登場ですが、自己紹介代わりに、“ジ・エンド”の最後を節を演奏して登場!
これは、何とニクい登場の仕方なのでしょう。
そして、“ヘイ・ジュード”の演奏が始まりましたが、最初はPAの調子が良くなくて、音が途切れましたが、ポールは動じることなく会場を盛り上げました。

オリンピックの開会式にアークティック・モンキーズとポール・マッカートニーとは、本当にUKはロックな国ですねぇ。

SN3O1639

英国気取り

相変わらず、英国車に乗ってUKロックを聴く日々が続いています。
本日着ている服もBen ShermanというUKのブランドのポロシャツに、
KATHARINE HAMNETT LONDONのデニムを履いています。
私の英国かぶれは、なかなか治らないですね。
でも、今年は英国でイベント続きで、“2012年はUKの年”と言っても過言でないです。
そんな私の趣味は、今年はマッチしているのかも知れません。

SN3O1575

UKロックに浸る

7dcff70c.jpg











引き続き、くしゃみが出ています。
でも、辛い時期は過ぎたような感じがします。
倦怠感も、収まってきています。

風邪で、自宅で静養していた時に、ザ・フーの“キッズ・アー・オールライト”と
ビートルズの“アンソロジー”と、ロックのドキュメンタリーDVDを、ぶっ続けに観ていました。
観ていて感じたことは、ビートルズは『曲ありき』のバンドで、ザ・フーは、歪んだギターの音や、シンセサイザーのループ音などのような、『音色ありき』のバンドなのだと感じました。
いずれにしても、ビートルズのレノン&マッカートニーと、ザ・フーのピート・タウンゼントは、ソングライターとして、天才だと思います。
レノン&マッカートニーが書いた『愛の歌』と、ピート・タウンゼントが書いた『悩める少年の歌』は、好みは分かれると思いますが、私はどちらも好きです。
ホントにUKロックに浸った日だったなぁ。

SN3O1002

フレッドペリーに似合うもの

no title











今日は珍しく、フレッドペリーのTrack Jacketを着ています。
私は時々、無性にフレッドペリーが着たくなる時があります。
今日はそんな気分です。
自分で言うのもなんですが、私の今のヘアスタイルもフレッドペリーのTrack Jacketに合っていると思います。

ついでに、この車、英国車のMGFも、フレッドペリーが似合いますね。
4355c53c.jpg











車では、UKロックをガンガンかけています。
これだけUKに貢献しているのですから、キャメロン首相から表彰してもらわなければならないですね。

真っ赤なコート

a8c266db.jpg

あまりに寒いので、ついにコートを着ることになりました。
今、私が着ている赤いコートは、この冬に買った自慢の一品です。
『奇抜だ』、『カッコいい』と賛否は別れますが、私は気に入ってます。
赤、この冬流行っていますね。
この真っ赤なコートはコートはKATHARINE HAMNETT LONDONのものです。
渋谷のCHOOSE LIFE by KATHARINE HAMNETTで購入しました。
私は、聴く音楽も車も服もみんなUKブランドのものです。
そう言えば、いつもCDを注文して、お世話になっているHMVもUKの企業ですね。
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国、お世話になっています。

おすすめ!イギリスのロック

今日はピーターラビット号(MGF)のワイパーが動きっぱなしだったので、修理に出そうと思ったら、何もしていないのに、エンジンをかけたら直っていました。
ピーターラビット君、私はあなたのことが分かりません。

良く分からないので、修理に出さずにドライブに出ました。
今日は音楽を大音量でかけました。
実は、ピーターラビット号のスピーカーは、オリジナルのMGFより少し大きめなものに交換してあるのです。
本日聴いたのはザ・フー(The Who) の“フーズ・ネクスト(Who's Next)”です。
このアルバムは、『CSI:マイアミ』 のテーマ曲、“無法の世界(Won't Get Fooled Again)” や 『CSI:ニューヨーク』 のテーマ曲、“ババ・オライリィ(Baba O'Riley)”が収録されている名盤です。

大音量で聴くザ・フーは、キース・ムーンのドカドカというドラムの音が良く分かります。
やっぱりロックはこうじゃなくちゃね。
イギリス車で聴く、イギリスのロック、お勧めですよ。

ピーターラビット号のシートと“フーズ・ネクスト”のCDです。
プラケースの欠け具合がロックな感じがします。
091108_1347~01

HAARP

MUSEのライブアルバム“HAARP”にハマっています。“HAARP”はCDとDVDとの2枚組です。MUSEのライブアルバムとしては、“Hullabaloo”に次いで2枚目で、ライブDVDとしては、3枚目になります。MUSEは、現在のイギリスのロックバンドでは、最もライブが上手いバンドだと個人的に思います。最近このDVDを、夜寝てる時に一晩中、リピートで聴いています。私はなぜか夜、ノイジーな音楽がかかっていないと落ち着かないのです。もちろん、近所迷惑になるので、音量は絞ってありますけどね。変な習慣ですねー。楽的には、数年前にリリースされた最初のライブアルバム、“Hullabaloo”よりモダンなロックに聴こえます。ラウドなロックが好きな方にはお勧めのCDですよ。ちなみに、ライブは、CDが昨年のウェンブリースタジアムで行われた6月16日の公演で、DVDが6月17日の公演のようです。6422ea7b.jpg

The View

このバンドについては情報不足です。何しろ、去年の8月に最初のシングルを出して、今年の2月にアルバムを出したばかりなので…。私は2月の終わりにアルバムを買って知ったところです。何かリバティーンズに雰囲気が似てるなぁと思ったら、リバティーンズのピート・ドハーティーに見い出されたらしい。ピートのバンド、ベイビー・シャンブルズのライブがある日に、自身の音源を持ってピートにアポなしでアタックしたとのことである。結果、その日からベイビー・シャンブルズのオープニング・アクトに抜擢されたとのことです。彼らは平均年齢18歳。若いということは素晴らしいと思います。あの、ピート・ドハーティーに直談判するなど、若さと度胸あってのものだと思います。意外なことは、数多くの問題行動で知られるピートが兄貴分を発揮していることです。ピートは音楽的にきちんとした目と、決断力と行動力があることが伺いしれます。The Viewの音楽は、リバティーンズをよりポップにした印象です。なので、場合によってはリバティーンズより売れる可能性もあります。しかし、リバティーンズの影響が多大であることも事実で、リバティーンズの影響から脱した時に、何が残るかが問題になります。→6555231b.jpg
続きを読む
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ