★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018年、2022年、富山国際現代美術展に参加。

フランソワーズ・アルディの"オール・オーバー・ザ・ワールド"な人生

In English

フランスのシンガー・ソングライター、フランソワーズ・アルディさんが、2024年6月11日に逝去致しました。
訃報を受けて、私はかなり動揺致しました。
なぜなら、同年の6月10日に、フランソワーズ・アルディの名盤3枚という記事を、アップしていたばかりだったからです。

6月11日は日本時間で12日でしたが、訃報に驚きと悲しみで、言いようなない感情が湧いて来ました。
Blog記事で取り上げた方が、記事をアップした2日後に訃報を目にするなんて…。
喉頭癌の闘病生活を送っていた事は、存じ上げていましたが…。

そして、『闘病生活大変でしたね』、『オール・オーバー・ザ・ワールドな人生でしたね』と、アルディさんに語りかけたくなりました。
そして、私の頭の中で、彼女が英語で歌った"All Over the World"が流れ始めました。

ソルボンヌ大学に在籍したアルディさんは、その卓越した語学力を生かして、イタリア語、ドイツ語、そして英語でも歌をレコーディングしました。
そればかりか、若き日は、それら各国のテレビ番組で、通訳なしで出演していた様子もYouTubeで観る事も出来ました。

それだけでも、凄い事ですが、アメリカの映画『グランプリ』で、女優としても活動し、吹き替えなしで、英語のセリフを話していました。
そして、その音楽は日本でも愛されていました。

まさに、"All Over the World"な人生です。

フランソワーズ・アルディさんの、ご冥福をお祈り致します。
私を感動させる曲を作り、歌って頂いて、本当に感謝しています。

"In English"は、全編英語でレコーディングされたアルバムです。
"All Over the World"も収録されています。




In English [Analog]
Francoise Hardy
Vogue
2017-06-23

ジャガーFタイプで走りますと、気持ちが良いです

Jaguar F-Type

15日は土曜日です。
土曜の早朝は市街地の道路は、殆ど車が走っていません。

車が走っていない市街地の道路を、ジャガーFタイプで走りますと、気持ちが良いです。
何よりも加速性能が素晴らしいです。

16日から、ジャガーFタイプは車検に入りますので、しばしお別れです。
それまで、ジャガーFタイプのドライブを楽しみたいと思っています。


車や人を殆ど見かけない、シュールな光景

景色

14日は、4:43に起床しました。
この日は、日の出が4:07だったので、目覚めてカーテンを開けた時は、昼間のように明るかったです。

毎朝恒例の体重測定をしましたが、いつもよりも500gほど多かったです。
最近は、忙しくて運動不足だった事が原因かも知れません。

着替えて外に出ますと、本当に真昼間のような明るさです。
明るいのに、車や人を殆ど見かけない、シュールな光景が広がっていました。

この日は、ウォーキングをする2名の方を見かけました。
この頃は、日中に30℃の気温が続くので、ウォーキングは、この時間帯にするのが賢いかも知れません。

暑い日の朝の着こなし

Paul Smith

13日は6月ですが、最高気温が31℃の予報です。
最低気温は19℃です。

暑い日の朝の着こなしで、リバティプリントのシャツを素肌に着て、薄手の水玉模様のスカーフを首に巻きました。
19℃だと、スカーフをして、ちょうど良い感じがします。
ただし、日中の一番暑い時はスカーフは外した方が良いようです。

ちなみに、リバティプリントのシャツの手入れは、裏返して畳んで洗濯ネットに入れて、裏返したままハンガーにかけて部屋干ししますと、シワも出来ないし、縮まないし、発色も維持出来ます。
何気に、リバティプリントは優れものです。

Dr.マーチン・ブローグ・シューズで出発!

Dr.マーチン3989ブローグ シューズ

12日は、ふと思い立ってDr.マーチン3989ブローグ・シューズを履いて外出しました。
私は服や靴で、デザインが良い物は、あまり着なかったり、履かなかったりして、大切に保管してしまう悪いクセがあります。

この白黒のブローグ・シューズも、デザインが素晴らしくて、大切に保存していた1足です。
しかし、ただ置いているだけだと、もったいないと思って履いてみました。

やはり格好良いです。
Dr.マーチンの目印であるイエロー・ステッチが、白くなっています。

久しぶりに履いて、ご機嫌でしたが白いステッチを見ますと、あまりヘビーユーズは出来ないようにも感じました。
このDr.マーチン・ブローグ・シューズは、次はいつ履くのでしょうか?

オレンジ色に輝くランドローバー!

Discovery Sport

11日は、前日が雨だったので、ランドローバーで移動しました。
前日は雨でしたが、この日は快晴で、朝から強い日差しです。
コーティングをかけた車体は雨で洗われて、オレンジ色に輝いています。

やはりランドローバーはフワフワの乗り心地と、フカフカのシートで乗り心地が絶品です。
シートに関しては、新車で納車した時は、硬かったのですが、年月と共にフカフカになって来ました。

この乗り心地は、何時間乗っても疲れなさそうです。

ジャガーFタイプのエキゾースト音に驚く歩行者

Jaguar F-Type

10日は曇天の日でした。
雨の予報でしたが、早朝は降らないので、雨が降らないうちに、ジャガーFタイプに乗りました。

早朝の市街地を走っていましたら、ジャガーFタイプの、"パン!パン!"というエキゾースト音に驚いて、ビクっとなってい方が居ました。

驚かせて申し訳ないですが、そういう車なので仕方ないです。
特に違法改造などしていなくて、ノーマルで驚く音が出るので、これはもう、どうしようもないです。

フランソワーズ・アルディの名盤3枚

Ma jeunesse fout le camp...

フランスのシンガー・ソングライター、フランソワーズ・アルディは、たまに無性に聴きたくなるアーティストです。
その全盛期は'60年代初めから、'70年代前半頃です。
そんな全盛期彼女のアルバムを全て聴いている私が、選ぶベスト3枚を年代順に紹介致します。

まずは上のジャケットの"Ma jeunesse fout le camp..." (1967年)です。
タイトル曲が圧巻です。
このアルバム制作時にアルディさんは、自身の会社を立ち上げた、最初のアルバムとなります。
プロデュース業も彼女が携わっていて、才人である事が分かるアルバムとなっています。



Ma Jeunesse Fout Le Camp [Analog]
Francoise Hardy
Warner
2019-02-07



Comment te dire adieu

次の名盤は"Comment te dire adieu" (1968年)です。
アルディさんの名盤はジャケットが有名ですが、ちょっとした音楽通な方は、このジャケットにピンと来た方も多いのではないでしょうか?

タイトル曲は、あまりにも有名で、結果的にアルディさんの代表的な曲になっています。
実はカヴァー曲で、元は英語の曲でしたが、セルジュ・ゲンズブールにフランス語の作詞を依頼したエピソードは有名です。
元々、シンガー・ソングライターであるアルディさんですが、カヴァー曲が代表的な曲になってしまったという皮肉ですが、アルバムの中で、彼女の自作曲もなかなか良いので、一聴の価値はあります。




Comment te dire adieu
Hardy, Francoise
Virgin France
1997-01-27



La question

次の名盤は、"La question"(1971年)です。
'70年代前半に入りますと、アルディさんは、吟遊詩人のような作風になって行きます。
その決定打が、"La question"です。
このジャケットも有名なので、音楽通の方ならピンと来ると思います。

このアルバムはブラジルのミュージシャンとコラボレートして、制作されたアルバムです。
アルバムは、殆どアコースティック・ギターの演奏で、その分、アルディさんの浮遊感あるボーカルが聴きどころとなっています。
ボーカルに、程よくエコーが、かかっていまして、よりボーカルの浮遊感を感じられるようにレコーデインングされています。

突き抜けた楽曲はないのですが、空間を漂うアルディさんの声が幻想的な仕上がりとなっています。
このアルバムは聴き込と味わい深くなり、楽曲をバラバラに聴くよりも、アルバムを通して聴く事をお勧めします。

なお、"La question"は評論家から最も高く賞賛されているアルディさんのアルバムである事も付け加えておきます。





La Question (Fra)
Hardy, Francoise
Virgin France
1997-01-27

寝坊した朝もジャガーFタイプ!

Jaguar F-Type

8日は、いつも5:00を目標に起床する私が、珍しく5:20と寝坊しました。

時間を見て驚き、毎朝やっている体重測定、Macのメールチェック、産経新聞と朝日新聞の電子版を読むルーティーンは省略しました。
一応、天気予報だけチェックし、着替えて朝食を食べて、髪をセットしました。

寝坊しても、毎朝のルーティーンを省略する事で、いつもと同じ時間に家を出る事が出来ました。
不思議なものです。

そして、ジャガーFタイプに飛び乗り、移動しました。
完全に、ジャガーFタイプは日常の足となっています。

ファッションは楽しいです!

Paul Smith

7日は北の中核市では、最低気温16℃、最高気温26℃の真夏日です。
ライダースジャケットでも大丈夫かなと、早朝に来てみましたが、思っていた以上び湿気があり、蒸れそうな気がしました。

そこで、ライダースジャケットを脱いで、リバティプリントのシャツにストールを巻いてみました。
私は元からファッションが好きなので、パンクなファッション以外でも、オシャレを楽しむ、すべを知っています。

ファッションは楽しいです!
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ