★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

これからも、平和な日が続けば良いと思っています

kesiki

10日は、ゆっくりしていました。
これからも、平和な日が続けば良いと思っています。

The Whoのサウンドの要は、地震のように"ドスン!"と鳴るリズムです

MY GENERATION / LTD.ED

10日は終日、The Whoを聴いていました。
用事で出かけた時もありましたが、それ以外はスピーカーからThe Whoのサウンドが鳴り響いていました。

The Whoのサウンドの要は、地震のように"ドスン!"と鳴るリズムです。
この、"ドスン!"と鳴るリズムは、キース・ムーンのドラムとジョン・エントウィッスルによるものです。

このリズムは、本当に病みつきになるリズムです。
The Whoの曲を、他のバンドがカヴァーしても生まれて来ない、唯一無二のリズムだと思います。

MY GENERATION / LTD.ED
WHO
POLYD
2016-11-18

紅茶が大好きです。

 Fortnum & Mason

紅茶が大好きな私です。
紅茶は自分で飲むのであれば、個人的にはティーバッグ派です。


紅茶でも好きな種類は、アールグレイです。
そして、好きなブランドはこの青緑色のパッケージのフォートナム&メイソンです。

今日はティーポット2杯で計4個のティーバックを消費しました。
ちょっと飲み過ぎでしょうかね?

三毛

三毛

今日は疲れました。
三毛で勘弁して下さい。

暴力は決して勝利しない。自由こそが勝つ

There's a Riot Goin' On

早起きの私は、新聞の電子版とテレビのニュースを見て驚きました。
トランプ大統領の支持者らが連邦議会議事堂を囲んで内部に侵入し、占拠したというニュースです。
しかも、4人も死亡しています。

この報道を知り、胸が痛みました。
しかも、民主主義の国と言われた、アメリカで起こった出来事です。

しかし、トランプ政権で4年間副大統領を勤めたペンス副大統領は、この事態に、『暴力は決して勝利しない。自由こそが勝つ』と非難しました。

4年間に及ぶ、政治は素人であったトランプ大統領の元で、政治経験があるペンス副大統領が支えていました。
トランプ政権に関しては今後、歴史的な考察が必要となると思われますが、トランプ大統領の突飛な発言を政治的に現実路線の軌道に乗せるには、ペンス副大統領の尽力が必要だったと思われます。

私は、ペンス副大統領が、無茶を言うトランプ大統領に付いて行ってることに、不思議でなりませんでした。
しかし、この連邦議会議事堂の侵入占拠に関して、『暴力は決して勝利しない。自由こそが勝つ』という発言は、民主主義社会の名言だと思います。

ペンス副大統領は、任期最後にして、経験ある政治家としての良心を見せたのだと思います。
最後の最後に、トランプ大統領に我慢が出来なくなったのでしょうか?

There's a Riot Goin on [12 inch Analog]
Sly & The Family Stone
Music on Vinyl
2017-06-23

この冬もロックな服装で通します!

ライダース

どんなに寒くても、ライダースジャケットで冬を通す私です。
ライダースの場合は、首元の防寒が重要ですが、近頃はインドスカーフで防寒しています。
思いの外、暖かいです。

この冬もロックな服装で通します!

朝6:00からロック!

Spotify

私は朝6:00にシャワーを浴びる習慣があります。
シャワーを浴びる際は、脱衣所に置いたスマートフォンのスピーカーでロックを聴いています。
この時は、Spotifyから自分の好きなアーティストのアルバムをチョイスして聴きます。

特に朝は派手なロックを聴くことが大好きです。
一時は、シャワールームに防水機能が付いてある、Bluetoothスピーカーを導入させることも検討致しましたが、シャワーの度にベアリングさせることが面倒なので、スマートフォンのスピーカーをフルボリュームで聴くことで我慢して聴いています。

今季の冬は本当に寒いです。

Discovery Sport

今季の冬は、本当に寒いです。
冬は決して嫌いな季節ではない私も、根を上げそうです。

年末年始に、寒波が訪れたと思いましたら、また寒波がやって来そうです。
天気予報では、1月9日が最低気温が氷点下11℃の予報です。

いつもであれば、2月初旬の寒さだと感じます。

1人黙々と終日マニアックなロックを聴き続ける1日

Jesus of Cool

3日は、1人黙々と膨大なロックの音源を聴いていました。
そんな時間を過ごすことで、自分自身のルーツを確認することが出来ました。
『己とは、何か』とね。

私のルーツは、10代後半から続く、1人黙々と終日マニアックなロックを聴き続ける1日です。
膨大に集めた音源は、私も把握し切れない数です。

マニアック過ぎて、誰とも音楽に関する会話が合わないです。
大学生の頃に友人から、『みんなが知っている音楽を聴かないと、会話に合わないじゃない?』と言われました。
私は、『冗談じゃない、人と話を合わせるために、好きでもない音楽を聴くなんて!』と思いましたが、決してその事を口にしませんでした。

それは、現在でも続いています。
新旧の音源を聴く事に没頭しています。

それは、ひとえに私はパーティーで盛り上がるタイプの人間ではなく、1人自宅のスピーカーの前で盛り上がる内向的な人間だからです。

上のジャケットは本日、一番気に入ったニック・ロウの"Jesus of Cool"です。

Jesus of Cool
Lowe, Nick
Proper
2008-02-25


正月も朝は真っ暗!

kesiki

正月も関係なく、早起きしている私です。
3日は、5:26に起床致しました。
私としましては、ちょっと寝坊したような時間です。

毎朝恒例の体重測定を終わりましてから、外へ出ました。
気温は氷点下12℃です。

いつも、5:00台は車が少ないのですが、正月のためか、いつにも増して少なかったです。
たまたま、写真を撮影していましたら、交差点に接近する車が映りました。

ちなみに、歩行者は私を含めて2名でしたよ。

気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ