★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

ウェスティンホテル東京

ウェスティンホテル東京で…。

ウェスティン













25日の晩は、恵比寿のウェスティンホテル東京に宿泊しました。
内装は上の写真のような、純粋な西洋風です。

到着してすぐに、ホテルのエグゼクティブ・ラウンジで、オードブルとエビスビールを頂いていたら、前の席に座っていた女性が、衣装カバーをかけた服をハンガーでソファーにかけていました。
ラウンジには、似合わない持ち物です。
また、その女性の向かい側に居た若い女性は、外国人風の顔立ちで、背が高く手足も長い方でした。
でも、凄く流暢な日本語を喋り、声も日本人そのものでしたので、ハーフの女性だと分かりました。
顔を見ると、どこかで見たことのある顔です…。
そうです。
それは、某ファッション誌に出ているモデルさんだったのです。
一緒に居る女性が衣装カバーをかけた衣装を持っている所を見ると、恐らくホテルの部屋をデイユースで借りて撮影があったのでしょう。
でも、そのモデルさんが、結構食べることに驚きました。
皿に何度も、てんこ盛りのオードブルを持って来るのです。
そして、とにかく喋る喋る。
一緒に居る女性も、一生懸命に聞き役になっています。
こんなに喋って、食べていたら、ストレス溜まらなそうです。

下の写真は、ホテルの部屋から眺望です。

景色

ホテルに着いたら地震

24日は、気分転換に恵比寿のウェスティンホテルに宿泊しました。
しかし、チェックインして部屋に入ると間も無く、震度4の地震が襲いました。
まぁ、地震そのものには慣れている私ですが、一番困ったのは、エレベーターの停止です。
ちょうど、夕食でも食べようかと思っていたのすが、困りました。
なぜなら、部屋は21階だからです。
でも不幸中の幸いは、偶然この日は、部屋がエグゼクティブ・フロアだったからです。
階段で17階のエグゼクティブ・ラウンジに降りて、開き直って飲み食いしていました。
でもエグゼクティブ・ラウンジの食事は、ハムやサラミのような肉系の軽食が主で、物足りなさを感じました。
約1時間後にエレベーターの運用が再開された時は、真っ先にホテル一階のビュッフェに駆け込み、野菜料理やサラダ、パスタを選びました。
やはり、軽食を食事にするのは難しいことを感じました。
それを考えたら、コース料理や定食というセット料理は素晴らしい組み合わせなのだと思った次第です。

image

ウェスティンホテル東京滞在中

7日は、翌日のマスターズ大東京展の授賞式のため、ウェスティン・ホテル東京に滞在しました。
実は、ウェスティンホテル東京は好きなので、何度も泊まっています。
ホテル好きです。
電話一本で、何でも、やって頂けるので…。

0ac40226.jpg

ホテル行脚

旅人の絵描きは、今度は渋谷のセルリアンタワー東急ホテルに宿泊しました。今度の旅で、ウェスティンホテル東京→フォーシーズンズホテル椿山荘→セルリアンタワー東急ホテルと、豪華なホテルを堪能しました。どのホテルにも、個性があり、なかなか良かったです。でも、豪華なホテルばかり泊まって、何も買い物出来ないという状況に陥りました。6月は、もう旅に出ずに、大人しくしていましょう。写真は地上27階から見た渋谷の様子です。94f29ee5.jpg
d2870097.jpg

また放浪

2004590f.jpg

また放浪の旅に出ました。
性懲りもなくという感じです。
恵比寿ですよ。

またまた、ビール飲みそうです。
というか、もう飲んでます。
構想中の作品は、いつ完成するのでしょうか?!
9d0c267b.jpg

写真を見たら、居場所がバレてしまうので、初めから言っておきます。

59e4e72c.jpg

ウェスティンホテル東京です。

※この記事は投稿当時の文章を損なわない程度に、2016年12月8日に修正致しました。
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ