★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

ポールウェラー

久し振りにポール・ウェラーを聴いたら…

BBC













昨日、久し振りにポール・ウェラーの“At the BBC”を聴いたら、以前聴いた時より、なかなか良く感じました。

ポール・ウェラーは、長いキャリアの中で、様々な音楽ジャンルにチャレンジした方なので、ロックに留まらず、音楽の幅が広いように感じます。
一時期、ポール・ウェラーは、R&Bやジャジーな曲調が多い、スタイル・カウンシルを結成して『ロックから離れた』と批判された時がありましたが、今はちゃんとロックをやっています。
しかし、同じロックでも、あらゆるジャンルの音楽をやった経歴が滲みでるような響きをしている気がするのです。
結局、結果的にスタイル・カウンシルは、ポールにとって、やっておいて良かったキャリアだったのだと感じました。

At the BBC
At the BBC
クチコミを見る

The Enemy

83cdd154.jpg

人はあるバンドを好きになるには、まずCDを聴いて好きになり、ライブに行ったりするようになります。
しかし、私にとってThe Enemyは初めてライブで知って気に入ったバンドです。

今年のサマーソニックの2日目の第一発目がこのThe Enemyでした。
まだ、午前中だというのに、マリンスタジアムを熱狂の渦に巻き込みました。
The Enemyは3ピースのバンドで、ソングライター、ギター、ボーカルのトム・クラークがまるで、若き日のポール・ウェラーにそっくりで、まるでThe Jamのライブを観ているような錯覚にさせます。
ボーカルの発声や大粒の汗をたらして、青筋立ててシャウトする姿はポール・ウェラーそのものです。

こういったバンドの音は、The Jamや初期The Whoとか、そういったバンドのファンにはたまらないと思います。
心当たりある方は今すぐThe EnemyのCDを買いに行きましょう。
4e88e970.jpg










どことなく若き日のポール・ウェラーと雰囲気が似ているソングライター、ギター、ボーカルのトム・クラーク。

58f730c7.jpg






この写真は、音楽雑誌ではありません。ファッション雑誌のSoup最新号での1コマです。日本のファッション雑誌からも取材を受けるなんて凄い人気です。
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ