★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

マイルズ・ケイン

マイルズ・ケインが歌う"マネー"

You've Always Been Here

The Jaded Hearts Club (ザ・ジェイディド・ハーツ・クラブ)でマイルズ・ケインが、"Money (That's What I Want)"のカヴァーのボーカルを取っています。

"Money (That's What I Want)"はモータウンのシンガー、バレット・ストロングがオリジナルです。



オリジナルでは、モータウン・サウンドとバレット・ストロングのソウフルなボーカルが魅力の曲となっています。

"Money (That's What I Want)"は、ビートルズがカヴァーして世間に、この曲を再認識させました。



ビートルズのバージョンは、完全にロックな演奏となり、ジョン・レノンは渾身のシャウトをしています。

そして、The Jaded Hearts Clubのバージョンです。



まず、The Jaded Hearts Clubの演奏はオルタナ風になりました。
マイルズ・ケインのボーカルは、オリジナルのバレット・ストロングではなく、ジョン・レノンのバージョンを参考にしているようです。
マイルズも、しゃがれた声でシャウトしていますが、その歌声が、どこかエレガントに聴こえてしまうので不思議です。

ボーカルの声質から受ける印象の不思議さを実感致しました。

You've Always Been Here
Jaded Hearts Club
Infectious Music
2020-10-02

マイルズ・ケインが歌うザ・ジェイディド・ハーツ・クラブ

You've Always Been Here

マイルズ・ケインの大ファンの私です。
マイルズがバンドのメンバーとなった、The Jaded Hearts Club (ザ・ジェイディド・ハーツ・クラブ)の待望のアルバム"You've Always Been Here" を聴き込みました。

バンドの名前の通り、初期のビートルズを連想させるカヴァー・バンドです。
そして、集まったメンバーが凄いです。

"You've Always Been Here" は、ザ・ズートンズのショーン・ペインがドラマーですが、他のメンバーが、マイルズをはじめ全員ギタリスト出身です。
ニック・セスター、マシュー・ベラミー、グレアム・コクソン、ジェイミー・デイヴィスは、それぞれ個々の活動ではギターを抱えてプレイします。

しかし、個性的なギターを弾くマイルズと、リズム・ギタリストのニック・セスターはボーカリストとしてThe Jaded Hearts Clubで歌っています。

マシュー・ベラミーも、なかなか良いギタリストですが、マシュー・ベラミーがギターを弾きますと、途端にミューズになってしまいますので、ベースを弾いているは賢明だと思います。
集まったメンバーの中で、最もギタリストとしてのイメージが強いグレアム・コクソンが、リード・ギターを弾いているのは納得が行きます。

バンドのサウンドで驚きましたのは、マシュー・ベラミーの爆音ベースの音色です。
ミューズで聴かせるあのギターの音が、そのままベースの音色になっているのです。

The Jaded Hearts Clubは、主にモータウンのカヴァーを取り上げていますが、私が気に入りましたのは、ガレージ・バンドであるソニックスのカヴァー、"Have Love Will Travel"です。
マイルズがボーカルを取っています。
これぞ爆音です!




You've Always Been Here
Jaded Hearts Club
Infectious Music
2020-10-02


マイルズ・ケイン×フレッドペリーの最高傑作

Mailes Kane

私の記憶が正しければフレッドペリーは、2017年のAWシーズンから、マイルズ・ケインとのコラボ商品を発表していたと思います。
以後、毎シーズンに渡りコラボレーションしているので、もう5シーズン目に入るかと思います。
マイルズ・ケインとフレッドペリーのどちらも大好きな私は、コンスタントに購入して来ました。

そして、ついにマイルズ・ケインとフレッドペリーのコラボ商品の、最高傑作に出会いました!
上の写真のフェイクファーのピーコートです。
私はファッション好きですが、本当に素晴らしい仕上がりになったと思います。

Miles Kane

まずは、表生地は黒いベロアで出来ています。
そして、襟から裏地にかけては、黒いフェイクファーで仕立てで、着ると凄く暖かいです。
同じ黒で分かり難いかと思いますが、上の写真でベロアとフェイクファーの境目を撮影致しました。

Miles Kane

そして、フレッドペリーと"Miles Kane"のタグを撮影致しました。
ゴールドのチェーンが、マイルズを連想させます。

ちょっと値段は張りましたが、"最高傑作"なので、大切に着ようかと思っています。

マイルズ・ケイン、努力のサクセス・ストーリー

Rascalize

4日は、終日マイルズ・ケインの全音源を聴いていました。
マイルズの活動を見ますと、まさに努力の人に感じられます。

マイルズは、リバプール近郊の人口約30万人都市、ウィラルの出身です。
ウィラルのマージー川を挟んだ対岸に、リバプールがあります。
ウィラルからリバプールは、車で20分と、まさに近郊です。
ちなみに、リバプールは人口約47万人都市です。

リバプールとウィラルのエリアはマージー川を挟んで、約80万人近い人々が居住する人口密集地帯であることが分ります。
マイルズは18歳の頃からギターを担いで、リバプールまで行ってリトル・フレイムスという女性ボーカルのバンドで、リード・ギタリストとして活動していました。


リトル・フレイムスの"Goodbye Little Rose"はMVとして、公に映像で初めて登場したマイルズが撮影されています。
殆どボーカルのエヴァさんを中心に撮影されていますが、マイルズはバンドの中で、一歩前に出てコーラスを入れて、当時からバンドでは目立っていたことが分ります。

転機は21歳の時に訪れました。
マイルズはリトル・フレイムスのベーシストとドラマーと共にザ・ラスカルズというバンドを組み、リード・ボーカル&リード・ギター、そしてメインのソングライターとして、まさにフロントマンとして活動するようになりました。


次の転機は22歳の時で、リトル・フレイムスとザ・ラスカルズで、アークティック・モンキーズのオープニング・アクトを務めた縁で、アークティック・モンキーズのフロントマンのアレックス・ターナーとバンドを組みました。
それが、ラスト・シャドウ・パペッツです。


2人のフロントマンからなるラスト・シャドウ・パペッツは、セールス及び評論家筋の双方で大成功を収め、やがてマイルズはロンドンに住むようになり、ザ・ラスカルズは消滅しました。
その後はソロ活動を始めるようになり、ノエル・ギャラガーやポール・ウェラー、アンディ・パートリッジなどのUKロックの大物と共作し、成功を収めるようになりました。

XTCのアンディ・パートリッジとソングライティングで共作した、"Better Than That"はマイルズの代表曲の1曲となりました。

そして、現在はロサンゼルスに拠点を置いて活動をしています。
ウェラルからリバプールへ、リバプールからロンドンへ、ロンドンからロサンゼルスという人生は努力で勝ち得た成功なのだと思います。


"Loaded"のロサンゼルスの夜景をバックに歌うマイルズは、リトル・フレイムスやラスカルズのようなローカルなインディ・ロックのバンドで活動していたことなど、想像も付きません。

Rascalize
The Rascals
Deltasonic / Hostess
2008-07-08

マイルズ・ケインが人々から愛される理由

Blame It On The Summertime

6日は、終日マイルズ・ケインの曲を聴いて過ごしました。
正直、マイルズ・ケインの曲を聴きますと、現代がギター・ロック不振の時代であることを忘れてしまいます。

マイルズは音源に関して、決して売れっ子のミュージシャンではないですが、ツアーでは本国英国で、チケットが軒並みソールドアウトという人気振りです。
まぁ、現代の音楽が音源で収益を稼ぐのではなく、ライブででの収益が主となっているので納得です。

実際に、その活動は2011年以降は、途中でラスト・シャドウ・パッペツでの活動を挟みつつ、何かしらの新曲をリリースしたり、ライブ活動をし続けています。
その勢力的な活動に、目を見張るばかりです。
まさに、2010年代を生きる現代的なロック・ミュージシャンだと思います。

また、マイルズは同世代やミュージシャンだけでなく、大御所ミュージシャンからも信頼が厚く、幅広くコラボレーションをしていることも特徴です。
インタビューの動画を観ますと、そのオシャレなルックスとは対照的に、ゲラゲラと大笑いして屈託のない笑顔を見せる所が、愛されている証拠なのだと思います。

スペインのイビザ島で撮影された、"Blame It On The Summertime"のMVでも、マイルズのゲラゲラ笑う声が最後に収録されています。
イビザ島と言えば、世界で最高峰のクラブ・ミュージックの聖地なので、マイルズはMV撮影の前後にはクラブに繰り出していたと思われます。
それも、ミュージシャンとしての勉強ですからね。



3ヶ月未満で新曲を2曲もリリースしたマイルズ・ケイン!

Blame It On The Summertime

2019年6月12日に"Can You See Me Now" をリリースしたマイルズ・ケインです。
すると、今度は2019年9月4日に"Blame It On The Summertime"をリリースしました。
まだ3ヶ月も経っていないのに、新曲を発表するとは、マイルズのクリエイティブな才能が充実している証拠だと思います。

私は事前にマイルズのInstagarmで、9月4日に"Blame It On The Summertime"のリリースを告知されていましたので、Spotifyで予約しまして、9月4日の朝起きてすぐに聴きました。
本当に、便利な時代になったと思います。

"Blame It On The Summertime"を最初に聴いた感想は、マイルズの個性的なギターの音色の主張がないことに気付きました。
よく聴きますと、イントロで少し個性を披露し、リズム・ギターで控えめに主張しています。

曲そのものは、『グラムロック+ビーチ・ボーイズ+マイルズ節』といった所でしょうか?
Lylicsは、最近のマイルズの曲に多い、未練がましい失恋ソングです。
恋愛に関し開放的なイメージを持つ夏を、"Blame It (非難する)"ですからね。

"Blame It On The Summertime"をリリースしたタイミングが、真夏の8月ではなく9月であることもポイントかと思います。
"夏を非難する"という曲で、ビーチ・ボーイズ風な曲調を演奏することで、皮肉っぽく聴こえる所が、マイルズのイギリス風の皮肉や、キンクスの影響なども感じられます。

"Can You See Me Now"と"Blame It On The Summertime"は、アルバム"Coup de Grace"と作風が同一であることから、アルバムのアウトテイクのようにも聴こえますが、新たにレコーディングした曲である可能性も否定出来ません。
その真実は、時間が解決してくれるかと思います。

いずれにしましても、アルバム未収録の曲を年に2曲もリリースするのは、マイルズのキャリアで初めてのことなので、マイルズの創造性が高まっていることは、否定できません。

下のYouTubeで、"Blame It On The Summertime"を聴くことが出来ますが、曲がリリースされたばかりで、まだMVは出来上がっていないようです。




マイルズ・ケイン全アルバムの解説

Miles Kane

6日は、マイルズ・ケインのアルバムを聴きまくりました。

全体的に、一通りききまして、『マイルズは、ロックな人だ』と痛感しました。
キャリアの早いうちから、エレクトリック・ギターとボーカルを中心としたSSWとしての活動は2010年代としては正解だったと思います。
2010年代は、バンドよりもSSWの方が主流であり、ロック・マニアからすると残念な時代ですからね。

SSWとして活動するマイルズも、バンド魂を忘れずに、必ず誰かと共作したり、セッションしたりして、曲をリリースする姿が、ロックに感じました。

Rascalize

まずは、2008年のザ・ラスカルズの"Rascalize"です。
リバプールのローカル・バンドであったリトル・フレイムスのリード・ギタリストであったマイルズが、リトル・フレイムスとは別活動として、ザ・ラスカルズを結成します。
ザ・ラスカルズのリズム・セクションであったベースのジョー・エドワーズ、ドラムのグレッグ・ミグホールの3人ですが、マイルズはボーカリストとソングライターとして、フロントマンとしてのデビューを飾ります。
結果的にキャリア史上、マイルズのサイケなギターが思う存分、堪能出来る1枚となっています。
ザ・ラスカルズとしてバンド名義ではありますが、この"Rascalize"がマイルズのファースト・アルバムと定義しても良いでしょう。
Rascalize
The Rascals
Deltasonic / Hostess
2008-07-08


リトル・フレイムスとザ・ラスカルズが、アークティック・モンキーズの対バンだった縁で、アレックス・ターナーとラスト・シャドウ・パペッツを結成し、マイルズは一躍スターになりました。
結果的にザ・ラスカルズもリバプールのローカル・バンドに陥ってしまったことで、マイルズはロンドンに出て来ます。

Miles Kane


そして、アークティック・モンキーズのアレックス・ターナーとソングライティングを進め、スーパー・ファーリー・アニマルズのグリフ・リースのプロデュースでアルバムを完成させました。
それが、2011年の"Colour of the Trap"です。

COLOUR OF THE TRAP
MILES KANE
COLUM
2011-05-06


ブリット・ポップのバンドであるスーパー・ファーリー・アニマルズのクリエイター、グリフ・リースの助言もあり、ブリット・ポップを2010年代に再現させる手法を確立させています。
この"Colour of the Trap"が、現在までにおけるマイルズ・ケインの作風を決定付けるアルバムとなっています。

Don't Forget Who You Are

2013年の"Don't Forget Who You Are"は出身地、リバプールに縁があるブリット・ポップ・バンド、The Lightning Seedsのイアン・ブルーディーをプロデューサーに迎えました。
そして、ポール・ウェラー、アンディー・パートリッジといったUKロックの大御所とソングライティングしたり、レコーディングをして、更にブリット・ポップの正統な後継者であることを印象付けました。

大御所のミュージシャンと共作、共演したマイルズは、一流のミュージシャンとして認められました。
Don't Forget Who You Are
Miles Kane
Imports
2013-06-11



英国の国内で、英国スタイルのロックで成功したマイルズは、その後活動の拠点を、何とロサンゼルスに移してしまいます。
2016年は、アレックス・ターナーとのユニット、ラスト・シャドウ・パペッツの新作のリリースとツアーに明け暮れ、2018年に"Coup De Grace"をリリースしました。

Coup De Grace


しかしながら、"Coup De Grace"は米国風のサウンドではなく、またもや英国風でした。
それもそのはずで、同世代の英国のSSWのジェイミーTと2人で、レコーディングしたからです。
プロデューサーは、米国人ながら、英国のミュージシャンと縁が深いジョン・コングルトンを起用しています。
共作したジェイミーは、のどかにアコギを弾いているタイプのSSWではなく、ヒップホップを大胆に導入したストリート寄りのSSWです。
結果的にグラム・ロックやパンク・ロックといった、ブリット・ポップでも、ストリート寄りの音作りになりました。

Coup De Grace
Miles Kane
Virgin
2018-08-10



リバプールからロンドン、そしてロサンゼルスに活動拠点を移して行ったマイルズ・ケインです。
何かと、ロックという音楽がマニアックに陥って行く2010年代を、自らの知恵と人脈でサヴァイヴして行く姿は、頼もしく感じてしまいます。

マイルズ・ケインの"Coup De Grace"が、UKのiTunes Chartsで12位!

Coup De Grace

8月10にアルバム、"Coup De Grace"をリリースしたマイルズ・ケインです。
本日、iTunes Charts - Apple (UK)で12位でした。

このBlogを書いている時間で、英国の時間は14日の午前4時です。
今後、チャートアクションが、どうなるか楽しみです。

でも、心配なのは日本のメディアからは、現時点で取り上げられてないことです。
推測するに、これまでのアルバムのレーベルは本国ではCBSで、日本のSONYがプロモートしていたのですが、今回から本国ではVirgin EMIでリリースしたことです。

Virgin EMIは、日本ではユニバーサルミュージックが担当するのですが、日本のユニバーサルでは静観しているようです。
今回は、日本盤CDのリリースはされていませんが、本国のチャートを見て検討するのでしょう。

聴くと、とどめの一撃を受けるアルバム

Coup De Grace

本日、マイルズ・ケインのアルバム、"Coup De Grace"がリリースされました。
聴いた感想は、『意外とパンクだった』です。

マイルズはこのアルバムのために、情報を小出しに出していました。
2016年は、ラスト・シャドウ・パペッツの活動に費やしていました。
2017年に入ると、無精髭姿でジムでトレーニング動画が公開されました。
そのうち、活動の拠点をLAに移したという情報や、フレッドペリーとコラボしてアパレル産業にも参入するようになりました。

そのヴィジュアルは、リバプール出身の線が細い若者から、やさぐれたハリウッド俳優のように変化しました。
そのうち、イギリスのSSWのジェイミーTとスタジオに入っている写真がSNSで公開されたり、アメリカのSSWのラナ・デル・レイがマイルズとレコーディングしているというインタビューが入って来ました。

そして、マイルズがインタビューで、次のアルバムはダムドのようなパンクなアルバムになると語っていました。
マイルズのファンである私は、情報が出る度に謎が深まるばかりでした。

そして、今年に入りアルバムの中から、3曲が先行リリースされました。
2曲はMVが公開されましたが、どこかバイオレンスな映像です。

でも、本日の"Coup De Grace"のリリースで、謎が全て解決しました。
マイルズは、LAでジェイミーTと一緒に、パンクなアルバムをレコーディングしていたのです。

私はジェイミーTのファンでもあるので、ジェイミー色が強くなるかと思いきや、マイルズ色が強いアルバムでした。
ジェイミーTは、バッキング・トラックで協力はしていますが、あまり自身の色は出さずに黒子に徹しています。

そして、LAでレコーディングしたので、アメリカンな感じになるかと思いきや、ファンキーな"Coup De Grace"や、ラナ・デル・レイの影響を感じさせる"Loaded"など、何曲かはアメリカを感じさせる曲はありますが、基本はUKロックなアルバムでした。

まぁ、英国人同士のマイルズとジェイミーがアルバムをレコーディングすれば、どこでレコーディングしても、UKロックにはなりますね。

タイトルの"Coup De Grace"とは、『とどめの一撃』の意味です。
マイルズは、約1年半の期間をかけて、『マッチョなパンク・アルバム』をレコーディングしていたのです!

全ては、謎が解けました。

Coup De Grace
Miles Kane
Virgin
2018-08-10

重くて艶っぽいマイルズ・ケインのギター・ソロ

Cry On My Guitar

マイルズ・ケインの"Cry On My Guitar" がリリースされました。

まずは、イントロから重低音が鳴り響く、バック・トラックが注目です。
重低音がシーケンサーなのか、ベースにエフェクトをかけているのか、聴いていて悩みます。

こういったセンスは、今回アルバムで共作しているジェイミーTのセンスが感じられます。

曲そのものは、T.Rex風の曲調ですが、マイルズ・ケインの個性も感じられます。
ボーカルもT.Rexのマーク・ボラン風に歌っています。
以前からマイルズが、次のアルバムはグラム・ロックやパンク・ロックにインスパイアされたものになると、インタヴューで話していましたので、なるほどと納得です。

そして、"Cry On My Guitar" というタイトル通り、重くて艶っぽいマイルズのギター・ソロが聴き所です。



ライブでギターを弾きまくったら、盛り上がれそうな曲だと感じました。
そうしましたら、"Cry On My Guitar" のライブが動画がBBCでアップされました。



ギター・ソロが、ボーカルに比して大きな音で鳴らされていますので、恐らくライブでは爆音で演奏されているのでしょう。
懸念の重低音サウンドはベースで演奏されていますので、恐らくはベースなのでしょう。

マイルズは、フレッドペリーとコラボした白いトラック・スーツを着ていて、とても格好良いです。
でも、これはマイルズが着ると格好良くなるので、他の方が同じように着ても微妙な感じになるかと思います。

気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ