★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

住民票

ネット選挙運動解禁で若者の投票率は上昇するのか?

今夏の参院選からインターネットを使った選挙運動が解禁されるそうです。
若者の投票率を向上させることが目的のようです。

でも、私は若者の投票率は向上しないように思うのです。
その壁は、住民票です。
例えば地方の若者は、高校卒業と同時に住民票を移動させず、遠くの大学や専門学校に進学したり就職したりすることが多々あります。
わざわざ選挙のために、長時間かけて地元に戻って投票するでしょうか?
それは、否です。
また、就職したとしても、若年の労働者の労働環境は、ハードです。
サービス残業だらけの長時間労働だったり、住民票を移動させないまま転勤を繰り返すのは想像に難くないです。
長時間労働になると、投票日に行けないばかりか、期日前投票にも行けない可能性も出て来ます。

もし、どうしても若者の投票率を上げるには、進学や就職、転勤などの際であっても住民票の移動を義務付け、罰則を設けないと無理です。
何より、毎年開催される成人式で、遠方に転居した20歳の者同士が、一斉に故郷に帰り、同窓会状態になるのは、住民票を移してない証拠なのですから…。
でも、かと言って今から住民票を移したとしても、住民票を移動させて3ヶ月以上経ってないと、現在住んでいる居住地での選挙権がないので、7月の参院選には、もう間に合わないと思います。

また、若年者の過酷な労働条件では、投票日に行けないばかりか、期日前投票にも行けないと思います。
そうなると、期日前投票所をコンビニ並みに24時間行けるようにしないと、無理でしょう。

あと、頻繁にインターネットを利用する私から言わせると、“ネット万能論”は時代遅れのように感じるのです。
なぜなら、インターネットのニュースなどは、現状では、どこかの新聞社の記者が書いた記事を転載しているだけです。
また、マスコミが書いた記事に嫌悪感を感じ、一般市民が書いたインターネットの情報を妄信する方も居られますが、一般市民が、わざわざイスラエルのガザ地区に出向いて、Twitterで、
“ガザ地区なう”とツイートする方は居るでしょうか?
記者でもないのに、そんな危険な所にわざわざ出向いてツィートする方は居ないと思います。
結局、マスコミの情報に頼らざるを得ないのが現状だと思います。
ITビジネスが、始まった当初は、“ネット万能論”が、まかり通っていて私もそう思いかけましたが、現代から見ると懐疑的です。
そこで、重要になるのが、結局は“メディア・リテラシー”を身に付けることではないかと思います。

多分、インターネットを使った選挙運動をしても、いつも選挙前にポストに入っている候補者のチラシ以上の事は書かれないような、予感がするのです。
恐らく、チラシの情報がネットに移っただけのような…。

あつ!候補者にとっては、インターネットを使った選挙運動は、チラシの印刷代の節約になって良いかも知れないですね!

Cat






期日前投票に行ってきました

ブログネタ
選挙に行きますか? に参加中!
7ba0fab5.jpg

今日はちょっとだけ、朝早起きしました。
早起き大好きです。
一日が長くなるような気がして、時間を得したと思うからです。

先日、参院選の期日前投票に行ってきました。
選挙は必ず行くようにしていますが、選挙に関して様々な方からお話を伺うと、『住民票が実家にあるので投票へ行けない』という声が結構多数ありました。
住民票については、私は持論があって、『引っ越したら必ず住民票を移す!』という考えがあります。
どんなに遅くとも、就職して実家から離れたりした場合、住民票を移さなければいけません。
就職した翌年から、住民税を払わないといけないのですが、住民票を移してないと、自分が住んでいない所にお金を払い続けていく訳です。
つまり、住民票を移していない人は、自分が住んでいる市町村のゴミ出しから下水道などのインフラに関して、文句を言う資格がないのです。
住民税を現在の居住地で払わないということは、レストランでお金を払ってないのに『水も出さないのか!』と怒るのと同じです。
権利を主張するならば、義務を果たさなければならないのです。

選挙に関して、いつも私は選挙区と比例区は真逆の党に投票します。
例えば、選挙区は民主党推薦候補者で比例区は自民党に投票するというようにです。
しょうがないですね。
私、無党派ですから…。
それだけでなく、政治家の先生に対し、偏りなくバランスを持って議論してもらいたいという気持ちがあり、一党独裁の状況を避たいからです。
特に今回の参院選は民主党もちょっとなぁと思う一方、もう自民党はこりごりという気持ちがあります。
入れる党がないのですが、とりあえず投票してきました。
ちなみに、比例区では、いつも党名を書く派です。
人寄せパンダには騙されませんよ。

191c006a.jpg

まあ、見ていて下さい

今日も制作日です。
アイデアが煮詰まるとネット見たりして、気分転換し、一息入れたらまた再開という繰り返しです。
GWだと言うのマンションにこもりきりで、実に不健康です。

制作では、いくつかクレイジーな試みも、試しています。
まあ、見ていて下さい。
まだお見せはできませんが…。
別に出し惜しみしているわけじゃありませんけどね。

DSCN1273











写真の奥に積み上げられた本が見えますが、雑誌の『美術手帳』や日本史や三島由紀夫の本です。
その手前の白い書類ケースに、構想スケッチを入れています。
グリーンの封筒は定額給付金申請書です(笑)

住民票、きちんと移していますか?
大学生や新社会人、転勤族で引っ越した方などは、住民票を移していないと、定額給付金は実家の口座に入るだけですよ。
それだけでなく、選挙も実家に帰らないと投票できませんよ。

現在、若年層の声が、政治に反影されないのは、若年層が引っ越しても、実家から住民票を移さないことに原因があると、個人的に思います。

Communication Breakdown

最近、日本人のコミュニケーション能力が低下しているような気がします。
高度経済成長期までは、日本人は大家族でしたが、そのうち核家族になり、核家族も崩壊して、単身世帯ばかりになってしまいました。
それは、日本人の人口そのものは、そんなに増えてないのに、やたらマンションばかり増えている昨今の住宅事情が物語っています。
かく言う私もマンションに住む単身世帯です。
昔、バブル経済の時代までは、『いつかはマイホームを』と言っていたのが風前の灯火になった感があります。
何しろ単身者が多いので、マイホームというより、1人で住みやすいスペースがあれば、それで良いということになります。
もし、単身者が一軒家に住んだら、掃除が大変になりますからね。
また、男女共に30歳を過ぎても独身であることは、珍しくなくなりました。
我慢を続けて無理に婚姻関係を続けているより、単身の方が楽なのかも知れません。
でも、昨今の社会情勢を見ると、コミュニケーション能力の低下による問題が多いと思います。
住民票登録もしてない人も居るため行政も把握出来ず、地域のコミュニティーも崩壊が進んでいるそうです。
きっと余計な対人関係は、めんどうなだけと、割り切って考えてしまうのでしょう。

私自身も単身者で、自分でコミュニケーション能力に自信があるという訳でないので、自ら戒めないといけないと思います。


ce47aed2.jpg
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ