★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

可処分所得

独身男性は罪なのか?

先日、初対面の方に『失礼ですが、独身ですか?』と聞かれました。
今時、独身男性はそんなにレアな存在でなくなっているとは思うのですが、独身は、そんなに恥ずかしい罪なことなのでしょうか?
世の中、女性にモテる男性とモテない男性が居て、単に私は女性にモテないだけです。
何が罪なのでしょうか?
何か犯罪をしでかして、法を犯した訳ではないのですけどね。
独身で悪かったな!

でも私は、独身だからこそ、ファッションや旅行、音楽ソフトなど、好きなことにお金を費やすことが出来るのです。
可処分所得が全て、自由に使えるお金ですから…。
ある意味、独身が究極の節約生活なのかも知れません。
所帯を養う必要がないですからね。

中央通

倹約生活のコツ…

4bcf9ac9.jpg











独身の単身生活が随分と長くなっています。
一応、独身単身生活の良い所も、悪い所も知り尽くしているつもりです。

結局、ここまで長く単身生活を続けていられるのは、その生活が好きだからだと思います。
単身生活の一番の魅力は、可処分所得が多いことに尽きます。
男性の場合、妻子が居る所帯を持っていると、色々出費がかさむのに対して、単身者は自分が困らない程度までなら、お金は使い放題です。

そんなことを考えると、所帯に対する出費を出さないようにしている私は、
『究極の節約家』なのではないかと、思ってしまいます。
そうです。
これまで独身単身生活者へ言われ続けてきた皮肉である、『独身貴族』というネガティブな言葉ではなくて、『所帯への出費を究極に抑えた、優れた倹約家』であるというポジティブな人間であると、捉えて頂きたいのです。
独身=最も優れた倹約家なのです。
日本人は、たとえ財産を持っていても倹約を美徳とする習慣があります。
それだからこそ、所帯生活費を倹約できる独身生活は、これ以上の倹約生活は、ないのではないのかと声高に言いたいです。

でも、時々恐怖も感じます。
孤独死にならないかと…。




気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ