体調が悪く元気がない私に対して、愛車ピーターラビット号(MGF)は元気一杯です。
2月に12ヶ月点検に出した際に、可能な限りたっぷりと新品の部品に交換したためか、この8ヶ月間故障知らずです。
中古車が1台買えそうな位の請求が来ましたけどね…。
普通の車は、8ヶ月間故障がないのは当たり前の話ですが、故障が多いピーターラビット号では奇跡のようです。
何しろ、今まで故障しなかった最長記録は8ヶ月間なので、まさにその記録を追い越しそうです。

まるで、車のパンフレットのように美しく撮れた写真です。
最近のデジカメの性能は凄いですね。
ピーターラビット号は、製造後13年以上経つ古い車なのですが、英国車は長く大事に乗ると、まるで宝石のように輝き出します。
不思議ですよね。
DSCN1114







横から見たところです。
車体の緑が、木立の緑に溶け込んでます。
DSCN1117







後ろの土手から撮影しました。
ワックスをかけた直後なので、鏡のように木々が写り込んでます。
くどいようですが、これでもピーターラビット号は、製造後13年以上経つ古い車なのですよ。
DSCN1115