★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

有楽町

第18回 公募マスターズ大東京展

DSCN2367












プリンセスの瞳・前髪ハラリ(53.0x45.5cm )『世界堂賞』受賞!!

第18回 公募マスターズ大東京展
会場 :東京交通会館・2F ギャラリー
    千代田区有楽町2-10-1
会期 :平成24年4月8日(日)〜4月14日(土)
開場時間:午前10時〜午後5時
     (8日は午後2時開場、14日は午後2時まで)
入場料 :入場無料

授賞式で痛恨のミス

8日は、マスターズ大東京展の授賞式に行ってきました。
あらかじめ、ネットで所要時間を調べて行ったのですが、宿泊していたホテルがある恵比寿から18分で、会場がある有楽町に着くと調べたのですが、電車の中の表示が22分の所要時間だったのです。
おかしいと思って、電車の中で携帯を使って調べたら、実は調べた所要時間を山手線のものだと勘違いしていて山手線に乗ったのですが、実は日比谷線であったのです。
痛恨のミスです。
そのため、授賞式が始まって2分の位で現地に到着してしまいました。
でも、本当に始まったばかりのようで大丈夫なようです。

展示している作品も観て来ました。
作品は会場の一番奥に展示されています。

126c1cec.jpg

加茂谷正俊 2011年の展示活動を総括!

2011年は何と言っても3月11日の東日本大震災の年です。
偶然ですが、私の2011年の展示活動は、地元である岩手県における展示活動が中心となりました。
数えてみると、2011年の展示活動は計5回でした。

展示その1
第17回 公募マスターズ大東京展
d6a24017.jpg











“じゃじゃ〜ん”(53.0x45.5cm )  
この作品は、何と3月10日に完成した運命の作品です。
搬入の遅れがありながらも、展示して頂いた、ジャパンアーティスト協会には感謝しています。

第17回 公募マスターズ大東京展
会場 :東京交通会館・2F ギャラリー
   千代田区有楽町2-10-1
会期 :平成23年4月10日(日)〜16日(土)

展示その2
そして、“じゃじゃ〜ん”は、第17回 公募マスターズ大東京展の選抜巡回も兼ねる、
第33回国際HMA芸術祭でも展示して頂きました。

第33回国際HMA芸術祭
主催 : 韓国心美会
会場 :朝鮮日報美術館
    韓国ソウル市 
会期 :2011年6月29日〜7月4日

展示その3
2011年08月から盛岡のヘアサロンであるプランタン フォー ヘアー
printemps FOR HAIRで私の小品、“プリンセスの瞳”をディスプレイして頂きました。
壁側の鏡台と鏡台の間にディスプレイされています。
プリンセスのひとみ












プランタン フォー ヘアー printemps FOR HAIR
盛岡市大通1-8-10 ダイワロイネットホテル1F
10:00〜21:00(最終受付 月曜日19:30 火曜日〜日曜日19:00)
現在もディスプレイ中

展示その4
第64回 岩手芸術祭 現代美術部門 
星のプリンセスの星の輝き












“星のプリンセスの星の輝き” (100.0×80.3 cm ×2 )
第64回 岩手芸術祭 現代美術部門 
会場:岩手県民会館
   盛岡市内丸13-1
会期:平成23年10月20日(木)〜10月23日(日)

展示その5
るんびにい美術館の、「うちの理想宮〜パラダイス・シフト」という企画展で
第64回 岩手芸術祭 現代美術部門で展示した、“星のプリンセスの星の輝き”を展示することになりました。
るんびにい美術館は、アウトサイダー・アートの美術館ですが、この企画展は『アウトサイド/インサイドを隔てる壁を取り払うことができるだろうかという試み』というコンセプトです。

企画展:「うちの理想宮〜パラダイス・シフト」
会場:るんびにい美術館
   岩手県花巻市星ヶ丘1丁目21-29 TEL&FAX 0198-22-5057
会期:平成23年11月10日〜平成24年2月21日
開場時間:開館 10:00〜17:00 入館無料 毎週水曜日定休
     12月28日〜1月4日まで休館

第17回 公募マスターズ大東京展

66ed8943.jpg












“じゃじゃ〜ん”(53.0x45.5cm )、東日本大震災にも、めげずに出展!!

第17回 公募マスターズ大東京展
会場 :東京交通会館・2F ギャラリー
    千代田区有楽町2-10-1
    JR有楽町駅中央口京橋口前
会期 :平成23年4月10日(日)〜16日(土)
開場時間:午前10時〜午後5時
     (10日は午後2時開場、16日は午後2時まで)
入場料 :入場無料

展示することになりました。

DSCN2224












“じゃじゃ〜ん”(53.0x45.5cm ) が、展示することになりました。
4月10日〜16日に、東京・有楽町の交通会館のギャラリーにです!

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)発生の前日、3月10日に完成した、いわく付きの作品です。
元々、この作品のモチーフになった猫の陶器の置物は、私のドローイングでは、こんな全体像をしていました。
DSCN2200












完成後、翌日の3月11日に、額装・梱包して東京まで発送しようかと考えていました。
しかし、3月11日の午前中は、思いのほか、多忙だったため、その作業は、12日にまわそうかと考えていました。
そう考えていた、14時46分に東北地方太平洋沖地震が発生しました。
モチーフとなった、猫の陶器の置物は、地震の揺れで棚から転落し、胴体が粉々になり、頭だけの首切り状態になりました。
8fa460b2.jpg











これが胴体の破片です。
57adca0c.jpg











でも私が、地震で、この猫の置物が壊れる前日に“じゃじゃ〜ん”を描いて完成させたことにより、新しい命を宿しました。
失った物でも、命を宿し続ける。
それが絵画のミラクルな効果だと思います。

今回は、地震のため一時、物流が寸断され、本当に出展を、諦めそうになりました。
しかし、諦めてはいけません。
何とか出展致しました。

展示は以下の通り開催されます。

第17回 公募マスターズ大東京展
会場 :東京交通会館・2F ギャラリー
    千代田区有楽町2-10-1
    JR有楽町駅中央口京橋口前
会期 :平成23年4月10日(日)〜16日(土)
開場時間:午前10時〜午後5時
     (10日は午後2時開場、16日は午後2時まで)
入場料 :入場無料

加茂谷正俊 2010年の展示活動を総括!

2010年は計5回の展示活動がありました。
巡回を含めたら計7回です。
何と、2010年は2月から10月まで、毎月どこかで展示があるという状況になりました。

展示その1
アートフェスタ岩手
−岩手芸術祭推薦作家展−
平成22年2月27日-3月22日
盛岡市本宮 松幅12-3 岩手県立美術館
“ブライスちゃん、おやすみ”を展示
DSCN1033







展示その2
第16回 公募マスターズ大東京展
千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館・2F ギャラリー
平成22年4月11日(日)〜17日(土)
“想いを…”(53.0x45.5cm ) 、ジャパン・アーティスト協会賞を受賞 !!
想いを…









日韓交流・第32回国際展受賞作家国際HMA展に巡回
朝鮮日報美術館
2010年6月30日〜7月5日

展示その3
第6回 富山国際現代美術展
魚津市宮津110 新川文化ホール
平成22年5月1日〜5月9日
“恋するブライスちゃん” 100.0×80.3 (cm)と“ブライスちゃん、おやすみ”を 出展!!
DSCN1443











展示その4
第42回新院展
千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館・2F ギャラリー・B1ゴールドサロン
平成22年8月29日〜9月4日
★星のプリンセス (53.0x45.5cm ) ターレンスジャパン賞受賞!
DSCN1986














白山日創展&新院展巡回金沢展に巡回
金城学園 白山美術館
平成22年9月26日(日)〜10月11日(月・祝)

展示その5
第63回岩手芸術祭 現代美術部門  
盛岡市内丸13-1  岩手県民会館
平成21年10月14日(木)〜10月17日(日)
 星のプリンセス・とってもさみしいの(53.0x45.5cm ) を出展!!
星のプリンセス














第42回新院展

DSCN1986














★星のプリンセス (53.0x45.5cm ) ターレンスジャパン賞受賞!

第42回新院展
会場 :東京交通会館・2F ギャラリー・B1ゴールドサロン
    千代田区有楽町2-10-1
    JR有楽町駅中央口京橋口前
会期 :平成22年8月29日〜9月4日
開場時間 :午前10時〜午後5時
     (29日は午後1時開場、4日は午後2時まで)
入場料 :無料!!

受賞の御報告

DSCN1986














第42回新院展において、私こと加茂谷正俊が制作した『星のプリンセス』が、
“ターレンスジャパン賞”を受賞致しましたので、ここに謹んで御報告申し上げます
これもひとえに皆様方のご支援の賜物と心より感謝申し上げます
これからも何卒、一層皆様の御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

作品の展示は、下記の通り行われます。

第42回新院展
会場 :東京交通会館・2F ギャラリー・B1ゴールドサロン
    千代田区有楽町2-10-1
    JR有楽町駅中央口京橋口前
会期 :平成22年8月29日〜9月4日
開場時間:午前10時〜午後5時
     (29日は午後1時開場、4日は午後2時まで)

注)ターレンスジャパン;さくらクレパスで有名な絵具のメーカー

第16回 公募マスターズ大東京展

会場 :東京交通会館・2F ギャラリー
    千代田区有楽町2-10-1
    JR有楽町駅中央口京橋口前
会期 :平成22年4月11日(日)〜17日(土)
開場時間:午前10時〜午後5時
     (11日は午後1時開場、17日は午後2時まで)
入場料 :入場無料

“想いを…”(53.0x45.5cm ) 、ジャパン・アーティスト協会賞を受賞 !!
想いを…




有楽町←→原宿

DSCN1592











今日は有楽町でマスターズ大東京展の授賞式に行って、そのあと、原宿に行って来ました。     
田中美保ちゃん、かわいいですね。  

原宿はひどく混み合っていましたが、以前より個性的なファッションの人が減った印象を受けました。
以前は服飾系の専門学校へ行っているとおぼしき若者が個性的な服装をしていたと思ったのですが、今はそんな感じの方は少数派です。 
以前はそんなファッションをした人がラフォーレの向かいにあるGAPでファッション雑誌のスナップ撮影をしていたものですが、数々のスナップに写ったその建物も重機で粉々になっていて、驚きました。
噂には聞いていましたが…。    
その状況を見て、今は個性的な服を着る時代ではないのだと痛感しました。
昨日行った渋谷のショップで、『今、アパレル業界は大変なんです』という店長さんの話もズシリと感じられます。 
そういえば、原宿でも空き店舗が目立ちます。
原宿では、Forever 21の袋を持った方が目立ちましたが、明らかにファッションに全く興味がなさそうなお父さんまでForever 21の袋を持っていたので、Forever21が単純に観光地化しているようです。
原宿ではギャラリー巡りをしましたが、年度変わりのためか、作品点数が少なかったりギャラリーそのものが休みだったりしていました。 
デザインフェスタギャラリーにも行きましたが、空きスペースが多い印象でした。

とりあえず、マスターズ大東京展での私の作品の様子は、こんな感じです。
DSCN1584
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ