★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

照明器具

マンションの照明器具を交換しました

前にマンションに建築当初から備え付けられたリビングの照明器具が、経年劣化で、完全に点灯しなくなったと、ブログに書きました。
色々手続きを踏んで、5月1日、業者さんが来て、照明器具を交換してもらいました。
何と今度はLEDタイプの照明器具です。

私が住んでいるマンションは、築29年の古いマンションです。
そんな昭和なマンションに、LEDタイプの照明器具が似合うかどうか不安でしたが、照明器具自体が、円形の地味なデザインでしたので、意外に部屋に似合うように感じました。

照明器具が、蛍光灯からLEDに変更しただけで、こんなにも部屋の明かりの質感が変わるとは思いませんでした。
これで、暗さに悩むこともなくなりました。
何より、もう蛍光灯を交換する手間もなくなりました。
下の写真が、交換後のLEDタイプの照明器具です。
リモコンで操作が出来るようになりました。
でも、天井の柄は昭和のままで止まっています。

LED













この下の写真が、経年劣化で壊れた、備え付けタイプの照明器具です。

蛍光灯

部屋が暗い

私が住んでいるマンションは、築29年の古いマンションです。
良く言えば、最近流行りのヴィンテージ・マンションと言えば聞こえが良いですが、そんなオシャレなものではなく、ただの古いマンションです。
私は、そのマンションに賃貸で居住しています。
そんな、マンションに建築当初から備え付けられたリビングの照明器具が、10日の夜、遂に完全に点かなくなりました。
何かと言いますと、蛍光灯のソケットのプラスチック部分が、経年劣化で樹脂状にボロボロになっているのです。
それで、その蛍光灯は18ワットの4連なのですが、そのような事情で最後の1本だけが、かろうじて使用可能でしたが、遂に蛍光灯が点滅を始めました。
それで、蛍光灯を交換しようとして外した所、その最後のソケットがボロっと崩れました。
遂にリビングの明かりが消え去ってしまったのです。
しかも、照明器具自体が、天井にボルトで備え付けているタイプなので、気軽に照明器具屋さんに行って交換するタイプではないのです。
そして、ダイニングにも同じ照明器具が取り付けられているのですが、それも、かろうじて1本だけ点灯しているだけです。
とりあえずマンションの管理人さんに、どうしたら良いか聞いてみた所、賃貸の中間業者に言うように言われたので、電話してみました。
そうした所、非常に丁寧に対応して頂いてくれたのですが、『しばらく待ってくれませんか』とのことです。
そんな訳で、暗い部屋での生活がしばらく続きそうです。
下の写真がその天井の照明器具です。
照明器具のデザインと、天井の模様が年代を感じられます。

蛍光灯
気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ