★絵描きの日記

加茂谷正俊のブログです。 絵画を中心に美術やっています。 公募展出展、グループ展や個展などもします。 2010年、2014年、2018富山国際現代美術展に参加。

TheRascals

マイルズ・ケインのギターを堪能出来るアルバム

Rascalize

マイルズ・ケインは、サイケデリックかつスペイシーな響きを持つ、個性的な音色を奏でるギターを弾きます。
そんなマイルズのギターを堪能出来るのが、ザ・ラスカルズの"Rascalize"です。
それは、レコーディングやライブでも、サポートのギタリスト一切入れずに、全編に渡り、マイルズ・ケインのギターが鳴り響いているからです。

因みに、ザ・ラスカルズはマイルズ・ケインが、ソロ・アーティストになる前に活動していたバンドです。

このバンドは、前身はリトル・フレイムスという5人組のバンドで、ファースト・アルバムをリリース前にバンドが崩壊。
アルバムは、お蔵入りとなり、ボーカリストとソングライターの2人が居なくなり、残りのリード・ギターだったマイルズ・ケインとベースのジョー・エドワーズ、ドラムのグレッグ・ミグホール の3人で結成されたバンドです。

リトル・フレイムス時代から、存在感があったマイルズが、フロントマンとして、ボーカルとソングライティングに手を染めることになりました。

"Rascalize"では、マイルズのボーカルもソングライティングも、初々しいです。
後の、マイルズのソロ・アルバムよりも、ギターを堪能出来ます。

しかしアルバムは、セールス的な成功は出来ませんでした。
欠点は、まだマイルズのソングライティングが荒削りだったことと、ドラムの音がスタジオ盤でも、ライブでも弱い印象であることです。
ラスカルズは、"Rascalize"を1枚リリースするだけで解散してしまいました。

しかし、アルバム全編において、マイルズ・ケインのギターが鳴り響く"Rascalize"は、今となりますと、貴重かも知れません。

メイン・ボーカルとギターにソングライティングと、マイルズにとっては過酷なバンドだったと思いますが、その経験が、後のラスト・シャドウ・パペッツやソロ・ワークに生かされていると思います。

Rascalize
The Rascals
Deltasonic / Hostess
2008-07-08

初々しいマイルズ・ケイン

Rascalize

最近はThe Rascals (ラスカルズ)にハマっています。
マイルズ・ケインが、フロントマンとして、キャリアで初めてボーカルとソングライティングに挑んだバンドが、The Rascals というバンドです。

元々はThe Little Flames (リトル・フレイムス)という5人組のバンドだったのですが、2007年にボーカリストとリズム・ギターの2人が脱退。
残った3人で活動を続行することになり、The Rascals とバンド名を改名しました。
マイルズがボーカルとギター、そしてベーストとドラムの3ピース・バンドとなっています。

なので、マイルズが手を止めると、ゴリゴリしたベースが響いて来て、マイルズのソロ・アルバムよりも重低音、かつシンプルなサウンドとなっています。
なおかつ、ロックなサウンドになっています。

マイルズのボーカルは、初々しく、ソロになってからのレイ・デイヴィス風のボーカルとは、若干異なる印象を受けます。
そして、ソングライティングは、まだ発展途上な印象を受けますが、親友であるアークティック・モンキーズのアレックス・ターナーの影響を受けているようにも感じます。

しかしながら、マイルズのソングライティングのセンスや歌声は、アレックスよりもエレガントに聴こえます。
そして、マイルズの古風な響きのギターで、独特の世界観を築いています。

アルバムのセールスは、アークティック・モンキーズよりも大苦戦を強いられ、The Rascalsはアルバム1枚だけで解散しました。
しかし、マイルズはソロ・アーティストとして成功して、UKの大御所ロック・アーティスト達からも大絶賛を受けることになります。
それは、マイルズのエレガントなセンスが、シンプルな3ピース・バンドとしてよりも、ソロ・アーティストとして、凝ったサウンドの方が向いているからに他なりません。

しかしながら、初々しいボーカルと、ロックなドライブ感満載のThe Rascals は、聴き込むほどに、その良さが、スルメのように分かって来ます。

※The Rascals という同じ名前のバンドが、'60〜'70年代に米国で活動したバンドでありますので、興味がある方は、amazonやダウンロード、ストリーミングで間違わないようにして下さいね。

Rascalize
The Rascals
Deltasonic / Hostess
2008-07-08

気まぐれギャラリー
『シャキーンとした猫』
2019年

ギャラリー用
Archives
  • ライブドアブログ